日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新井貴特集

None

新井貴が窮地に!? 阪神の新助っ人ゴメスは「禁断の果実」


「これで新井貴も厳しい立場に追い込まれたね」 阪神が新助っ人のマウロ・ゴメス(29=ナショナルズ)を獲得したことについて、某阪神OBがこう言っている。 和田監督もこの「4番候補」に期待大の様子。先日、関西ローカルのテレビ番組でゴメスを一塁起用する方針を明かした。 「実はゴメスは、昨オフから獲得リストに入っていた。今季限りで退団したコンラッドと比べても『打撃は一枚も二枚も上』とされていた。守備位置…

阪神では苦しい日々だった/(C)日刊ゲンダイ

新井貴が広島復帰へ 阪神の“重圧”解けて一塁スタメン奪取も


「最後に競争できる環境に身を置きたかった」 今季で3年契約が切れて退団が決まった阪神の新井貴浩(37)。球団からは今季年俸2億円から減額制限を超える1億3000万円減の7000万円を提示されたようだが、新井は「年俸とかじゃなしに、もう一回最後に競争をしたかった」と決断に至った心境を語った。 確かに来季の阪神に新井の居場所はない。一塁は助っ人のゴメスが打点王を獲得する活躍を見せ残留が濃厚。三塁も、…

None

ベテラン絶好調が足かせ 阪神は今年も「Aクラス」が限界


今季も新井貴、福留らベテランに頼らざるを得ない。メンバーが昨年と代わり映えしないんじゃ、『打倒巨人』は厳しいと言わざるを得ない」 問題は、選手を導くべき首脳陣にもある。 ベテランが今の時点で調子がいいといっても、1年間通しては体力が持たない。だからこそ、中堅、若手の底上げをしないといけないはずなのに、「首脳陣が全く緊張感を持たせていない」(マスコミ関係者)ともっぱら。ある外野手なんて練習でミスを…

None

メディアに“異例要望”も…ドッチラケに陥った阪神キャンプ


「36歳の新井貴や福留は安芸スタートで、沖縄は北條や一二三ら若手を抜擢したフレッシュなメンバーになると思っていた。ドラフト1位の岩貞(横浜商大)や同3位の陽川(東農大)は合同自主トレで体調を崩し、調整が遅れたので仕方がないにしても、若手育成と掲げた割には結局、主力とベテランばかり。聞けば、新井貴や福留が沖縄スタートしたい意向があったそうです。一、二軍という呼称をなくした意味が薄れた感はあります…

巨人独走を許した/(C)日刊ゲンダイ

口アングリ…阪神の“戦犯”新井貴が「優勝争いは飽きた」


13日に契約更改を行った、来季3年契約の最終年となる阪神の新井貴浩(36)。5000万円ダウンの年俸2億円でサインした。 今季は140試合で打率.267、15本塁打、70打点と4番としては物足りない数字。そんな新井が、「優勝争いは飽きたので、来季は優勝したい」と言ったものだから、居合わせた報道陣は口をあんぐり、だ。 新井が07年に広島からFA移籍して以降、2位になるのは3度目になる。とはいえ、…

オリ金子も再調査の対象だというが…/(C)日刊ゲンダイ

補強はほぼ全滅…阪神はなぜ選手に敬遠されてばかりなのか


広島からFAで獲得した新井貴も自ら自由契約を申し出て退団。古巣広島への復帰が決まった。 自軍の選手に逃げられるだけじゃない。 11日に国内FA権を行使したオリックスの金子千尋(31)を補強の目玉としていたが、「実際は早々と争奪戦から撤退していた。表向きは、金子はメジャー志向という情報をキャッチしたからとされているが、その前から国内では巨人がリードし、それをソフトバンクが巻き返すという展開だった。…

ツケが回った格好の西岡/(C)日刊ゲンダイ

オーナーも“持病”認めた 阪神の「育成下手」はいつ治るのか


新井貴、坂らが持ち回りで三塁を守った。若手内野手では主に二塁を守る大卒4年目の荒木(26)が15試合に出場しただけ。高卒の指定強化選手でいえば、12年ドラフト2位の北條(20)は一軍登録はわずか3日(試合出場はなし)。11年ドラフト3位の西田(21)は一軍昇格ゼロ。外野では10年ドラフト2位の一二三(22)は4年間で一軍出場すらない。 ■若手の成長を妨げる二軍の全体練習 阪神の育成下手は今に始ま…

日本シリーズは西岡の一塁守備妨害でジ・エンド/(C)日刊ゲンダイ

鳥谷は海外FA権行使 早くも飛び交う阪神主力の「去就情報」


新井貴は楽天に移籍か 一方、阪神退団の可能性が囁かれているのが新井貴浩(37)だ。 今シーズンで3年契約が満了。4番の座を新助っ人のゴメスに奪われるなど、94試合で打率・244、3本塁打、31打点に終わった。シリーズも初戦の試合前練習で背中に張りを訴え、ベンチ入りはしたものの、出場機会はゼロに終わった。阪神OBが言う。 「新井は球団との下交渉で、すでに2億円から50%以上とみられる大幅減を提…

第2戦九回二飛に倒れ天を仰ぐゴメス/(C)日刊ゲンダイ

チームの要は外国人選手…“金満球団”阪神が抱えるジレンマ


不振に終わった新井貴に代わる4番打者としてゴメスを補強した。昨季終盤、マートンを巡っては、DeNAをはじめとする他球団の獲得調査情報が飛び交い、メッセンジャーはメジャー復帰もウワサされた。引き留めるために一気に年俸が高騰したものの、その選択は大正解だったといえる。 ■生え抜きの若手は育てたいが… そんな優良助っ人たちがいる間に、若手選手たちのレベルを上げて、「戦力構成」を徐々に変えていくのがチー…

何をやってんだか…/(C)日刊ゲンダイ

広島も阪神もミス連発 これが2位通過かけた試合なのか?


先発の大瀬良が能見のゴロをキャッチすると、三塁走者の新井貴が飛び出しランダウンプレーになった。 大瀬良はボールを持ったまま新井を追いかけ、三塁の梵にトス。が、梵は本塁方向まで追いすぎて捕手の会沢に送球できず、まんまと新井を生還させてしまった。 バッテリーもミス連発だった。三回1死一塁、鳥谷の打席で大瀬良が暴投。捕手の会沢がボールを見失う間に一塁走者の上本は一気に三塁へ。鳥谷が適時打を放って2点目…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事