日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森田剛特集

前夫との別居中も男を泊めていた宮沢りえ

若手俳優に続き 宮沢りえにとって森田剛も“芸の肥やし”か


今度はV6の森田剛(37)が女優の宮沢りえ(43)宅にお泊まり。さらに沖縄旅行まで発覚。関ジャニ∞の大倉忠義(31)も女優の吉高由里子(28)とバリ島2泊4日の旅行と、それぞれ週刊誌が報じた。 昔は「仲良く食事」だけでも熱愛と報じることもあったが、今は通用しない。熱愛記事は暗に「男と女の関係」に値する現場をとらえて初めて説得力をもたらす。森田が宮沢宅に泊まった翌日、気だるそうな表情で帰る姿を撮っ…

恋多き女優として知られる宮沢りえ

熱愛の宮沢りえとV6森田剛を結んだ“蜷川チルドレン”の絆


「週刊新潮」でV6の森田剛(37)との熱愛を報じられた女優の宮沢りえ(43)が29日、都内で行われた「湯を沸かすほどの熱い愛」の公開初日舞台あいさつに出席。イベント終了後、報道陣からは森田との交際について質問が飛んだが、笑みを浮かべたまま無言で立ち去った。 「りえは森田と舞台で共演し交際に発展。バツイチのシングルマザーですが、相変わらずの“共演者キラー”です。森田も宮沢もともに演出家の故蜷川幸雄…

元夫との離婚が成立したばかり

舞台共演きっかけ 宮沢りえ&V6森田剛“お泊まり愛”報道


発売中の週刊新潮が、宮沢とジャニーズ事務所所属のV6森田剛(37)の交際を報じている。2人は今年8月の舞台共演をきっかけに交際に発展。同誌にはラブラブなデート現場や森田が宮沢の自宅から朝帰りする姿までバッチリ。「台本の読み合わせをしていた」なんて陳腐なセリフは通用しないオトナの関係であることは明らかだ。 宮沢は今春、元プロサーファーの男性との離婚が成立したばかりのシングルマザー。森田は過去に上…

宮沢りえも心配?

宮沢りえと熱愛報道 森田剛を悩ます“謎の2ショット写真”


27日発売の週刊新潮が報じたV6森田剛(37)と女優・宮沢りえ(43)の“お泊まり愛”。同誌には、10月22日深夜に森田と宮沢が東京・代官山の書店でデートする様子や、その後2人が宮沢の自宅に入っていく様子が書かれている。 双方の事務所とも否定はしていないことから、2人の熱愛には歓迎する声が広がっているが、その一方で祝福ムードに水を差すようなことも起こっている。報道後、森田と元カノとされる真偽不明…

None

森田剛のボヤキも当然…「V6」に広がるメンバー間格差


ジャニーズの森田剛(34)が23日、主演舞台の制作発表会見で、所属するグループ「V6」について聞かれ、「最近6人の活動がなくて、会ってないんです」と漏らした。共演者の生瀬勝久に「いいの、それで?」と突っ込まれていたが、確かにメンバー全員がそろった姿をテレビで見ることもなくなっている。 もともと地味なグループだ。坂本昌行(42)と長野博(40)は華やかさに欠ける。「下積みが長かったせいか、ダンスの…

謎めいた女を演じる宮沢りえ

新たな伝説となった80年代演劇の金字塔「ビニールの城」


おびただしい人形たちが横たわる廃虚に忍び込んだ腹話術師・朝顔(森田剛)が探すのは、生き別れになったかつての相棒「夕顔」。彼は生身の人間と関わりを持つことができず、心を通わせるのは「遠くから来た」という、ひとりでは言葉を持たない人形たち。 浅草のさびれた電気ブランのバーで出会ったモモ(宮沢りえ)は「ビニ本」のヌードモデル。かつて朝顔が暮らすアパートの隣の部屋に住んでいたというが、「ビニールの城」…

10年にはジョン・F・ケネディー・センター芸術金賞を受賞した

罵声と灰皿と胃薬と 蜷川幸雄さん“強烈演出”の裏に深い愛


同時代に演劇活動をスタートさせた2人の不思議な因縁も感じます」(演劇ジャーナリスト・山田勝仁氏) 蜷川演出によって演技を開花させた役者は数え切れないほど多いが、東山紀之、木村拓哉、森田剛、岡田准一などジャニーズ事務所のタレントの多くをアイドルから俳優へと演技を開眼させたのも蜷川氏の功績のひとつだろう。 昨年12月に肺炎で入院してからも主治医が「普通ならとっくに死んでいる」と驚くほどの気力を見せ、…

「ぜひ!」とお願いした上戸彩/(C)日刊ゲンダイ

上戸彩 “天敵”週刊誌いじりの余裕に「子作り近い?」の声


独身時代にはV6森田剛とのデート現場を度々スクープされるなど苦い記憶の方が多いはずだが上戸の心境の変化について芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「今年はドラマ『昼顔』で一皮むけました。大胆に脱いだわけではないけど、既婚者なのに不倫する役をやっただけでも大きな一歩。結婚と『昼顔』のヒットでいい具合に肩の力が抜けて、マスコミに対する発言も開放的になったんだと思います。女優としてのステップアップ…

None

TOKIO城島が24時間マラソンランナーに選ばれたワケ


ジャニーズ事務所のタレントとしては97年の山口達也(当時25)、翌98年の森田剛(同19)以来3人目。ともあれ15年以上前の話であり、久しぶりにジャニーズのタレントに「大役」のお鉢が回ってきたことになるが――。 「当時は山口も森田も人気絶頂のアイドル。彼らの走る姿をひと目見ようと現場にはファンが殺到し、車道も歩道も観客があふれ返った。規制がきかなくなる事態に見舞われることもしばしばで、警察から…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事