日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

佐藤真特集

臼井二美男さん

「技師装具士」臼井二美男さんは睡眠5時間のフル回転


東京五輪誘致で活躍した、走り幅跳びの佐藤真海選手や、ハイジャンプでリオパラリンピックに出場予定の鈴木徹選手もそのひとりだ。 彼らが脚を失った時から、日常生活、さらに課外活動までをサポートしている。多忙な一日は6時30分の通勤から慌ただしい。 「勤務先の鉄道弘済会義肢装具サポートセンターに向かう途中の電車の中で、メール返信などを済ませます。7時30分にセンターに着いたら、雑務をこなし、9時の始業に…

新党改革から東京選挙区で出馬する女優の高樹沙耶(荒井議員と)

女優・高樹沙耶が出馬…参院選東京“自民の2人目”は大混迷


最近も、TBSの番組などでコメンテーターを務めるキャスター・伊藤聡子さんや、陸上競技のパラリンピアン・佐藤真海さんの名前が挙がっていましたが、いずれも難しそうです。特に佐藤さんについては、安倍首相がお気に入りなのですが、本人は競技生活続行を望んでいてNO。東京の2人目は総裁枠で、安倍首相もヤキモキしているようですが、乙武氏で一度失敗しているだけに、茂木選対委員長も慎重になっています」(前出の自民…

三原じゅん子は当確(左)、今井絵理子は大誤算

今井絵理子、三原じゅん子…有名人候補たちに早くも明暗


「自民は東京選挙区の候補として菊川怜、沢穂希、パラリンピアンの佐藤真海さんに声をかけたがことごとく断られた。巨人前監督の原辰徳さんも後見役の甘利大臣に疑惑が発覚し、出馬が流れた。最後の目玉だったはずの乙武さんは『5人不倫』で自滅。茂木敏充選対委員長の責任を問う声は当分、収まりそうもありません」(自民党関係者)…

小僧寿し本社が入るビル/(C)日刊ゲンダイ

横領疑惑で解任 「小僧寿し」エリート社長に何があったのか


「小僧寿し」は7日に臨時株主総会を開き、大西好祐社長(51)の解任と佐藤真吾・夢真ホールディングス会長(67)の社長就任を決定した。併せて正社員のほぼ4割の希望退職を実施するという。 なんだか、尋常じゃない雰囲気だが、原因は就任約7カ月で退任に追い込まれた大西前社長にある。 「今月14日に決算発表を予定していましたが、6日になって突然、延期を発表しています。大西さんが会社の資金4500万円を個人…

支援者もア然…(C)日刊ゲンダイ

渦中の猪瀬知事 この期に及んでコソコソ政治資金パーティー


「すぐに東京五輪の話に移りましたが、滝川クリステルさんのことは『クリステル』と呼び捨て、義足ジャンパーの佐藤真海さんは『チャン』付けだったのが、妙に気持ち悪かった。やたら『トゥモロー』という言葉も連呼していましたね。締めの言葉も、『これからも粉骨砕身、東京のトゥモローを目指して頑張っていく』でした」 よほど振り返りたくない過去があるらしい。 これで会費は2万円。弁当付きとはいえ、「せいぜい15…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事