日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤井誠特集

None

100の壁をブチ破れ

1メートルのパットは30センチオーバーさせるつもりで打つ

歯を食いしばって、曲がる前に入れてしまえという気構えで打たなければいけません」(藤井誠プロ) “勇気と自信”は家の中のパット練習器で養うことができると藤井プロは言う。 「カップまで1メートルぐらいの距離から、カップの奥の壁にぶつけて入れる練習を繰り返すのです。強すぎてカップの向こうにこぼれるぐらいでもいい。とにかく強くしっかり打ちましょう」 スタンスライン、肩のライ…

None

100の壁をブチ破れ

バスタオルとスポンジボールでアプローチを練習する

「ほとんどのアマチュアゴルファーはアプローチの打ち方を間違えているから失敗が多いのです」というのは、藤井誠プロ。 どういうことかというと、 「フェースの芯でしっかりボールをとらえようとしているのです。カツンと打ち出そうと、上からたたきにいく。そうではなくてリーディングエッジをボールの下に入れて、ボールをフェースに乗せ、ロフトの“坂”を駆け上がらせてあげて、飛ばしてや…

None

100の壁をブチ破れ

腕力に頼って打つとダフリが出る

「練習場ではこんなにダフらないのになあ」と嘆くのだが、藤井誠プロがこういう。 「いや、コースでダフリの多い人は練習場でもダフっているのですよ。それが分からないだけなのです」 練習場の人工芝は、ヘッドが手前から入っても、よく滑ってくれるから、ダフっているのが分からないのだという。 「アイアンもティーアップして打ってみれば、すぐ分かります。ダッファーはボールの下のゴム…

None

100の壁をブチ破れ

練習場のマットの白線は無視する

藤井誠プロはこう言う。 「これこそ、『練習のための練習』の最たるものです。ゴルフコースに白線は引かれていませんよ。常に自分で方向を確認してアドレスしていく。練習場でも白線を無視してあらゆる方向に目標を見つけて、その方向にアドレスを合わせて打つ練習をしなければ、いくら球数を費やしても意味がありません」 白線はたいてい練習場のセンター方向を向いている。これを無視して、…

None

100の壁をブチ破れ

安全策は“逃げ”ではなく、“戦略”だ。

安全策でボギーでもよしというゴルフを覚えてもらいたい」と言うのは藤井誠プロ。 落としどころに池やバンカーが待ち受けているドライバーショット。そのハザードのギリギリ横に落とせばグリーンまで最短距離だ。100叩き男はもちろんそのギリギリを狙っていく。たいていの場合、池ポチャ、バンカー入りという悪い結果になる。 「逃げる場所が広くあるなら距離が稼げなくともそちらを狙って打…

None

100の壁をブチ破れ

アポローチにはクラブを3本持っていく

「アプローチショットに向かう時は必ず3本のクラブを持っていきましょう」と言うのは藤井誠プロ。 遠くから見てボールの状況、ピンまでの全体の状況ははっきり判断できないのだから、どんな状況にも対応できるように、「クラブは3本持っていくべきだ」と言う。 その3本はSW・PW・8I。 「遠くから見てSWで大丈夫と思っても、グリーンの上り傾斜がかなりきつくて、SWでは寄せきれ…

None

100の壁をブチ破れ

アプローチのショートは右手首で解消する

藤井誠プロにこの現象を究明してもらう。 「ウエッジはフルショットであろうとも常にインパクトではヘッドがダウンブローに入っていかなければなりません。アマチュアがウエッジで最大飛距離を出そうとするとダウンブローにならず、横から払い打つ形になってしまうのです。言ってみれば、ドライバーのフルショットの感覚で振ってしまうのです」 とにかくヘッドを走らせようということが頭にあ…

None

100の壁をブチ破れ

池にぶち込むつもりで打てば池は楽に越える

藤井誠プロに説明してもらおう。 「池を越したいという思いでいっぱいになる。するとインパクトで手首を使ってしゃくり上げるように打ちたくなるんですね。ヘッドが手前から入ってダフる。チョロになる。ボールは池に吸い込まれる。池ポチャ恐怖症になって、しゃくり打ちが止まらなくなるのです」 では、どうすれば池ポチャの恐怖を克服できるのか。 「池にブチ込むつもりで打てばいいのです…

None

100の壁をブチ破れ

3番ウッドの苦手意識解消法

藤井誠プロが言う。 「UTはまだFWとアイアンの中間のような形状ですから、打ち込むイメージを残して打っていけるんですね。200ヤードぐらいの距離までUTでカバーしてしまう人は多いです。しかしFWになると依然苦手とする人は多いです。3ウッドがバッグに入っていてもほとんど使わない。ダフリ、トップが多くて使えないというんです」 なぜ距離が稼げる3Wを宝の持ち腐れにしてし…

None

100の壁をブチ破れ

薄い芝からのアプローチのポイント2つ

「こういう時は体重移動しない打ち方を覚えておくと安心ですよ」と言うのは藤井誠プロ。 左足一本軸で打つのだ。右足はバランスを崩さないように地面につけておくだけの“添え物”と考えよう。 両足をほとんど閉じて構えたら体重は左足に乗せてしまう。 ボール位置は左足かかと前。 左腕をしっかり伸ばしてアドレスする。ストロークの支点は左肩だ。首を支点としてイメージするとテークバック…

None

100の壁をブチ破れ

左手で左肩押さえてパットのひっかけを防ぐ練習

ヘッドの軌道が狂って引っかけてしまうわけです」(藤井誠プロ) 本番前に入念に正しい素振りをしても、いざ打つ段になるとこれをやってしまう。 こういうミスは後のショットにも悪影響を及ぼすから始末が悪い。 この引っかけを防止する方法を藤井プロが伝授してくれた。 「普通の素振りの前に、左手のひらを右肩前にあてがって右手だけで素振りをするのです。右肩が前に出ていかないように、…

None

100の壁をブチ破れ

高い球はフォローでヘッドを低く出す

藤井誠プロにまず原因から説明してもらおう。 「打ち上げの斜面越えを狙って構えていくと、カチ上げる気持ちが強くなって上体が右に傾いてしまう。この体勢で高い球を打っていこうとすると、左脇があいてフェースが開いて入ってきてしまいます。当然のごとくスライスになる。さらにボールの行方を見ようと上体の起き上がりが早くなってスライスを助長します」 ボールが高く上がったかどうかを…

None

100の壁をブチ破れ

シャンク防止は両足閉じて体の回転で打つ

手打ちのインサイドアウト軌道スイングが極端になったのが原因なのです」(藤井誠プロ) たいして距離もないアプローチだから、手だけでクラブを操作すればいいという考え方が諸悪の根源だともいう。 アプローチといえども体の回転で打たなければいけないのだ。 では実際にどのようにすればシャンクしない打ち方ができるのか。 「開いていた両足を閉じてください。そして重心を左足かかとにか…

None

100の壁をブチ破れ

グリーン回りの寄せはパターを使え

ウエッジでトップしたりダフったりして、寄らず入らずを繰り返してます」と言うのは藤井誠プロ。 「ウエッジというのは難しいクラブなんですよ。ボールの真下にリーディングエッジを入れてボールを浮かせて距離感と方向性をコントロールしなければいけない。ウエッジを手の延長のように感じるまで使いたおした上級者やプロが自在に扱うのを見て、100の壁に挑戦している人が真似をしてはいけま…

None

100の壁をブチ破れ

バンカー越えはボールを高く上げない

すくい打ちで弾道を高くしすぎて、ピンに寄らないケースが見られます」(藤井誠プロ) バンカー越えでアマチュアがやってしまう大きな間違い。なぜか極端に高い弾道で越えなければいけないと思ってしまうことだ。 「高く上げてバンカーを越したいと思うと、右足体重で構え、すくっていくようなショットをするんです。これは一番やってはいけない打ち方なのです。落下してからランが出ない。寄ら…

None

100の壁をブチ破れ

ユルユルのグリップでヘッドスピードが増す

強く握って、手でクラブを振り回してやろうとするとヘッドは逆に走らなくなるのです」というのは、藤井誠プロ。 どういうことかというと、グリップをガッシリ握って手の力で振り下ろそうとすると、ダウンスイングでヘッドが遠回りしてヘッドが加速しないのだという。 「スイングというものは足が地面を蹴り上げ、その反力が上半身に伝わり回転して、腕・クラブにエネルギーを伝達させていくもの…

None

100の壁をブチ破れ

「右ひざ固定」はできれば力強いインパクトが生まれる

こういう人は右ひざに問題があるのを見逃しています」と言うのは、藤井誠プロ。 藤井プロによると、上体がウマくねじれていても、右ひざがアドレス位置からはずれて右に出てしまう人は、力のこもったトップはつくれないという。構えに入ったら、テークバックしてトップに至るまで、体の回転の支点は右ひざにあることを意識して、「右ひざ固定」で体をねじっていくのだ。テークバックに入ったら、…

None

100の壁をブチ破れ

ドライバーはダウンブローで打ち込む感覚で打つ

これはもう、ドライバーで距離を出すためにはまったく逆のスイングをしているのです」というのは藤井誠プロ。 アッパーに打ちたいから体重を右に残して腕力でボールをブチ上げようとする。が、これではヘッドが走らない。手(腕)が先行して、インパクトでヘッドがスクエアに戻ってこない。テンプラのようにボールは力なく上がり右に曲がっていく。 「ドライバーショットというのはインパクトゾ…

None

100の壁をブチ破れ

アドレスで足の指を動かリズムを生む

完全に静止してしまって体からリズムが消えてしまうのです」と言うのは藤井誠プロ。 構えてから、「渾身の力で遠くに真っすぐ飛ばしてやろう」とボールを睨みつけているうちに、体は硬直し始めてしまう。これではもう素振りのようなしなやかなスイングはできなくなってしまう。 アドレスで固まらないためにはどうしたらいいのか。 「体からスイングリズムが消えないように微動させておかなけれ…

None

100の壁をブチ破れ

アプローチは手首を固定して打つ

藤井誠プロがいう。 「本当に手首が支点になって、その先だけが動くように振れるならいいのですが、そんなことはできません。実際は腕も動かしているのです。だから、ダウンスイングでコックがほどけるのが(手首を使うのが)早くなればダフってしまう。コックがほどけるのが遅くなればトップしてしまうわけです」 グリーン回りでダフリ・トップして、やっとボギー、下手すればダブルボギー。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事