日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

桑田真澄特集

やる気があれば…

野球部周辺に待望論 「PL学園」は桑田真澄監督で再出発か


実際、運動部用の巨大な室内練習場が今年に入って完成しています」 PLのOBや野球部の周辺では、大物OBである桑田真澄氏(48)の監督就任待望論がある。 「ここ十数年の不祥事の歴史を払拭して一から新たな伝統を築き、また部員を集めるためにも、再スタートの監督は最強時代の象徴である桑田氏しかいない」(あるOB) 桑田氏は11年にテレビ番組のイベントで「PLのユニホームが着たい」と発言している。当時はリ…

囲み取材に応じる桑田

“盟友”清原逮捕にペラペラ 桑田真澄の言葉に拭えぬ違和感


清原容疑者が覚醒剤取締法違反で逮捕されたのを受けて、4日に“盟友”の桑田真澄(47)が会見。「2人で力を合わせて野球界に貢献できる日を心待ちにしたい」などと話したことに対する吉川氏の感想である。 4~5年前から、清原に関する良からぬウワサが耳に入るたび、本人に忠告を続けていたという桑田は、「小姑のように言い続けた。それが言えるのがボクだと。ただ、小言を言われるのに嫌気が差したんでしょうね。(清原…

巨人時代のKKコンビ

桑田真澄氏は絶句…清原容疑者逮捕で「KK」に決定的亀裂


PL学園時代、「KKコンビ」として、ともに甲子園を沸かせた元巨人の桑田真澄(47)は、盟友の逮捕にショックを隠し切れない様子だ。 契約するスポーツ報知に「報道で知って、ただただ驚いている。ウソであってほしいし、夢であってほしいというのが今の正直な気持ち」とコメント。「もし報道通りなら、人として、野球人として、一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念でならない」と続けた。 5季連続で甲子園に出場した…

たった2年で指導者資格を手放した桑田真澄氏

連敗止めた東大野球部に歓喜も 桑田真澄氏を“白眼視”のなぜ


昨年まで東大のコーチとして野球部を指導した元巨人の桑田真澄(47)である。とうとうとこうコメントしていた。 「特別コーチとして2年間、一緒に汗を流した仲間なので、彼らが頑張っている姿は気にかけながら見ていました。この2年間は、以前と比べてロースコアの試合が増え、着実に力をつけていました。非常にうれしいです」 ■指導者資格をあっけなく手放す ところが、今は有名商社に勤務する東大野球部OBが憤慨す…

オヤジの評価は高いようだが…/(C)日刊ゲンダイ

桑田真澄ジュニアがプロ志望届 スカウトが一笑に付した実力


元巨人投手の桑田真澄(46)の長男で桜美林大4年の真樹外野手が、今月23日のドラフトでプロ入りを目指すというのだ。昨7日、実際にプロ志望届を提出したことが、全日本大学野球連盟のホームページ上で公表された。スポーツ紙には、「広角に打てるし、足も速い」とのオヤジのコメントも載っていたが、ドラフトで指名される可能性はあるのか。 「プロの評価?評価も何も、うちはドラフト候補のリストにさえ載せていない。…

今季4勝目/(C)日刊ゲンダイ

無四球勝利にも辛口 桑田真澄氏なぜ巨人沢村を目の敵に?


だが、それとはまったく逆の見方をしていたのが、この日の試合を民放地上波放送で解説していた巨人OBの桑田真澄氏(46)だ。 沢村がスコアボードにゼロを並べても、「制球が甘い」「球が高い」と注文をつけ、初回に3四死球を与えて4失点した阪神先発の能見を引き合いに出し、「投球の内容は沢村君より能見君の方がいいです」と何度も繰り返した。 「マウンド上で沢村君は不安だと思いますよ」と、いつ打たれてもおかし…

佐々木投手はルックスも悪くない

巨人がドラ1方針転換 高校BIG3回避で元“都立の星”狙い


過去に川相三軍監督、大森育成部ディレクター、そしてOBの桑田真澄氏の息子が野球部に在籍し、川相三軍監督の息子・拓也は14年育成ドラフト2位で入団。二軍は過去に何度も、親善試合を行っている。その過程で巨人は以前から佐々木をマークしてきた。他球団はその経緯を知っているから、簡単には手を出せない。今秋ドラフトでは、先日の練習試合で右肩痛から復帰登板を果たした創価大の田中が1番人気。左投手が欲しい球団は…

前田を指導する皆川睦雄氏(円内が白いハンカチ)

“最後の30勝投手”皆川睦雄さんからの金言


くしくも、皆川は巨人でのコーチ時代、新人だった桑田真澄を指導している。05年に69歳で亡くなった皆川の目には、のちに前田が憧れの存在として尊敬する男の姿が重なったのかもしれない。(つづく=敬称略)…

クラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部でテレビ収録

釜本邦茂さん (日本サッカー協会顧問)


これまで掛布雅之、真弓明信、平田勝男、中西清起、片岡篤史、立浪和義、桑田真澄、池乃めだかも出演した。 「特に最近、印象に残ったのはオール巨人さん親子です。ボクが息子の南出仁寛プロと、巨人さんが女子プロとペアになって対戦したのですが、全然面白くなかった。なぜかというと、南出プロは最長飛距離408ヤードの飛ばし屋です。毎回、プロのボールの方がはるか先まで飛んでいるから、当然、ボクのボールではなく、南…

クスリを断ち切れたとしても…

今となっては幻…西武OBに「清原を監督に」構想あった


KKコンビの桑田真澄が「しっかりとリハビリに専念して、みんなが待っている彼本来の姿を見せて欲しい」と言えば、西武で同じ釜の飯を食った東尾元監督も「判決が下ったら電話を入れたいと思っている。ひとりで苦しかったら、信頼してくれる仲間を頼って欲しい」と発言。名球会の山本浩二理事長も「除名はしない。更生して、野球界に恩返しできるようになってくれればと思う」と期待を込めた。 裁判で「罪を犯した自分が野球…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事