日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

徳田虎雄特集

2人はみんな認める古くからの「盟友」/(C)日刊ゲンダイ

急浮上! 石原前知事と徳田虎雄氏の“親密すぎる関係”


石原と徳洲会の徳田虎雄前理事長は、自他ともに認める「盟友」。99年3月、石原が都知事選に出馬表明する前夜に都内のホテルで会っていた相手も虎雄だ。 “密談”をスクープした「FRIDAY」の取材に、虎雄は「出馬会見の前に話がしたいというから、急きょ、奄美大島から飛んできた」と話していた。 虎雄は石原新党構想を盛んに訴えていたこともある。次男の毅衆院議員が03年に盛大な結婚式を挙げた時も石原は主賓と…

*直近の面談日を抜粋=肩書きは当時/(C)日刊ゲンダイ

有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」


医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件で、溺愛していた2人の娘を逮捕された徳田虎雄・前理事長(75)。自分が建設した湘南鎌倉総合病院の最上階特別室で眠れない夜を過ごしているに違いない。しかし、その病床には、有象無象たちが日参していた。 徳田氏は、02年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病を発症。08年ごろには寝たきりになった。それでも眼球の動きだけで会話するなど生への凄まじい執念を見せてい…

どんな接点が…/(C)日刊ゲンダイ

華原朋美に小栗旬…徳田虎雄氏を見舞った有名人の“事情”


徳洲会の機関紙「徳洲新聞」(週刊)には、最近まで徳田虎雄・前理事長の1週間の動静が掲載されていた。入院中の湘南鎌倉総合病院にどんな“大物”が訪れたのかを逐一グループ職員に伝え、トップの威厳を誇示したかったのだろう。 確かに過去6年の間に小泉純一郎や石原慎太郎、亀井静香といった政界の大物のほか、日経新聞の鶴田卓彦元社長やローソンの玉塚元一COOなどの経済人、元横綱・千代の富士の九重親方や同・武蔵丸…

男気/(C)日刊ゲンダイ

「アイスバケツ」に冷や水 “バトン拒否”で男を上げた武井壮


徳洲会の徳田虎雄前理事長も発症した難病、筋萎縮性側策硬化症(ALS)の認知を高める目的で始められたチャリティー活動だ。 これはソーシャルメディア上で指名された人が、24時間以内に氷水をかぶるか寄付するかを選択し、次の3人を指名するというもの。「不幸の手紙」の逆バージョンのようなこの活動が大ブレークし、米国ではレディ・ガガやビル・ゲイツ、スティーブン・スピルバーグら多くの著名人が氷水をかぶる動画を…

まだまだ現役/(C)日刊ゲンダイ

“韓国本マイスター”高信太郎氏が語る「ハングル語修得法」


「98年の参院選など3回ほど、徳田虎雄先生が代表だった自由連合から出馬した。オレ、自由連合の文化局長をしてたんだよ。猪瀬前都知事の金銭問題が起きてからは、みんなに“どのくらい徳田マネーが入ったんだ?”ってよく聞かれる。数年前、血を吐いて徳洲会病院で検査を受けたら、診察料を受け取らなかった。あれって徳田マネーだったんだろうか、ハハハ」 横浜市内に夫人、娘の3人暮らしだ。…

発端は「政治とカネ」(辞職した徳田毅議員)/(C)日刊ゲンダイ

反自民で共闘 鹿児島2区補選は野党再編の起爆剤になるか


徳田虎雄前理事長が初出馬した1983年以来、徳洲会が候補を立てない選挙は初めてです。選挙区内に10万票ともいわれる“徳田票”の行方が結果を左右しますが、自民党の金子万寿夫候補は67歳と高齢の上、保岡興治元法相の元秘書です。保岡氏は、中選挙区制時代に唯一の1人区だった奄美群島区で、虎雄氏と『保徳戦争』と呼ばれる日本一激しい選挙戦を繰り広げた相手ですから、徳田後援会は今も拒否反応が強い。徳田票が…

前回も自民は大苦戦/(C)日刊ゲンダイ

鹿児島2区に吹き荒れる安倍「TPP推進」への猛烈“逆風”


毅の父親で徳洲会創業者の徳田虎雄・元衆院議員は、自民党の保岡興治・元法務大臣と“保徳戦争”と呼ばれる壮絶な選挙戦を繰り返してきた。そのため保岡が鹿児島1区に国替えしたあとも、敵対心が残っていて、『保岡派県議だった金子には入れない』という拒絶反応があるのです。ここは保徳戦争で選挙に行く習慣が定着していて、投票率は県内でも非常に高い。安倍首相が足を運ぶのは徳田票の目減りを抑えるためでしょうが、奄美は…

厚顔無恥/(C)日刊ゲンダイ

一体誰が読む?猪瀬直樹 笑顔でまさかの「作家復帰宣言」


■暴露本ならともかく 「トラオ~徳田虎雄 不随の病院王」の著者でジャーナリストの青木理氏が言う。 「猪瀬前知事は5000万円の受領問題をめぐって説明を二転三転させ、結局、検察の思惑に妥協する形で略式起訴になりました。ノンフィクションの書き手として一時代を画したのは間違いありませんが、ただでさえ出版不況といわれる中、受領問題の暴露本ならともかく、新しい作品がどれだけ受け入れられるかは正直なところ…

とうとう「都落ち」/(C)日刊ゲンダイ

特捜部に証言も 辞職した猪瀬知事を追い詰める4人の“刺客”


石原を通じて徳洲会の徳田虎雄前理事長と顔見知りだったという話もあります」(都政担当記者) 貸金庫を開けた猪瀬事務所の金庫番、豊田佳美氏もカギを握るひとりだ。 「猪瀬が学生運動をやっていた時からの知り合いらしく、猪瀬の政治団体『猪瀬直樹の会』の会計責任者。すべてのカネの流れを把握しています」(検察事情通) 徳洲会との仲介役を務めた新右翼団体「一水会」の木村三浩代表らの名前もささやかれている。関係者…

None

猪瀬知事辞任で贈収賄捜査加速 微罪立件も障害なし


18日、徳田虎雄前理事長との面会の際に東電病院の取得を目指す考えを伝えられていたのに、都議会では「話題になっていない」と答弁していたことが発覚したのが、致命傷となった。 それほど、この情報のインパクトは大きい。往生際の悪い猪瀬の辞任を早めたと同時に、いよいよ猪瀬本人が「贈収賄」や「事前収賄」に問われるケースに発展しかねないからだ。 「猪瀬知事が現金授受の前に徳洲会の意向を把握していれば、5000…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事