日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

和田アキ子特集

ツイッター、飽きちゃった?

飽きた? 終わった? 和田アキ子がツイッター3カ月更新せず

昨年9月に鳴り物入りで始まった歌手・和田アキ子(66)のツイッターに閑古鳥が鳴いている。実は2016年2月22日のツイートを最後に更新が途絶えているのだ。 和田は「CDのケースの開け方が分からず、最初の内は毎回ケースを叩き割ってCDを取り出していた」などの機械音痴伝説で有名。それだけにツイッター開設は当初、驚きを以て迎えられた。NHK紅白歌合戦の出演目当ての話題作り…

和田アキ子にとってはメモリアル

40回目紅白濃厚の和田アキ子は今年も後輩とセット出場か

「今回も後輩で当確狙いか」と芸能関係者が噂するのが和田アキ子(66)。年末の紅白出演者の顔ぶれ予想が始まり、紅組司会に「とと姉ちゃん」ヒロインで国民的人気を得た高畑充希(24)で決まりという下馬評のなか、和田の40回目の出場も濃厚だというのである。 「和田アキ子はここ数年、当落線上にあるとされ、とりわけ昨年はついに落選というみられ方をしていたんです。ところが、所属す…

紅白落選には触れず…

和田アキ子 紅白落選“完全スルー”でご意見番の限界も露呈

和田アキ子(66)にとってNHK紅白歌合戦落選が決まって以来、初のテレビ生出演となった4日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系、11時45分~)。例年なら紅白にかける意気込みや熱意を喜々として語るのが恒例だが、今年はその話題に触れることは一切なし。恨み節でも嘆き節でもよかったのに完全スルーしたため、SNSやネット上には「アッコちっちぇえ」「他人のことはしつこくやる…

今年の紅白は「見たくない」と恨み節

あれもこれも言わせて

和田アキ子「紅白落選」は終わるものは終わる閉経と一緒

「紅白」出場歌手が発表され、一番の話題が「和田アキ子落選」。ワイドショーではアッコの息のかかったタレントがNHKの仕打ちをそしり、アッコへの忠誠を必死にアピールしているようで嘆かわしい。それこそが視聴者がアッコを嫌う一番の理由なのに。 生放送の「アッコにおまかせ!」にどんな顔で出てくるのか、毎年行っている「紅白」の話題をやるのかやらないのかを楽しみにしてたら、「クイ…

人気に陰りが見える和田アキ子

芸能界クロスロード

女が嫌いな女1位…和田アキ子はなぜバッシングされるのか

和田アキ子(66)が「紅白」に落選。蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。賛否両論あれ、これだけの騒動になるのも和田が大物たる証明だろう。40回目の節目の出場だっただけに、本人の落胆ぶりも伝わっているが、NHKは「総合的な判断」と漠然とした落選理由。近年、和田は「紅白」に選ばれるたびにバッシングを受けていた。 「ヒット曲がない」「事務所のゴリ押し」などが主な非難だ…

異例の「見たくない」宣言

落選でケンカ腰…和田アキ子にNHK紅白“永久追放”の心配

27日のワイドショーや情報バラエティーでも、今年のNHK紅白歌合戦に和田アキ子(66)が落選したことを軒並み取り上げたほど。同じホリプロに所属する女医の西川史子は「ホリプロ内はかなりザワザワしてます。アッコさんの功績を考えて、ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKを公然と批判。どうやら、NHKとホリプロとの間に“しこり”ができるほど、今回の選考は揉めてしまったら…

“犬猿の仲”といわれた小林幸子と和田アキ子

同じ紅白選出でも…小林幸子と和田アキ子を分けた“明暗”

あえて言えば、近年「なんで選ばれるの」と批判の矢面に立っている和田アキ子が今年も選ばれたことぐらい。選考基準には【(1)今年の活躍。(2)世論の支持。(3)企画、演出面】とある。「特別枠」として選出された小林は(3)に当てはまるのだろうが、和田に照らし合わせてみると――。和田の活躍は確かに飛び抜けているが、歌手としてよりもタレントとしての活躍が大。付属するように世論…

川島さんを大勢が見送った(左)

訃報をスルー…和田アキ子「川島なお美さんと不仲」の真相

和田アキ子(65)である。芸能界の“ゴッド姉ちゃん”として多くのタレントに慕われ、人一倍情に厚い人だが、川島さんへのわだかまりが亡くなる前から話題だったためだ。 通夜、告別式には多くの芸能プロ、タレントが供花を送ったが、斎場に和田の名札は見当たらなかった。生前の付き合いにもよるし、所属事務所は違うので、なくても何らおかしくないのだが、実は9月7日、川島さんがシャンパ…

38回出場の常連だが…

ツイッター開始も話題にならず 和田アキ子“紅白落選”ピンチ

歌手の和田アキ子(65)が先月18日、突如、公式ツイッターを開設。しかし、それほど頻繁に書き込むわけでもなく、ほとんどは仕事絡み。開設1週間ほど経った時点で、フォロワーは約4万7000人を超えたほどで“人気爆発”とはいかないようだ。 「このところ、ネットニュースなどを中心にやたらと和田のバッシング記事が出始めている。そんなこともあって、イメージアップのために“素”を…

芸能評論家が“素顔”を語る

嫌い部門トップも「好き」で4位 和田アキ子“本当の評価”は?

嫌いな女性有名人のトップに和田アキ子(65)が選ばれたのは分かる(?)として、好きな有名人部門でも和田は4位にランクされていた。ちなみに、「嫌い」部門で和田に続くのは神田うの、泉ピン子、熊切あさ美、安藤美姫など。逆に「好き」部門で和田の上を行くのはローラ、松田聖子、ベッキーのみ。両部門で顔を出すのは和田とローラぐらいだ。 同誌で作家の岩井志麻子さんが「その人たちの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事