日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松岡昌宏特集

思わぬ発表がある可能性も

暗黙の掟も崩れかけ…ジャニーズに結婚“一挙解禁”情報

SMAPの中居正広、TOKIOの松岡昌宏がその候補。 「第一条件は40歳オーバー。40歳を越えて一緒に住んでいるような場合は本人たちがその気ならOK。中居は結婚願望があるし、松岡は年明けに40歳になるのを機に決意するのではないか」(先の事情通) 微妙なのは1月末に40歳になる香取慎吾だが、それでも“有資格者”。V6では三宅健。同じV6の岡田准一は宮崎あおいと交際中だ…

五輪関連に力を入れるジャニーズ事務所

五輪旗振り役はTOKIOに 解散SMAPからの“世代交代”加速

それにリーダーの城島茂と松岡昌宏は築地市場の豊洲移転の『応援大使』に就任したにもかかわらず、移転が白紙状態になって大使の仕事が中ぶらりんに。東京都にはそんな“負い目”もあり、ジャニーズ側のプッシュを受け入れる形でTOKIOが旗振り役を務めることになったそうです」(イベント関係者) ジャニーズの東京五輪関係の仕事としてはSMAPがパラリンピック応援大使に任命されていた…

五輪絡みの仕事に力を入れるジャニーズ事務所

スケジュール白紙に…TOKIOが築地移転延期でとばっちり

移転に向け、着々と準備を進めていた各方面からは、続々と非難の声があがっているが、芸能界でとばっちりを受けたのが、ジャニーズ事務所のTOKIOの城島茂(45)と松岡昌宏(39)だという。 2人は豊洲開場100日前の7月30日、都内で行われたイベントに出席し「豊洲市場応援大使」に就任。松岡は「新しく生まれ変わる市場で働く人たちの力になれるよう頑張ります」と気合十分だっ…

ジャニーズ事務所内でも“世代交代”が進んでいる

SMAP騒動の裏で…関ジャニ∞が“六本木の主役”に躍り出た

そしたらライバルは坂本昌行クンや松岡昌宏クン、松本潤クンたち。松岡兄貴のファンであるワタシでも、六本木や西麻布のスーパーで買い物してくれる丸山クンを断然応援しちゃうわ。 そして例のスマホ窃盗事件以来まったく見なくなったのが、錦戸亮クン(31)。赤西仁クンとつるんでトラブルになるのがいけないんであって、六本木に来ること自体は、決して悪くないのよ。昔みたいにまた遊びに来…

沢村一樹の「桃太郎侍」が見てみたい

絶滅寸前から視聴率も大健闘 TV「時代劇」復権の裏側

かつての藤田まことの大ヒットシリーズを東山紀之・松岡昌宏で07年から単発で放送(新たに、知念侑李が加わり、必殺の3人が全員ジャニーズ!)。あの、トランペットでの「パパパ~、パ、パ、パ、パ、パララ~」の不気味なBGMで悪いヤツを背後から刺し殺すシーンも完全に昔のまま! しかも細い刃物が内臓に刺さる様子をレントゲン写真のような絵で見せてくれる。「今どき、そんな時代劇アリ…

None

帰ってきた必殺仕事人 東山紀之“後輩”に時代劇のイロハ指南

「女たちの晴らせぬ恨み、晴らします!」 こんな言葉を掲げて、今年も「必殺仕事人」が帰ってきます! 仕事人の顔ぶれは、町奉行所同心・渡辺小五郎(東山紀之)、経師屋の涼次(松岡昌宏)、前回から加わった元僧侶のリュウ(知念侑李)、常磐津の師匠・花御殿のお菊(和久井映見)。 物語の始まりは、女たちが駆け込む縁切り寺での惨殺事件です。事件の裏には、女たちを食い物にする恐ろしい…

左から板谷由夏、井浦新、稲森いずみ/(C)日刊ゲンダイ

TBSが柴門ふみ原作で恋愛ドラマ…フジはお株奪われる?

昨30日に行われたプレミアム試写会には井浦ほか、稲森いずみ(42)、板谷由夏(39)、松岡昌宏(37)の主要キャストが出席。なんでも撮影開始からまもなく、この4人だけで新宿の居酒屋に飲みに行き、互いの呼び方を話し合ったとか。そんなほほ笑ましいエピソードを交えながら、「かなり胸キュン(ドラマ)です!」(板谷)、「王道のラブストーリーは20代向けが多いと思うのですが、…

None

日本ダービー 「笑った」TOKIOと「泣いた」石橋貴明

単勝の払戻金は560円だったため、それぞれ5万6000円をゲットしてホクホク顔と一部スポーツ紙で報じられていたが、実は一番楽しんでいたのは松岡昌宏だったという。 「馬券の買い方は豪快。万単位で穴馬にブチこんでいました。結果はかなりの散財となったようですが、とにかく楽しんで帰っていったようです」(競馬サークル関係者) ■ジュラルミンケース持参で来場 この日は年に一度の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事