日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森光子特集

レコ大の司会は圧巻だった/(C)日刊ゲンダイ

森光子は離婚…“後継者”仲間由紀恵が迫られる「究極の選択」


そんな仲間は今年秋、森光子が国内最多2017回上演の大記録を打ち立てた舞台「放浪記」を継承し、主演することが決まっている。森光子の死後も、「放浪記」を続けたいと考えていた東宝が、最終的に後継者に選んだのが仲間だった。 「フジテレビのドラマ『森光子を生きた女』で主演の森光子役を演じた縁もあり、仲間が引き受けたという経緯がある。沖縄から上京してデビュー以来、仲間を箱入り娘として大切に育ててきた事務…

チャレンジ精神を忘れなかった

長く現役を続けた森光子の「若手に可愛がられる力」


大女優、故・森光子さん(享年92)。亡くなってから、もう4年になろうとしている。 それぞれの人に思い出の作品もあろうし、芸能マスコミの人間も、記者やカメラマンごとに個々のエピソードがあるくらいの人物だ。 今回は、森さんの最後の舞台について伝えたい。亡くなる2年ほど前、帝国劇場「人生革命」に出演したのが、女優としての最後の活動だった。 そのさらに2年前に、体力的な問題から代表作「放浪記」の“でんぐ…

沢田亜矢子さん(左)と故・森光子さん

沢田亜矢子さんが振り返る恩人・森光子さんとの“師弟関係”


新人の頃に目をかけ、女優への道を照らしてくれたのが3年前に亡くなった大御所、森光子さんだ。 「いいんじゃない」 今でも、あの独特なキーの高い優しいお声は忘れられませんね。あれは1973年の夏。TBSの人気ドラマ「時間ですよ」(第3シリーズ)の撮影スタジオ。声の主は森光子さんです。 森さんは「時間ですよ」の主役で、9月5日に終了した直後の6日から、NET(現・テレビ朝日)で放映が始まる連続ドラマ「…

デビュー20年目を迎える仲間由紀恵

仲間由紀恵 舞台「放浪記」の裏で浮上する“子づくり封印”説


森光子さんの代表作を引き継ぎ、主演舞台「放浪記」をこのほどスタート。自ら考案した側転で観客を沸かせているが……。 「東京公演が森光子さんの命日でもある来月10日まであり、それから大阪、名古屋、福岡と回り計104回の長期公演。子づくりどころじゃないし、プロ意識の強い仲間のことだから、出演が決まり、稽古をスタートした頃から気をつけ、妊娠でスタッフに迷惑をかけないようにしているだろう」というのだ。 今…

事件後の会見では「舞台に立つことが贖罪」と話していた

高畑淳子 主演舞台“満員御礼”で脱した女優生命のピンチ


共演者の榊原郁恵、的場浩司、青木さやからは淡々と芝居をこなしていたが、森光子さんの代表作というプレッシャーもあったのか、高畑はわざとテンションを上げて大げさに演技しているようで空回りしていたように感じた観客も多かったのでは。スタンディングオベーションは芝居への評価ではなく、高畑自身に対してでしょう」(演劇ライター) 同劇場での公演は25日まで。その後、12月初めまで都内も含め全国15カ所で公演が…

上野真由美さん

元「トライアングル」上野真由美さん 芸能活動に意欲再燃


キャンディーズさんが解散宣言された77年7月17日の日比谷野音のコンサート時点で、すでにワタシとクーコ(大塚邦子)、ミッチ(森光子。解散後、ロマンポルノに出演した小森みちこ)の3人は、すでキャンディーズさんの妹分として活動するためにレッスンを受けてましたから」 78年4月、「トライアングル・ラブレター」でデビュー。しかし、レコード発売前から「8時だョ!全員集合」(TBS系)に出演した。 「キャン…

吉田羊

吉田羊熱愛発覚 年上女に可愛がってもらうのはジャニーズの伝統


しかし、よく考えれば森光子&東山紀之、マッチ&黒柳徹子、亀梨和也&小泉今日子など年上女に可愛がってもらうのはジャニーズの伝統のようなもの。いまさら目くじらを立てることもない。 気がかりなのは「ぴったんこカン・カン」に出演した際、「50歳になっても独身だったら結婚しよう」と約束していると言われていた春風亭昇太だ。絵に描いたような当て馬。落ち込んでいなきゃいいが。…

ジャニーズ事務所平穏を取り戻したかに見えるが…

「スマスマ」も重苦しい空気…SMAPいまだにギクシャクか


21日の放送も「ビストロSMAP ゲスト&SMAP超貴重映像を超特盛りで! ビストロ20年 美味しい名場面SP」というもので、第1回の大原麗子に始まり、高倉健、森光子らそうそうたるゲストに初期メンバーの森且行まで、懐かしい顔ぶれが勢ぞろい。 しかし、これも今までなら5人でVTRを見ながら、ああだこうだ言っていたのに、今回は5人揃って懐かし映像を見る姿はなく、それぞれ個別に、ビストロの思い出をコ…

「トシの功で」とコメントしたが…

82歳で紅白総合司会 黒柳徹子に囁かれる数々の不安要素


はたして3日間ものリハーサルを含めて紅白の長丁場を乗り切れるのか不安に思っている関係者は少なくない」(テレビ関係者) 黒柳は生前の森光子と並んで“ジャニーズの母”と呼ばれている。19年ぶりに返り咲き出場を果たしたマッチこと近藤真彦(51)とは親子のような間柄だけに、老骨にムチ打つ覚悟で総合司会の大役を引き受けたのかもしれないが、周囲の期待以上にいろいろな意味で“リスク”が高いと言わざるを得ない。…

None

ジャニーズ大ショック 堂本光一“ドル箱”公演で事故の波紋


今月31日に千秋楽を迎える予定だったが、今回の事故を受け、公演日程がどうなるかはまったくの未定です」(演劇関係者) ■施設の老朽化を指摘する声もあった 2000年に初演した同舞台の上演回数は1200回を超え、単独主演の舞台としては森光子さんの「放浪記」に次ぐ記録。今年は15周年で、2月3日に初日を迎えたものの、関係者の間ではこんな危惧があったという。 「帝劇の施設は全体的に老朽化している。大道具…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事