日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松永幹特集

松永幹師

ヘヴンリーの仔で3連勝だ松永幹師直撃


松永幹師といえば、ジョッキー時代の“天覧競馬”05年秋の天皇賞。ヘヴンリーロマンスで見事な差し切り勝ちを演じた。そのヘヴンリーは母になっても重賞ウイナーを輩出。今週は木曜の川崎、JBCに6歳アウォーディー、5歳アムールブリエ、日曜の京都、みやこSに3歳ラニを送り込む。その心境を聞いた。 ――まずは、みやこSのラニから。帰国初戦のブラジルCは③着でした。 松永幹調教師 「夏場は疲れをじっくり取りま…

惜しくもブラックホーク(手前)に差されたが

【01年安田記念②着】重戦車ブレイクタイム2番手から粘り込む


そんなムードの中、松永幹現調教師が前走で騎乗した馬が2頭参戦した。 ダートのオアシスSで②着した所属する山本厩舎のブレイクタイムと、都大路S勝ちビハインドザマスクだ。 大舞台には後者で臨んだ。前者は吉田豊にバトンタッチ。 「先生から〝ほかの厩舎に頼まれたのならそちらを〟って。で、僕はビハインドに」 山本師と松永幹といえば師弟愛コンビ。納得できる話である。 スタートが切られた。 ハナを奪ったのは1…

松永幹調教師

【福島牝馬S】シャルール4連勝でヒロインへ


一番の注目は松永幹&横山典の〝同期コンビ〟が送り込むシャルールだ。 「前走後、ノリは〝ゲートを出れば(上のクラスでも)やれる〟と言ってました。福島にも乗りに来ることに」と、松永幹師が笑顔で話す。 前走の初音Sで横山典は3歳時の忘れな草賞③着以来の手綱を取った。スタートを決めると、手応え良く好位を追走。直線ではラスト1F手前で抜け出すと、2馬身突き放してゴールイン。 メンバー最速の3F33秒6で上…

None

【月曜中山11R・フラワーC】出走全馬の厩舎情報


松永幹調教師 千四は忙しかったみたい。道中でなし崩し的に脚を使っちゃって。今回、距離が延びるのはいいと思います。 ――中間はブリンカーを着けてますが。 松永幹師 ちょっと周りを気にするところがあるんで。今週の追い切り後、助手は「反応が良かった」と言ってましたよ。 ――あらためて。 松永幹師 ええ。デビュー戦を見ても能力はあるはず。変わってくれませんか。 ⑧ルフォール 渡辺調教助手 前走後は在厩…

開幕ダッシュに成功

【アメリカJCC】初めてJRA賞に輝く松永幹師が伏兵で花を添える


松永幹厩舎が今年も絶好調だ。 ジョッキー時代は実に華があった。91年春にはイソノルーブルが桜花賞を裸足(レース前に落鉄)で走って⑤着の後、オークスで感動の逃げ切り勝ち。05年にはヘヴンリーロマンスが天覧競馬だった秋の盾を差し切りV。牝馬とのコンビによるGⅠ6勝を含め、JRA通算1400勝を挙げ、ファンには〝ミッキー〟の愛称で親しまれた。 06年にステッキを置いて調教師に転身。 翌年から厩舎を開業…

None

【日曜京都9R・北大路特別】出走全馬の厩舎情報


松永幹調教師 もともといい決め手は持ってる馬ですからね。それにしても、最後はよく伸びていた。完勝といっていいでしょう。 ――昇級戦ですが、見通しは。 松永幹師 大崩れのないタイプで、クラスが上がっても大丈夫だと思います。外回り千八っていう条件も、末脚を考えれば合ってるんじゃないですか。デキもいいし、好勝負を期待しています。 ⑬ノーブルコロネット 松永幹調教師 休養前は大敗したけど、もともとこの…

東京千八は初音S勝ちと同じ舞台

【府中牝馬S】シャルール勝ってGⅠだ


松永幹師に意気込みを聞いた。 ――クイーンSは頭差②着でした。 松永幹調教師「2カ月半ぶりでしたが、仕上がりは良かったですよ。レースもうまく運べた。ただ、勝ち馬にあの末脚を使われては仕方ないでしょう。目標にされましたし」 ――中間はどのように。 「リフレッシュ放牧へ。戻ってからは、ここを目標に順調に調教を消化しています」 ――きのうは坂路4F53秒8―12秒6。 「しまいをいっぱいにやりました。…

None

【日曜中山9R・サフラン賞】出走全馬の厩舎情報


⑫アンバーミニー 松永幹調教師 “使ってからかな”と思っていたのに、直線では何度も手前を替えながら押し切った。その後は放牧へ。馬に実が入ってきましたよ。牝馬限定、千六のここを目標に仕上がりもいい。期待してます。 【休養馬カルテ】 アエロリットはリフレッシュ放牧から9月1日に帰厩。ここまで計6本の時計を消化しており、今回は最終追い切りをウッドチップに。その動きもまた軽快で、仕上がりは前走以上とみ…

None

【土曜阪神11R・シリウスS】出走全馬の厩舎情報


松永幹調教師 ケイコで走るから、“合うかな”のイメージは持っていたんですよ。前走は砂をかぶっても大丈夫でした。収穫のある内容。この2連勝は本物とみていいんじゃないでしょうか。 ――重賞挑戦です。 松永幹師 ハンデ戦で斤量は1キロ増えますが、それでもトップとは2キロ差ありますからね。前走後も順調に調整できて、今週の動きもすごく良かった。状態がいいだけに、期待しています。 ⑨アポロケンタッキー 山…

BSN賞も楽に勝った

【シリウスS】ピオネロ3連勝へ


松永幹師は笑顔で「ケイコで走るから“ダートは合うかな”と思っていました。2走前は砂をかぶらずに競馬ができたけど、前走は道中でかぶっていた。それでも結果を出せた。②~④着が準オープン馬とはいえ、収穫ありですね」と話す。 中間は放牧を挟んで、ここを目標に。しっかり乗り込まれ、きのうはCウッドで6F81秒8―38秒0、1F12秒1で力強く伸びていた。 「いい動きでしたね。乗った助手も〝良かった〟と言…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事