日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

豊臣秀吉特集

イラスト・中村深琴

豊臣秀吉は農民の劣等感から名家の娘に手を出した


戦国時代でとりわけコンプレックスが強かった人物といえば、豊臣秀吉でしょう。彼は尾張(現・愛知県西部)の農村出身でした。織田家で武士になれたものの、名家の娘を妻にするのは夢のまた夢。彼と結婚したおねは、織田家の足軽の養女に過ぎませんでしたが、それでも秀吉にとっては高嶺の花だったようです。 その生い立ちは秀吉に貴種への憧れを植え付けました。彼が憧れた女性として有名なのが、お市――。戦国一の美女とも言…

「千利休切腹」の原因は豊臣秀吉との身長格差だった?


大河ドラマの常連である豊臣秀吉の肖像画は、ヒゲをたくわえた立派な顔貌で、体も非常に大柄に描かれている。しかしこれは、太閤の座についてからお抱え絵師に描かせたもので、コンプレックスの裏返しによるもの。実際の秀吉は猿面冠者とあだ名されるほど猿に似ており、しかも非常に小柄。成人男子の平均身長が157センチの時代に、140センチしかなかった。 また、おたふく風邪の影響で無精子症であった可能性も高い。2…

「読み」の鋭さは抜群だった

【豊臣秀吉編】気持ちを察してサッとやる


なかでも、豊臣秀吉の「読み」の鋭さには、目を見張るものがございます。本日はひとつ、秀吉公に学んで参りましょう。 秀吉にまつわるエピソードは数々ございますが、皆さんが真っ先に思い出すことといえば、秀吉を名乗る前の「藤吉郎」の頃、信長の草履を懐に入れて温めた――話ではないでしょうか。 でも、本当のところは尻に敷いており、それを見抜いた信長に「余の草履、懐中にて温めておったか」と言われ、「こりゃ、イカ…

ショーンK? 他人の性を名乗り存続した北条氏の“経歴詐称”


豊臣秀吉は木下姓から羽柴姓となり、最後は豊臣となりました。しかし、こうした改名は、公に行われたもの。 ■初代の早雲は「伊勢氏」 ここで思い出すのが、北条早雲です。伊豆、相模(現・神奈川県の大半)を攻略し、戦国時代の火蓋を切ったことで有名な人物ですが、彼は「北条」姓でありません。室町幕府政所執事・伊勢氏の一族で、実名は伊勢新九郎。その伊勢氏が北条を名乗ったいきさつの前に、彼の足跡をたどってみましょ…

16代目中里月度務さんが後を継ぐ窯「平戸松山」

極細筆で一気描きの三川内焼にメロメロ


三川内焼の始まりは、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した「文禄・慶長の役」(16世紀末)。林さんによれば、平戸藩の領主・松浦鎮信が帰国の際に陶工を連れ帰り、現在の長崎県平戸市で窯が誕生したのがルーツのひとつ。そしてもうひとつのルーツは、豊臣秀吉の不興を買って領主が領土を取り上げられたため、唐津焼の陶工が九州各地に移り住み、その一カ所が三川内だったこと。 江戸、明治、大正、昭和の各時代の三川内焼を鑑賞できる…

「超現代語訳 戦国時代」房野史典著


豊臣秀吉が徳川家康を自分の配下におこうとしていた頃、真田家の長男、信幸は徳川の家臣、本多忠勝の娘を、次男の信繁は豊臣の家臣、大谷吉継の娘を妻とした。関ケ原の戦いのとき、父・昌幸と信繁は豊臣に、信幸は徳川方について戦った。信幸は秀忠の使者として降参するよう説得すると、昌幸は家臣を説得する時間がほしいと言う。ところが、何日も待たせた揚げ句、昌幸がよこした手紙にはこう書かれていた。 「おかげで戦う準備…

イラスト・八木幸恵

秀吉の茶頭として出世しながら切腹に追い込まれた千利休


天正19(1591)年、豊臣秀吉によって、切腹させられました。 利休は織田信長の茶頭を務め、信長が本能寺で死亡したあとは秀吉に仕え、とんとん拍子に出世しました。大友宗麟をして「宗易(利休)ならでは関白(秀吉)様に一言も申し上げる人なし」と言わしめたほどです。 ただ、利休は他者を非難するきらいがありました。彼はかつての武野紹鴎門下の兄弟子にあたる津田宗及や今井宗久、信長の初期の茶頭だった不住庵梅雪…

イラスト・宮西真由

加藤清正、福島正則らを老獪な戦略で操った徳川家康


豊臣秀吉の子飼いの武将たちを籠絡し、自分の部下のように働かせたのですから。 家康が利用したのは福島正則、加藤清正、黒田長政らの石田三成への憎悪・嫉妬でした。 発端は文禄元(1592)年から始まった、朝鮮出兵にあります。 正則らは、朝鮮半島でひもじい思いをしながら戦っていましたが、一方の三成は国内で、秀吉の側近として仕え、朝鮮での戦の状況を報告する役目を担当していました。これが諸将の反感を招いたの…

「元祖プレーボーイ」と呼ばれる火野正平

何股かけたか分からない 火野正平の華麗恋愛遍歴


12歳で「劇団こまどり」に入団し、73年にNHK大河ドラマ「国盗り物語」の豊臣秀吉役で話題になる。「新・必殺仕置人」(テレビ朝日系)、「長七郎江戸日記」(日本テレビ系)など数多くのドラマや映画で活躍。2011年4月から自転車で全国各地を旅するNHK-BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅」に出演中。 「若い頃は、二股どころか、何股かけたか分からない。11股とか報道されたこともあった。『握手したら…

ドラマ“掛け持ち俳優”の代表格

秀吉ロス続々 「真田丸」小日向文世“老いの演技”が高評価


NHK大河「真田丸」で小日向文世(62)演じる豊臣秀吉が7日放送分で最期を迎えた。 秀吉の正室、寧役を演じた鈴木京香(48)は、あるインタビューで「今、秀吉ロスです」と言っていたが、秀吉ロスは鈴木ばかりではない。ネットの書き込みでは全国から「あかん、泣ける」「秀吉の老いの描き方は秀逸だった」「もう一度見よう」という声が相次いでいる。ドラマのプロたちからも絶賛の声が上がっている。コラムニストの桧山…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事