日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松井秀特集

「お~」と声を上げながら右翼弾

後輩由伸の監督就任で気持ちグラリ 松井秀の視線は巨人に


巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜(41)が27日、ジャイアンツ球場で野球教室を行った。全国47都道府県から1人ずつ募集した小学生を相手に、キャッチボールから守備練習。打撃練習では投手を務めた。フリー打撃実演では2本の柵越えを放つなど、約2時間の指導。ジャイアンツ球場でバットを振るのは13年ぶりで、「高校から(巨人に)入ってすぐここで練習した。懐かしかった」と感慨深げだった。 「将来はヤンキ…

「ヒデキ・マツイに匹敵」と言われた筒香(左)と評価の高い山口

筒香は「松井秀に匹敵」と高評価 好調DeNAに米国も熱視線


None

松井秀のヤ軍フロント入りでむしろ近づく「今オフ巨人監督」


ヤンキースが去る10日、松井秀喜(40)がキャッシュマンGMの特別アドバイザーに就任すると発表したことを受けてだ。 契約期間は1年。シーズン中、傘下のマイナー球団の試合を巡回視察、首脳陣とともに若手野手の打撃のレベルアップに取り組むという。松井は現在、キャンプ地のフロリダ州タンパでヤンキースの臨時コーチを務めている。 昨年、巨人の臨時コーチをやった松井が、今年は巨人とDeNAの「キャンプ訪問」に…

岡本はどこを守る?/(C)日刊ゲンダイ

松井秀、大田の例も 巨人ドラ1岡本に早くも「外野転向」の声


米メディアも絶賛の投球だった

マエケン快挙で米に激震 「日本人投手を再評価」と評論家


イチローと松井秀以降、メジャーの日本人野手は失敗が続き、投手のバブルも落ち着いた。メジャー各球団は、何年先になるか分からない日本ハムの大谷までは静観の構えを見せていたが、前田が改めて日本人投手のレベルの高さを証明したことで、再び彼らの目が日本人に向く可能性が大。その気になる日本人投手もわんさか出てきそうである。…

いつ海を渡るのか

3倍増更改のSB柳田 米で日本人野手の“悪評”覆す可能性


02年に巨人でシーズン50本塁打を放った松井秀喜(元レイズ)の「1.153」に迫る。 「過去の日本人野手で成功したのは、イチロー、青木のように安打を量産して足もある選手だが、柳田は長距離砲として唯一活躍した松井秀に迫るパワーを持ち、イチローには及ばないものの、守備も走塁もレベルが高いことも評価になる」(前出のスカウト) 今季、韓国人の姜正浩(28)がパイレーツで15本塁打を放つなど一定の数字を残…

4冠王も狙える位置に

4冠狙うヤクルト山田はなぜ「外れの外れの1位」だったのか


高校時代の清原や松井秀のように、ケタ外れのパワーヒッターであれば守備に目をつぶるのもわかる。しかし、プロ野球のスカウトが高校生内野手をドラフト1位指名する場合、重要な判断材料は「肩」と「足」だという。打撃は少々お粗末でもプロ入り後の筋力トレと練習で打てるようになる可能性はあっても、足と肩だけはどうにもならないケースが圧倒的に多いからだそうだ。 そこへいくと目下、3冠王も視野に入れているヤクルトの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事