日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

碓井広義特集

「ドラマのTBS」が今や…

木9枠も終了…専門家が分析する「ドラマのTBS」衰退理由


上智大教授(メディア論)の碓井広義氏が「ドラマのTBSを支えた伝統的な枠のひとつ」と話すように、代表格は「3年B組金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」「HOTEL」など。いずれも長年にわたってお茶の間の笑いと涙を誘い、学園もの、家族ものの金字塔を打ち立ててきた枠にもかかわらず、放棄するとは一体、TBSはどうしたのか。 「直近3作品を見る限り、企画そのものの失敗といわざるを得ない。いずれも共感できる登…

「Dr倫太郎」vs「アイムホーム」

春ドラマ辛口採点 キムタク「アイムホーム」に識者の評価二分


麻生千晶氏が「きっちり数字をとれるのは彼のオーラのたまもの」と言えば、上智大教授の碓井広義氏(メディア論)も、「いい意味で裏切られた。いつものキムタクではなく、ちゃんと家路久という役を演じてる。ドラマの出来も倫太郎といい勝負」と絶賛。見てみる価値はありそうだ。 両雄に割り込まんとするのが元AKB48のセンター大島優子。「ヤメゴク」(TBS系)で、暴力団をやめたいヤクザからの電話、通称“足抜けコー…

真矢ミキも気の毒だ…

TBSも迷走中…生活者目線で語れない国分太一に厳しい声


視聴率低迷の理由について、上智大教授の碓井広義氏(メディア論)はこう指摘する。 「おそらくTBSは『あさイチ』(NHK総合)の路線を狙っているのでしょうが、同じジャニーズでも、井ノ原快彦と国分太一では全然違う。井ノ原は結婚し子供もいます。夫であり父でもあり、視聴者と同じ生活者という素顔も持っている。国分にはそれがありません。生活者目線で語れないし、中年のアイドルがいるというだけ。あさイチの有働…

主婦に付き合う気なし?

フジ「グッディ!」惨敗は安藤優子の“昼の場違い感”が原因か


上智大教授の碓井広義氏(メディア論)は、「宮根に負けないぐらい名前があってメーンを張れるキャスターということで、安藤を持ってきたのでしょうが、完全に場違い。主婦たちの午後に付き合うつもりはみじんもなく、“私は私、ついてきたいならどうぞ”という態度が透けて見えます。高橋克実の役割も曖昧」と言う。 放送ジャーナリストの小田桐誠氏も、「高橋は慣れない仕事への不安が画面からにじみ出ています。1週目の金…

ドラマ「学校のカイダン」広瀬すず “第2の能年”でなく超新星


【連載コラム 碓井広義の「TV見るべきものは!!」】 「学校のカイダン」(日本テレビ系)が終盤に入り盛り上がってきた。 名門高校に編入したツバメ(広瀬すず)だが、内実は一部の生徒が支配するトンデモ校だった。彼らの策略で生徒会長にされた彼女をサポートするのが謎の青年・雫井彗(神木隆之介)だ。ツバメに学校改革のヒントと、説得力のあるスピーチ(演説)を伝授していく。 まずヒロインの武器が言葉(演説)で…

石原さとみの代表作になる?

校閲ガール賛否凌駕する石原さとみのフルスロットル演技


(上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

今期ドラマで“独り負け”状態

秋ドラマも独り負け…凋落フジに吹き荒れる“負の連鎖”


ドラマを見た上智大教授の碓井広義氏(メディア論)はこう言う。 「一言で言えば、“チープ感”でいっぱいです。まず、主人公の山田君に『月9』を引っ張るだけの存在感がない。桐谷健太以外のキャストにも“凡作感”が漂っています。物語も兄弟の葛藤なのか、恋愛なのか、ミステリーなのか、何を描きたいのかハッキリしません。予算削減の影響でしょう、セットもまるで“昼ドラ”のよう。このままでは第2話以降、視聴率が急落…

漱石役の長谷川博己と妻役の尾野真千子

ドラマ「夏目漱石の妻」 メリハリ芝居で素顔の文豪を造成


(上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

この日のワイドショーの視聴率は軒並みアップ

初公判で味を占め 民放各局は清原被告で「視聴率荒稼ぎ」


ベッキーを復帰させたSMAP中居正広の冠番組である“金スマ”の特番が最有力でしょう」(テレビ関係者) しかし、数字にはやるテレビマンに対して上智大の碓井広義教授(メディア論)はこういう。 「清原被告は顔と名前が広く知られた人物であり、薬物事件の当事者として判決の様子を報じる必要性はあると考えます。ただ今後については、時期や内容、番組のトーンがより問われることになる。薬物問題に迫るドキュメンタリー…

「NEWS23」新体制で初めての成果か

舛添知事“ナマ糾弾”に賛辞 NEWS23駒田アナの面目躍如


上智大の碓井広義教授(メディア論)が言う。 「『NEWS23』が新体制で初めての成果といえるでしょう。弁舌の徒である舛添さんからすれば、イメージ回復の場という計算があったでしょうが、駒田アナの鋭い切り込みがご意見拝聴の場にさせなかった。“社員アナウンサー”の立場でありながらも“金額ではなく感覚の問題”と突っ込んだ言葉のひとつをとっても、庶民の知りたい気持ちをきっちりと代弁。NEWS23に駒田ア…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事