日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊吹文明特集

加藤大臣の事務所からの回答はなかった

自民党最大議連に「消えた献金」疑惑 事務局長は首相側近


高村正彦副総裁が会長、伊吹文明・元衆院議長が特別顧問を務める。発起人には事務局長の加藤氏をはじめ、鴨下一郎衆院議員、上川陽子前法相ら、そうそうたるメンバーが名を連ねる。 14年10月には、自民党議員350人が加盟する最大の議連となったが、問題なのは公益法人・日本医師会との不透明なカネの授受だ。 医師会の政治団体「日本医師連盟」の政治資金収支報告書を見ると、13年11月8日に「議員の会」に500万…

当選12回の大ベテラン/(C)日刊ゲンダイ

衆院議長に町村元官房長官を推す安倍官邸の“思惑”


安倍首相(自民党総裁)は17日、谷垣幹事長と協議、24日に召集する特別国会で、伊吹文明前衆院議長に代え、町村信孝元官房長官(70=写真)を推す方針を固めた。 町村氏は東大経済学部から旧通産省入り。昭和58年に初当選し、現在当選12回。文科相や外相、官房長官、党幹事長などを務めている。当選回数や要職歴任から適任と判断したようだが、それだけではなさそうだ。 伊吹前議長は平成24年12月から2年近く務…

左上から時計回りに額賀福志郎、麻生太郎、二階俊博、伊吹文明/(C)日刊ゲンダイ

70歳過ぎがウヨウヨ…自民党ロートル全員当選の歪んだ事情


町村信孝(70=12選)、衛藤征士郎(73=11選)、額賀福志郎(70=11選)、丹羽雄哉(70=12選)、金子一義(71=10選)、麻生太郎(74=12選)、伊吹文明(76=11選)、二階俊博(75=11選)、河村建夫(72=9選)、高村正彦(72=12選)、大島理森(68=11選)、野田毅(73=15選)、保岡興治(75=13選)、谷垣禎一(69=12選)、川崎二郎(67=11選)……。 …

渡辺前代表も落選危機/(C)日刊ゲンダイ

激戦区の雌雄決す みんな解党で宙浮いた280万票争奪戦


自民の顔ぶれは伊吹文明衆院議長や西川・上川両大臣のほか、副大臣クラスもゴロゴロいる。それだけに与野党とも旧みんな票の取り込みに躍起だ。 「前回みんなに投票した大半は無党派層で“民主党政権もヒドかったけど、自民党の復権は絶対にイヤ”という人たちでしょう。基本的に野党支持の投票行動を取り、今回は民主や維新に票が流れるのではないか」(政治評論家・山口朝雄氏) すでに民主は旧みんな候補の囲い込みに成功。…

調整に入る枝野民主党幹事長と小沢維新国会議員団幹事長/(C)日刊ゲンダイ

12年総選挙 野党一本化で「自公113選挙区敗北」だった


伊吹文明議長(京都1区)が敗退する。中国では2、四国では3、九州では9選挙区だった。 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。 「前回選挙で自公が圧勝したのは、他党が候補者を一本化できなかったことによる“敵失”です。事実、自民党の得票率は平均3割程度にすぎず、横ばいでした。永田町では<選挙をするなら、野党が準備不足の今しかない>ともっともらしく語られていますが、前回のように自民党政権へ戻そうと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事