日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

北山たけし特集

結婚を機に北島三郎は“師匠で義父”に

北山たけしの歌手になる夢支えてくれた“おふくろ3点セット”


北島三郎“御大”の内弟子を8年務め、04年にデビューした北山たけしさんは有明海に面した福岡・柳川の出身。父・豊さん(70)が大のサブちゃんファンで、部屋にはポスターが壁いっぱいに張ってあったという“演歌の家”に育った。御大はまさに神様のような存在だ。 最初、歌手になる夢を託されたのは姉だったが、小児ぜんそくのため断念、お鉢が回ってきた。 「自宅の近くに稽古場があって、父に厳しく指導されました。息…

大江裕さん

歌手・大江裕さん 「パニック障害」克服までを語る


すると「ユタカ~! 大丈夫か?」と事務所の先輩、北山たけしさんが駆けつけてくれました。近くでご自身の公演を終えたばかりなのに、急きょ代わってくれたのです。 その日の晩、次の公演先の国分に泊まると、ホテルの15階の窓から下を見ても全然怖くない。そのくらい気持ちが不安定になっていました。 以降、半年以上びっしり埋まっていた僕の予定は、事務所の先輩方が代わってくれ、事務所を卒業した松原のぶえさんまでも…

戦国武将さながら

三女は俳優と結婚 北島ファミリーは“結婚外交”で勢力拡大


「紅白歌手の北山たけし(42)がサブちゃんの次女の夫というのは有名な話ですが、今度の結婚で、上地も“北島ファミリー”となりました。これでファミリーはすでに独立させている山本譲二、小金沢昇司、和田青児に加えてますます勢力を誇ることになる。見落とされがちですが、紅白歌手の三山ひろし(35)も遠い親戚筋といいますから、その発言力は絶大です」(前出の肥留間氏) サブちゃんにとっては「万々歳」だろうが、…

熟年女性たちをメロメロに

紅白初出場の山内恵介 人気の秘密は意外性とサービス精神


「紅白ではベテランが幅をきかせ、この10年で初出場した男性演歌歌手は、北山たけし、ジェロ、福田こうへいだけ。卒業した北島三郎の後釜を狙って熾烈なデッドヒートを繰り広げ、けん玉演歌の三山ひろしとイケメン演歌の山内が滑り込んだ」(音楽関係者) 1983年5月生まれ。3人兄弟の末っ子。美空ひばりファンの母親からひばり演歌を聞かされて育った。5歳の頃、ちゃぶ台に乗ってひばりの「みだれ髪」を歌い、 大受…

左から三山ひろし、北山たけし、竹村こずえ

若手演歌歌手に“新潮流” 特技や異色経歴で売り込み必死


北島サブちゃんの娘婿で、「紅白」にも5回の出場経験がある演歌歌手・北山たけしがファンとの交流イベントでバリスタに挑戦して話題になっている。バリスタとはコーヒーの専門家のこと。コーヒーが大好きでブラック派という北山は20日、バリスタの衣装に身を包み、慣れないアートラテに挑戦。「難しかったですね」と苦笑いだったが、若手演歌歌手が「歌」という本業以外で話題をあおるのは何も北山に限ったことではない。むし…

北島三郎(左)と三山ひろし(右)/(C)日刊ゲンダイ

北島三郎去りしNHK紅白歌合戦 「男性演歌枠」は大激戦


北島としては自分の後釜に娘婿の北山たけしを据えたいところですが、ヒット曲もないし、人気もイマイチではゴリ押しもできない。年々、演歌は出場枠を減らしているだけに“北島枠”を狙う演歌勢は多いし、鼻息は荒い」(音楽ジャーナリスト) 今年も演歌勢は藤あや子、香西かおり、坂本冬美、石川さゆりといった女性陣は“当確”だが、当落線上で激しくシノギを削っているのが男性陣である。 「とくに新人が激戦。昨年、初出場…

「紅白出場」は昨年引退/(C)日刊ゲンダイ

“右腕”の逝去で大揺れ…北島三郎「演歌王国」崩壊の足音


すでに“暖簾分け”という形で山本譲二、小金沢昇司といった人気歌手は独立しているため、残っているのは北島の次女と結婚した北山たけし、原田悠里くらいだ。 「御大はとにかく娘を溺愛している。会社は長男に継がせましたが、演歌界の金看板である“北島三郎”は娘婿の北山に継がせようとあれこれ策を練っています。しかし、自ら退いた紅白の“サブちゃん枠”をすんなり北山が相続できるかどうかはビミョーな状況。演歌冬の時…

後継ぎになれなかった小金沢(右)と山本譲二(左)/(C)日刊ゲンダイ

北島一家“離散”…本当の家族に敗れた「次男」小金沢昇司


相次ぐファミリーの独立には、北島の次女と結婚した北山たけし(39)が大きく関係している。 「北島は娘を溺愛。自分の後継者は娘と結婚した北山にすると決めているようです。昨年で北島が引退したNHK『紅白』に、北山は05年から09年まで5年連続で出演。今後の“サブちゃん枠”は北山で決定と言われています。ずっと『北島ファミリー』として仕えてきた山本や小金沢が独立したのは、『自分が後を継ぐ目はない』と悟っ…

北島の紅白引退が波紋を呼んでいる/(C)日刊ゲンダイ

北島ファミリー崩壊? ささやかれる小金沢クン独立の背景


「北島ファミリーは鉄の結束を誇っていましたが、状況が変わったのは北島の次女が北山たけしと結婚してから。一家で最も発言力のある北島の妻の雅子夫人が娘婿である北山を気に入り、古参の小金沢の影はどんどん薄くなった。北島の紅白引退のバーターで、NHKへの北山の売り込みが進めばますます自分の居場所がなくなる。ならば独立、という判断だったのでしょう」 いくら身内可愛さとはいえ、山本譲二に続いて小金沢までい…

サブちゃんなしの年の瀬なんて…/(C)日刊ゲンダイ

北島三郎 「紅白」勇退でますます気になる“後継者問題”


しかし、その「若手」とは娘婿で事務所の後継者である北山たけし(39)であることは明らかだ。「娘婿やお弟子さんを出したいですよね?」という質問には、「そんなことはないですよ」とけむに巻いたが、「北島の紅白引退は娘婿とのバーター」とは、さる芸能関係者の話。 「04年にデビューした北山は新人賞を総ナメにしたものの、その後は鳴かず飛ばず。6年前に一番弟子の山本譲二が独立してからは、事務所の後継者問題に頭…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事