日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

桜田義孝特集

経団連定時総会でもあいかわらず三本の矢

「統計詐欺」に頼るしかなくなったアベノミクスの末路


それを受けて、安倍側近の桜田義孝自民党行革推進本部長は5月に、「経済政策立案に際して“勘と経験と思い込み”に左右されがちであり、各種統計データの整備、分析について見直すべき」とする同本部としての提言を安倍に提出した。その黒幕は山本だったとされる。 そこで今度は日銀が動きだして、内閣府発表の2014年度の名目GDPは490兆円、実質0・9%のマイナス成長だが、日銀統計調査局が独自の方法で計算すると…

「間違っている」と会見を開いた元慰安婦たち

もうバレた 日韓“不可逆的”合意のウソを元慰安婦が痛烈批判


折しも安倍首相のお友達、桜田義孝衆院議員が「(慰安婦は)職業としての娼婦、ビジネスですよ」「キーセンパーティーは韓国の外交、商業活動」と暴言を吐いたばかり。改めて、この問題で「不可逆的解決」なんて、政府の口先方便であることがハッキリした。 来日したのは、ソウル近郊広州市で元慰安婦が暮らす「ナヌムの家」から来た李玉善さん(90)と姜日出さん(89)。戦時中に旧満州(中国東北部)で慰安婦をさせられた…

常軌を逸している

歴史認識も二枚舌 安倍首相の反知性と薄っぺら


たとえば、自民党の桜田義孝元文科副大臣の一件。14日に党本部で開かれた会議で、桜田は従軍慰安婦について「職業としての売春婦だった。それを犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に惑わされ過ぎだ」と発言した。 これが問題視されると、安倍は「日韓両政府は最終的かつ不可逆的に解決した。これに尽きる。政府関係者や与党関係者はこれを踏まえ発言してもらいたい」と答弁。これを大マスコミは「首相、桜田発言に不快感…

問題発言が多い桜田義孝議員

「慰安婦は職業」 日韓合意ブチ壊す桜田議員は舌禍の常習


14日の自民党の外交関係合同会議で、桜田義孝元文部科学副大臣(66)が、韓国の慰安婦問題に関し「職業としての娼婦、ビジネスだ。それを犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に、(日本は)惑わされ過ぎている」と発言したのだ。 慰安婦問題をめぐっては昨年末、日本政府が旧日本軍の「関与」と「責任」を認め、日韓合意したばかり。合意では「日韓両政府が国際社会で慰安婦問題の批判・非難を自制する」「最終的かつ不…

青ざめる展開もあり得る/(C)日刊ゲンダイ

首都圏71選挙区 野党次第でオセロのような“逆転現象”も


自民の1回生はみんな得票率が30%台だったから、野党へのアゲンストがやめば、ひっくり返されますよ」(地元選挙関係者) 千葉では生活の党から維新に移った太田和美が8区の野党統一候補になって自民・桜田義孝に挑む。4区の野田佳彦は堅く、1区の田嶋要も優勢。2、6、9区は接戦だが、うち2、9区の自民は1回生だから、野党がまとまれば、吹っ飛ぶ。首都圏の71選挙区で、野党がオセロ現象を起こせば、安倍自民が青…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事