日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

浦沢直樹特集

漫画家ならではの視点で語り合う

漫画好きには堪えられぬ「浦沢直樹の漫勉」ディープな時間


【連載コラム「TV見るべきものは!!」】 東京・世田谷文学館で開催中の「浦沢直樹展・描いて描いて描きまくる」(今月31日まで)を見た。 迷路のような壁面を埋めつくす、膨大な量の原稿。しかもその一枚一枚が、当たり前だが、手で描かれた一本ずつの「線」で出来ているのだ。「YAWARA!」も「20世紀少年」も、こうして生み出されたかと思うと感動すら覚えた。 そんな浦沢が、これぞという漫画家たちの“創作の…

代表作多数の浦沢直樹さん

「遠くから自分を見下ろす」 漫画家・浦沢直樹の人生哲学


丸山ゴンザレスさん

丸山ゴンザレスさん 木村政彦の自伝が人生のバイブル


子供の頃、行く先々で危険に遭遇する考古学者を描いた浦沢直樹の漫画「MASTERキートン」の影響があったという。同様に、中学時代に出合った木村政彦の「わが柔道」(1985年、ベースボール・マガジン社)も、中学時代の丸山さんの好奇心を刺激した。 「ベストセラー『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で広く知られるようになった柔道家の自伝です。私も柔道をやっていたので、昭和を生きた柔道家のトレーニン…

6月11日に映画「サブイボマスク」が公開

平愛梨 新橋のサラリーマンを応援「元気になって欲しい」


2010年に浦沢直樹原作の映画「20世紀少年」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。現在は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)、「もしもツアーズ」(フジテレビ系)などに出演。6月11日に映画「サブイボマスク」が公開される。…

ドキドキしながら読んだっけ/(C)日刊ゲンダイ

“マチコ先生”の漫画家えびはら武司さん「幸運続きの人生で」


今どきのオシャレなカフェだが、店内の壁は浦沢直樹、鈴木伸一、江口寿史など錚々たる漫画家が描いた自筆のキャラクター漫画で埋め尽くされている。もちろん、えびはらさんの「マチコ先生」も店に入ってすぐの目立つスペースでお客さまをお出迎え。 「去年、平松伸二先生に教えていただき、店に来て描きました。描くと飲み食いがタダになるってウワサが広まって漫画家が来るようになったらしく、去年の忘年会もここにお世話にな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事