日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

櫻井幸雄特集

ババを引かないためには“選球眼”を磨くしかない

不動産暴落サイン続々 穴場エリアと買っていいマンション


西台駅から徒歩4分の『パークホームズ板橋蓮根』などは悪くないと思います」 ■郊外なら越谷レイクタウン 住宅評論家の櫻井幸雄氏が薦めるのは、世田谷区、杉並区、大田区のマンション。ただ、人気のエリアだし、アベノミクスでかなり値上がりしているのでは? 「駅から徒歩10~15分まで選択肢を広げると、武蔵小杉や国分寺よりも割安感のある物件が見つかるはずです。小田急線の祖師ケ谷大蔵駅から徒歩15分の新築『ウ…

上物は立派でも…

過去にも似たトラブルが 横浜に建つマンションはなぜ傾く?


■昔は不人気エリアだった 住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。 「昭和時代は坂が多く、複雑な地形の横浜は嫌われていて、住みたがる人は多くありませんでした。地震などの災害を考えると、不安に感じる人が少なくなかったのでしょう。もっとも、現在は建築技術が相当に進歩している。ボーリング調査をしっかりやり、キッチリと設計して建築した建物であれば、心配いりません」 ハイカラでオシャレな“横浜ブランド”のイメ…

人生最大の買い物だけに…

マンションが傾いたら…リスクの減らし方を専門家が指南


住宅評論家の櫻井幸雄氏が言う。 「今回のようなケースを購入前に見抜くのは難しいですが、ただ、私がこれまで見聞きしてきた工事ミスや欠陥住宅は、相場が安かった時期の物件というケースが多い。最近なら03~04年と、リーマン・ショック以降にマンションが売れなくなった2010年の物件です。売れない時期はどうしても安く造らざるを得ないし、そうなると、下請けや孫請けに流れるお金が少なくなる。10回やるべき検査…

「不動産の法則」櫻井幸雄著


(ダイヤモンド社 1600円+税)…

旭化成建材本社に立ち入り検査に入る国交省

データ偽装300件 旭化成建材は「営業停止1年もある」と専門家


住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。 「横浜市の傾斜マンションでは、人命や財産がリスクにさらされている。世間一般の感覚からいえば、関与した従業員はもちろんのこと、経営陣の逮捕があってしかるべきでしょう。しかし、現行法ではそこまで踏み込むのは難しい。考え得る最も重い処分が建設業法違反による『営業停止』。通常2週間ほどですが、旭化成建材のケースは厳罰が予想されます」 営業停止期間は最長1年。旭化成建…

住人の不安は置き去りのまま…

傾斜マンション問題 時間稼ぎが否めない業者の「不可解調査」


やみくもに大量の図面を引っくり返すのは非効率的で、調査を長引かせるだけです」(住宅評論家・櫻井幸雄氏) 改ざんが新たに見つかっても、現地の地盤調査の結果が出るまで最低1~2カ月はかかる。前出の堺常務は会見で「該当施設の地盤調査を実施したうえで、さらに支持層に達していない杭が見つかってから、初めて関係する住民や自治体に報告する方針」と語った。 これでは調査対象マンションの住人の不安は延々と解消され…

すぐ売れるのは富裕層向けだけ/(C)日刊ゲンダイ

買い控えムード蔓延 8月マンション発売「49%減」の衝撃


同研究所は「契約率を押し上げる人気の大型物件がなかった」と指摘するが、住宅評論家の櫻井幸雄氏はこう言う。 「そもそも8月は盆休みで客足が鈍るので、一般的に供給も抑え気味になる。それに消費増税前の駆け込み需要で大幅増となった昨年8月の反動と見る向きもありますが、マイホームを買おうという購買意欲も5、6月ごろから下がってきていたことも大きい。消費増税で物価が高くなった割に思ったほど昇給もせず、買い…

大化けするか/(C)日刊ゲンダイ

坪340万円 野村不動産が仕掛ける「立川ブランド」


■新宿・富久町のマンションに匹敵 住宅評論家・櫻井幸雄氏はこう言う。 「プラウドタワーは商業施設と一体のマンション。立川は停車駅の少ない中央線快速沿線で、さらに特快だと新宿まで25分と好条件は揃っています。それでも、坪340万円はかなり強気の価格設定です。最近完売した新宿・富久町の55階建てマンションの平均価格と同じくらいですから。確かに、都心では秋くらいから坪単価が大幅にハネ上がるとみられ、…

写真はイメージです/(C)日刊ゲンダイ

大手だからと信用できない! 「欠陥マンション」の対処法


分譲マンションの場合、そのくらいの時期に大規模修繕を行うので、そこで欠陥が見つかるケースも多い」(住宅評論家・櫻井幸雄氏)という。 ただし、それでも解体、建て直しまで至るのは珍しく、多くは補修工事で対応できる。問題はそれ以上のケースだ。 「万が一の時に責任をとってもらえる会社かどうかもチェックする必要があります。南青山のマンションの場合、販売先の三菱地所は解約に手付金、迷惑料を含め3倍返しだった…

消費増税前よりチャンス マイホーム購入「年収別損益分岐点」


■狙い目は4000万円台の新築マンション では、お得感をアップさせるには、どんなコツがあるか?住宅ジャーナリスト・櫻井幸雄氏が言う。 「住宅ローン減税は、ローン残高が大きいほど恩恵が大きいため、低所得世帯の方がうまみが少ない。だから、頭金を入れない方がベターで、表も大体そうなっています。物件の狙い目は都心で、再開発が見込まれるエリアの新築マンション。東京なら、湾岸エリアは五輪特需が大きく、値上…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事