日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

杉山愛特集

試合後の会見では「硬かった」と/(C)AP

杉山愛ママも絶賛 錦織の快進撃で注目集まる親の「育て方」


並の覚悟でできることではありません」 「あの両親でなければ、今の圭はない」と語るのは、元プロテニス選手・杉山愛の母親で、09年に錦織のリハビリコーチも務めた杉山芙沙子氏だ。 「ご両親は圭くんの才能に早くから気付いていたようですが、焦って結果を求めるようなことは決してしませんでした。テニス選手以前に、人としての成長を重要視していたようです。09年、圭くんの右肘手術後のリハビリコーチとして、私に依頼…

前審査委員代表の永井一正氏(左)

審査員に“戦犯”の影 新五輪エンブレムまた出来レース懸念


ソフトバンクの王貞治球団会長や元プロテニス選手の杉山愛さんらスポーツ界の代表も、ズブの素人です。デザインのプロが最終審査をリードするのは間違いありません」(デザイン業界関係者) 組織委は最終候補の公開後、1週間から10日間かけて国民の意見を募集。最終審査の参考にするというが、審査員たちの議論と投票は前回に続き非公開の予定だ。 デザインのプロの人選がこれだけ偏っていると、再び「密室審査の出来レース…

段階を追うごとに料金はハネ上がる

43歳で費用1000万円も…意外に知らない「妊活」とお金


元プロテニス選手の杉山愛(40)も今月、第1子を出産している。 2人に共通するのは「妊活」だ。結婚後数年しても子宝に恵まれず、不妊治療に踏み切った末に赤ちゃんを授かった。35歳を越える高齢出産の裏側には、隠された努力があるのだ。 そもそも「妊活」とは何をするものなのか、まずは基礎知識から。図1は妊活のステップを示したものだ。似たような言葉が並んでいるが、段階を追うごとに人の手が加わり、料金がハネ…

あとは発売するだけだった…

上重アナ問題に大沢あかね“怒り心頭” コラボ企画がお蔵入り


加藤やテリー伊藤(65)、杉山愛(39)の意見も取り入れ、海外工場とのやりとりを経て昨年12月には最終サンプルが完成。1年間に及ぶ大プロジェクトで今春には完成しているはずだった。ところが、上重の一件でプロジェクトはお蔵入り。これに大沢の愚痴が止まらないという。 「もうデザインも終わってサンプルを作って、あとは発売するだけだったので“上重さんのが出ちゃって最悪。せっかくみんなで作ってきたのに、よ…

上重アナの「スッキリ!!」降板はあるのか

上重アナいじり大笑い 加藤浩次「スッキリ!!」安泰いつまで


加藤に関しては、そうした社内事情も関係があるでしょう」(芸能デスク) 新コメンテーターの高橋真麻、杉山愛らと並び、高笑いする加藤にはワケがあった!?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事