日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

桜井充特集

桜井氏(左)と合言葉は「やりがい!生きがい!熊谷!お願い!」の熊谷氏

【宮城】閣僚クラスが続々入って 自民党が必死のテコ入れ


改選数が2から1に減り、自民と民進の現職同士の一騎打ちという構図に加え、自民支援者の間で「宮城は桜井充でいいべ」という声が広がるほど、再選を目指す自民・熊谷大の評判が悪いからだ。 公示後初の土曜日だった25日、安倍首相は宮城に全力投球だった。公示前も合わせると熊谷の応援は2回目で、この日は4カ所の遊説をこなしたが、「気をつけよう、甘い言葉と民進党」とお気に入りのフレーズで野党共闘をののしるだけで…

政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏の獲得議席予想

参院選徹底予想 注目の「1人区」野党に勝機の“12選挙区”


■参院選当落予想 北海道(改選数3) ○長谷川岳 45 自現 △+柿木克弘 48 自新 ○徳永エリ 54 民現 △-鉢呂吉雄 68 民(新) 森英士 38 共新 青森(改選数1) △-山崎力 68 自現 △+田名部匡代 46 民(新) 岩手(改選数1) ▲田中真一 49 自新 吉田恭子 35 共新 △未定 無新 宮城(改選数1) △-熊谷大 41 自現 △+桜井充 59 民現 秋田(改選数1)…

国際医療福祉大学

天下り官僚が暗躍か 私立医大“特区”認可にデキレース疑惑


17日の予算委でこの問題を追及した民主党の桜井充参院議員が入手した資料を見ると、元文部省事務次官や元厚生省保健医療局長、元厚生省健康政策局長など、官僚OB6人が大学の副理事長や学長などを務めていたことが分かる。 文科省担当者は予算委で、「大学に再就職した中央省庁の勤務経験を有する者は、文科省からの2名と厚労省から2名、財務省から1名と警察庁から1名」と認めていた。福祉大の認可について、“見えざる…

維新と民主は“解党”への動きが表面化

野党再編の動き急加速も…反安倍「新党」結成に2つのネック


たとえば、宮城選挙区から出馬する民主党の桜井充氏(59)は、ブログで<この執行部のままで、来年の参議院選挙を戦ったら、惨敗することは目に見えている。早期に、野党再編を行い…>と新党結成を要求している。たしかに、不人気の民主党のままでは苦戦必至だが、清新な新党が誕生すれば、国民の期待を集める可能性がある。 さらに、民主党の解党に一番強く反対するとみられていた参院のドン・輿石東氏(79)も、「この…

五輪招致で世界に大見えをきった安倍首相

「東京に原発事故の影響あった」 政府が証明した安倍首相の嘘


18日の参院環境委員会で、民主党の桜井充議員の質問に対し、環境省や厚労省、望月義夫環境相が、原発事故の影響が都内にあったことを次々に明言。五輪招致の際、「東京は原発事故の影響なし」と大見えを切った安倍首相が、世界に大ウソをついていたことが証明された形だ。 委員会で、東京都の指定廃棄物(放射性濃度の高い廃棄物)について聞かれた環境省の鎌形浩史・廃棄物リサイクル対策部部長は、「原発の事故に伴って出…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事