日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森田正光特集

武勇伝は山ほど/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

気象予報士・森田正光 深酒寝坊で生番組に穴開けていた

気象予報キャスターの元祖、森田正光さん(64)は知る人ぞ知るお酒好きでもある。一人酒より気の置けない友人、知人と飲むことが多く、酒席ではとにかく明るく楽しい。その半面、武勇伝も枚挙にいとまがない…。 酒での失敗って、お恥ずかしい話、けっこう多いんですよ。 転んで顔面にケガをしたり、コートや上着を利用した飲食店に忘れたり、ビジネスバッグもよく置き忘れたなあ。 私は財布…

豪雨はこりごり/(C)日刊ゲンダイ

台風よりはるかにヤバイ 温帯低気圧が引き起こす爆弾豪雨

勢力ダウンにホッとした人もいるかもしれないが、「そんなに甘くはない」と、気象予報士の森田正光氏がこう言う。 「中心付近の最大風速が毎秒17メートル以上が台風で、それを下回るのが低気圧です。台風も低気圧も、南から雨の材料となる湿った空気を引き込む力があります。今回のように台風が温帯低気圧に変わるときは、寒冷前線が影響しています。つまり、北からの寒気と南からの湿った空気…

あらゆるエリアで起こる可能性/(C)日刊ゲンダイ

猛烈台風は秋まで続く 「殺人豪雨」次に危ない地域

気象予報士の森田正光氏が言う。 「今回の豪雨は、本州の南に停滞していた太平洋高気圧と、九州西部から朝鮮半島の西に向けて北上した台風12号の気圧配置が強く影響しました。東に高気圧、西に台風がポイントです。この配置だと、高気圧と台風の“へり”に向かって、南からの湿った風がダブルで吹き込んでくる。2つの南風がちょうど高知付近で重なり、それが四国山地にぶつかって、上空に次か…

None

「明るい天気オタク」 気象予報士・森田正光の“身上書”

AKBメンバーが多数レギュラーのTBS「ひるおび!」の別コーナーで大活躍している森田正光氏(63)。ユニークな造語でお天気予報を親しみやすくした第一人者だ。 ■伊勢湾台風 9歳の時に、伊勢湾台風を体験した。停電になった部屋の中で、兄が自転車のヘッドランプの明かりを家の中で照らすために必死にこいでいた。強烈な光景のため、気象予報士になった遠因のひとつといわれている。 …

(株)ウェザーマップ 森田正光社長

社長の本棚

【(株)ウェザーマップ】森田正光社長

森朗さんは36歳で気象予報士に転身

喜怒哀楽のサラリーマン時代

森朗さん転職を相談した課長が3分考え言い放った一言

開局したばかりの東京MXとの契約が、予算の都合で1年半ほどで切られた時も、森田正光さんがウェザーマップの正社員で雇ってくれました。サラリーマン時代の年収550万円からは少し給料が下がったけれど、本当に僕は運がいい。 今も「ひるおび!」で恵俊彰さんに出会えた。恵さんが明石家さんまさんと出演した舞台「七人ぐらいの兵士」を見に行った後、あまりに2人のかけ合いが面白かった…

年収10倍というわけにはいかないか

NHKからTBSへ 気象予報士・井田寛子の年収いくら上がる?

「“王者”はなんといっても森田正光さんです。かつてテレビ番組で“一番稼いだ年収は9000万円”と語ったことがある。2番目は石原良純で帯番組を持っていた時の年収は5000万円、単発出演でも1本30万円などといわれています。ただし森田さんは気象会社『ウェザーマップ』の社長業としての収入もあるし、良純にしてもタレントとしての要素もありますから、この2人と同列に論じること…

「ひるおび!」陰の功労者

「ひるおび!」お天気 森朗氏の仕掛けが“パワーアップ”のなぜ

せっかくの人材だから、番組サイドもコーナーのテコ入れに乗り出したのでしょう」(テレビ関係者) 森氏は森田正光氏が社長を務める「ウェザーマップ」所属の気象予報士。慶応大学卒業後、鉄鋼メーカー勤務を経て資格を取得した変わり種だ。 「気象予報士の人気ランキングでいえば、長らく『とくダネ!』の天達武史氏がトップを張ってきました。今のところ森氏はまだランク外ですが、番組が売り…

アマ将棋3段の腕/(C)日刊ゲンダイ

将棋“芸能界最強”つるの剛士に気象予報士・森田氏「待った」

ところが、将棋通のひとりで、同じくアマ3段の気象予報士・森田正光さん(64)が言った。 「つるのさん? Eテレは毎週見てますよ。詰め将棋を解く時間は早いし、対局の手順などプロ棋士への質問も鋭い。対戦経験はありませんが、ずっと“この人、強いなぁ”と思ってました。芸能界最強? う~ん、どうかなぁ。最強レベルかもしれないけど、一番強いのは森本レオさんでしょ。テレビを見る…

排水能力が間に合わない/(C)日刊ゲンダイ

ゲリラ豪雨より怖い“分殺雷雨” 危ない地名は「谷・沼・泉」

気象予報士の森田正光氏が言う。 「1時間に45ミリといっても、正味10~20分ほどで降ったもの。1時間降り続いていれば100ミリを超えていたはず。短期集中型だったのです。それで、排水能力を超えた水が行き場を失い、マンホールからあふれ、相対的に低い、くぼ地に集まって、被害をもたらしたのです」 水没した車の運転手は“池”の水が濁り、道路との色の違いに気づかずに“池”に…

None

過去最大は29.6センチ 「殺人ひょう」襲来の恐怖

■ミカン大のひょうが降ることも 気象予報士の森田正光氏が言う。 「三鷹や調布に大量のひょうが降ったのは、関東から東日本にかけて寒気で覆われ、大気が不安定になったためです。そこで上昇気流が生じ、南からの湿った空気が冷やされ、氷の粒ができた。その粒が重力の影響で落ちようとするのですが、上昇気流に押し戻されてしまうため、氷の粒が落ちたり上がったりするうちに、粒が大きくな…

バケツをひっくり返したよう/(C)日刊ゲンダイ

各地でゲリラ豪雨…梅雨前線は九州なのに全国で被害の理由

気象予報士・森田正光氏が言う。 「日本の南にある低気圧は、東側の移動性高気圧にブロックされ、停滞しています。そこに向かって、南からの湿った風が吹き込み続け、北からの寒気とぶつかったため、豪雨が続いたのです。だから、梅雨前線の影響ではありませんでしたが、あす12日にかけては前線の足が東に延びるため、関東から東海の太平洋沿岸は前線の影響も重なって大雨になりそうです」 ■…

砂漠並みの猛暑はウンザリ/(C)日刊ゲンダイ

エルニーニョでも猛暑? 専門家が警告「おかしな気象続く」

もう去年のような砂漠並みの猛暑はウンザリだが、気象予報士の森田正光氏はこう予想する。 「この夏は、南アメリカのペルー沖の海面水温が上昇するエルニーニョ現象の発生が予想されています。エルニーニョの年は、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧の張り出しが抑えられて、日本の南に下がる。湿った南風が日本列島に吹き込みにくくなり、冷夏になりやすいのです」 予報通り冷夏になれば11年ぶ…

None

「センター試験日」の東京 なぜ雪が降りやすいの?

気象予報士・森田正光氏が言う。 「きのうは、関東の南側にある低気圧から流れ込んだ湿った空気が、北からの寒気で冷やされ、雪になりました。週末の土曜日は、低気圧がもう少し関東の近くで発生する見込み。それに伴って降雪エリアが北側にズレ、東京でも雪が降りそうなのです」 1990年から昨年まで24年間、センター試験が行われた週末(2011年からは1月13日以降の最初の土日)…

None

東京もヤバイ…この冬の大雪 “犯人”は温暖化だった

「ここ3年の寒波は、温暖化が原因なのです」 こう言うのは、気象予報士の森田正光氏。平均気温が上がれば寒さが和らいで、快適に過ごせそうだが、朝晩は耳がちぎれそうな寒さで、通勤がつらい。気象のプロによれば、このパラドックスは、間違いなく温暖化で説明がつくという。 「温暖化で北極圏、特に欧州の北の氷が解けています。海面が露出しているところは、氷があるところより相対的に気…

None

25日の暴風雨は前触れ? 爆弾低気圧が東京に吹雪を呼ぶ

気温の下げ幅は、地域によって10度近くにまでなることもあります」(気象予報士・森田正光氏) 気象庁が発表した12~2月の3カ月予報によると、この冬は全国的に例年より寒くなるという。温暖化といいながら、この2、3年、冬は決まって寒い。北極の寒気がシベリアをつたって日本列島に向けて南下する傾向があるためだ。 爆弾低気圧は寒気があるときほど発生しやすい。シベリアからの寒気…

None

森田予報士が警告 W台風で26号を上回る豪雨と突風に襲われる

気象予報士の森田正光氏に聞いた。 「26号とほぼ同じコースをたどる27号によって、南から湿った風が送り込まれ、秋雨前線が刺激されます。前線は九州から関東にかけて伸びているため、かなり広い範囲に雨が降る。26号は時速50キロで日本付近を通過しましたが、27号は時速15~20キロと半分以下。その分だけ、雨が長引く。しかも27号が関東地方に近づく26日ごろには、中国大陸か…

None

10年で最強…列島を直撃する巨大台風、今年はなぜ多い?

気象予報士の森田正光氏によると、「関東地方に上陸した台風は、70年代が3個、80年代に6個、90年代に8個」だけ。今回は上陸はなかったが、先月16日の18号に続いて首都圏をかすめた。 気象庁は「単なる誤差の範囲」というが、今年は深刻な台風被害を散々見せられてきただけに、何かの異常気象かとも疑いたくなる。 ちなみに、03年から昨年までの台風の上陸数を調べてみると、1位…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事