日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊藤蘭特集

(C)日刊ゲンダイ

伊藤蘭 バツイチ水谷豊とハワイで極秘電撃婚


<1989年1月> 田中好子、藤村美樹とともにキャンディーズを結成し、70年代のアイドルシーンをリードした伊藤蘭。78年のキャンディーズ解散後は一時、“普通の女の子”に戻っていたが、80年の映画「ヒポクラテスたち」で芸能界に復帰。その後もドラマや舞台などで活躍を続けていた。 伊藤は82年に連続ドラマ「あんちゃん」(日本テレビ系)で水谷豊の妹役を演じた。その際、すっかり意気投合。2人は息の合った演…

加藤茶、伊藤蘭と久々共演

志村けんブーム再燃の裏にある“本物芸人”不在とTV界の焦り


西田敏行や伊藤蘭らも出演する期待の番組だ。 ちょっと前には同じくNHK─BSプレミアムの「これがホントのニッポン芸能史」でビートたけし、所ジョージらと熱いトークをかわした。現在の志村のレギュラー番組といえば、「志村座」(フジテレビ系)と「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ぐらいだが、ここにきて急に活躍の場が増えたのはなぜなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「“テレビの劣化”に当のテレビ…

冷静沈着な右京刑事にも“過去”がある

水谷豊 テキサス出身“青い目の妻”との結婚・離婚騒動の裏側


伊藤蘭との間にできた一粒種・趣里が女優デビューを果たすなど公私共に絶好調。ゴシップも少なく芸能界の優等生という印象だが、かつて一度だけスキャンダルに見舞われた。米テキサス州出身の青い目の女優ミッキー・マッケンジーとの結婚・離婚である。 きっかけは79年4月7日スタートのドラマ「熱中時代・刑事編」での共演。主演の水谷は新米刑事、ミッキーはその恋人の役。その2人がめでたく結婚するというストーリーで…

俳優・演出家の岩松了氏(左)と趣里

バレエ挫折…水谷豊の娘・趣里が出合った「第2のお父さん」


両親である水谷豊(63)と伊藤蘭(60)と同じ芸能界で、女優として歩みだした趣里(25)は、思うに任せぬ日々の中、映画や舞台を見ていると……。 ■私個人として生きていいんだ、って 世界観が好き。まだバレエをやっていた時ですが、空間が落ち着いていて、この中に入りたいって思った舞台と出合ったんです。 岩松了さん(63)演出の「シェイクスピア・ソナタ」(2007年)という作品。そこまで思ったのも初めて…

10カ月の充電期間を経て…

“放送禁止用語”を連呼 吉高由里子が復帰舞台でみせた本領


「舞台慣れした趣里(伊藤蘭と水谷豊の愛娘)と比べるとセリフの抑揚など物足りない感じはあるものの、吉高は母親との確執に悩む娘という役どころでピーターパンさながら宙吊りにも挑戦し、体を張っていました。放送禁止用語のセリフも、朝ドラ女優には言えないだろうと思う観客の心理を逆手に取り、予想を裏切って大きな笑いを取る手法。吉高あっての演出でしょうね」(前出の観客) 公演途中に休憩を挟むものの、計3時間に…

ほんわかコンビ/(C)日刊ゲンダイ

週末夕方に15%高視聴率 「人生の楽園」人気の秘密は?


初代ナレーターはいかりや長介&伊藤蘭。いかりやの後を西田敏行、伊藤の後を菊池桃子が引き継ぎ、現在に至る。視聴者に語りかけるような味のあるナレーションが番組を盛り上げる。 土曜18時台は天気によっても季節によっても在宅率が左右される。しかし、「人生の楽園」は常時10~12%、時には15%の視聴率を獲得する隠れた名番組で、最近では視聴率の週間ランキングにも顔を出すほど。 ■西田&桃子のほんわかコン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事