日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

栗山千明特集

栗山千明が不倫の恋に身を焦がす

バブル臭プンプン 栗山千明「不機嫌な果実」の時代錯誤


夜11時台の割に栗山千明、市原隼人、萬田久子、稲垣吾郎と豪華なキャスト。スマホが出てくるから時代背景は今なのに、中身は80年代バブル期のにおいがスゴくする。 原作は96年刊行の不倫小説で、翌97年に一度ドラマ化しているのに、なぜ20年後にまたドラマにするのか、理解できないくらい、現在とのギャップがある。 まず設定は結婚5年なのに、セックスレスで夫婦関係が冷えてる女(栗山)が再会した昔の彼と関係…

None

ドラマで主役食う存在感 片桐仁の“顔芸”に高まる期待の声


「金曜ナイトドラマ枠は、前作『不機嫌な果実』で主演の栗山千明と橋本マナミがセクシーシーンを連発し高視聴率を挙げただけに、『グ・ラ・メ!』の落ち込みが目立つ。とはいえ、剛力にセクシーシーンは期待できないので、今は豪華脇役陣に期待が集まっています。その核となるのが片桐。『99.9』では片桐自身をイメージした役どころを与えられて、連発するアドリブが視聴者にも大受けしました。今作ではそのアドリブパワー…

10代のカリスマだった岡本玲

元「ニコラ」伝説モデル岡本玲 CM起用で再注目までの軌跡


何しろ、新垣結衣や栗山千明、西内まりやなど、そうそうたるメンバーも所属していたファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして、5年連続人気投票1位、表紙登場回数25回という記録ずくめの偉業を達成し「ニコラ伝説」となっている「10代のカリスマ」だったのだ。 「当時は雑誌で岡本が使用したものは何でも問い合わせが殺到し、“岡本が触れば売れる”という伝説もあった。そのため、ファッションブランドなどからは岡…

最近めっきりテレビで見かけないけど…

水卜、笹崎…日テレ後輩アナ続々で葉山エレーヌ“孤軍奮闘”


もっか、1児のシングルマザーだが、この日は総合オフィシャルサポーターを務める栗山千明(30)や、バイオリニストの宮本笑里(31)らに質問を投げかけ、1時間のイベントをソツなく回したのであった。 日テレはミトちゃんをはじめ、銀座のクラブホステスのバイト歴が問題となった新人の笹崎里菜(23)といった優秀な後輩アナがゾクゾク。頑張れ、エレーヌ。…

左上から時計回りに、島崎遙香、能年玲奈、橋本環奈、佐々木希

上半期の一番人気は?「美容整形でなりたい芸能人」トップ50


この結果に対し、ネット上では<栗山千明が40位でぱるるが1位とかおかしい><杏ちゃんより下に堀北真希や能年やガッキーが入ってるのはおかしいと思う>と納得のいかない様子のファンも。 <綾瀬はるかはいないの?><長澤まさみが入っていないとは…><西内まりやは圏外?>と人気の芸能人が入っていないことに疑問の声も上がる一方、AKBのメンバーが多くランクインしていることについて、高須院長がブログでAKB…

絶賛/(C)日刊ゲンダイ

すっぽんぽんで…篠山紀信ベタ褒め 筧美和子撮影秘話


中森 栗山千明や吉野紗香、安藤聖、水谷妃里…。「少女たちのオキナワ」(97年)では山田優、まだ誰も知らない満島ひかりも撮っているわけですから、本当、凄い。 ■「表現のためなら脱ぐ」アイドル減った 篠山 70~90年代の「激写」のころは、アイドルも「表現のためなら脱ぐ」と平気で考えていたし実現もした。今の女のコたちも一定数は昔と変わらず、有名になりたいという野心を持ち、脱いだって構わないと思って…

厚労官僚役の仲村トオル/(C)日刊ゲンダイ

「バチスタ4」1ケタ低迷…仲村トオルの演技に「濃すぎ」の声


脇役陣も柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明と、それなりに達者な役者が揃っている。 「ただちょっと、仲村さんの演技が濃すぎる感じがするんです」とは、ある制作スタッフだ。 「仲村さんは30年のキャリアがあるベテランで、もちろんうまい。ただ、シリーズ物ではよくあるんですが、回を重ねるごとに役柄に入り込みすぎてしまう。たとえば、仲村さん演じる白鳥も、より白鳥らしく演じようと1作目、2作目に比べてどんどん“濃い…

黒木メイサは世間的には5位/(C)日刊ゲンダイ

実写版ルパンに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子」の声


ちなみに、ダントツの1位は藤原紀香で、以下、(2)杉本彩(3)米倉涼子(4)吉瀬美智子(5)黒木メイサ(6)小嶋陽菜(7)栗山千明(8)篠原涼子(9)山田優(10)鈴木京香と続く。 「10年前なら間違いなく紀香で決まりだったんでしょうが、ルパンを演じる小栗旬(30)とは、年齢的に釣り合わない。紀香自身も『赤旗』に登場するなど、最近は女優業以外の活動に熱心です。米倉はアリかもしれませんが、主役を食…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事