日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

木村祐一特集

居酒屋「ハル」の『ハルユッケ丼』

食通芸人・木村祐一をとりこに 魚料理がうまい居酒屋「ハル」


料理愛好家として数々の料理本を出版している食通のお笑い芸人、“キム兄”こと木村祐一(53)。グルメなキム兄の舌をとりこにしたのが魚料理が評判の居酒屋「ハル」だ。 場所は中目黒駅から5分ほど歩いた目黒銀座商店街の一角。数多くの飲食店がしのぎを削るこのエリアで、17年にわたり近隣住民やサラリーマンに親しまれてきた。 店主は元板前で15年ほど修業を重ねた末、結婚を機に独立して店をオープン。店名は「春が…

木村拓一と「ハムナッツバゲット」

おせちの残りが絶品ツマミに キム兄直伝の“お正月レシピ”


レシピ考案と調理は「キム兄」こと木村祐一。簡単なのにオシャレでおいしいキム兄の絶品つまみ、いっぺん作ってみぃ! ■ハムナッツバケット(2人分) <材料> ★かまぼこ…6枚 ・スライスハム…3枚 ・マーガリン…40グラム ・ミックスナッツ…適量 ・フランスパン…適量 (薄切りで6枚分) <作り方> ①スライスハムを半分に切って「半月形」にする。 ②ミックスナッツをラップで包み、めん棒で砕く。マーガ…

司会を務めたピースの二人

「又吉先生の講演会です」ピース綾部の“格差ネタ”に会場笑い


今年の目玉は映画部門の「事実は小説より奇なり『ドキュメンタリー』」に出品する木村祐一の「ワレワレハワラワレタイ」。キム兄が吉本芸人107組に200時間近くインタビューした中から10組を編集した作品の上映。また、5月に大腸がんで亡くなった今井雅之主演の映画「ウインズ・オブ・ゴッド」の上映など。 総合プロデューサーの奥山和由氏は「京都に来ないと見られない作品を集めた。危険な映画をやりたい」と語った。…

(C)2014 「青天の霹靂」製作委員会

劇団ひとりの監督デビュー映画に「人志よりひとり」の高評価


「世界のキタノ」は別格として、木村祐一、板尾創路、品川ヒロシとメガホンを取る芸人はゴロゴロいるが、どれもいまいちパッとしない。昨秋公開の「R100」で4作連続の大惨敗を喫した松本人志に至っては“打ち切り監督”のレッテルが貼られ、目も当てられない状況である。 監督本人が書き下ろした同名小説が原作の「青天」は、「職業監督が手がける以上に完成度の高い一本」(映画に詳しいライターの稲田豊史氏)という。…

軽い気持ちが…/(C)日刊ゲンダイ

“予備軍”はどこにでもいるが…セクハラで糾弾される男の傾向は?


木村拓哉だったら何をやってもおとがめなしで、キム兄(木村祐一)なら許されないというもの。でも、事実はそうではありません。<女性を差別するか、しないか>です」(女性ライター) セクハラに詳しい人事コンサルタントもこう続ける。 「週刊文春の記事によると、このセクハラ編集長は<腰高女が好き>と公言していたといいます。さらに、入社して間もない若い女性にターゲットを絞っていた様子も感じられる。同じセクハラ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事