日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大高宏特集

「天空の蜂」は原発が題材のサスペンス

2015年を総括! 大高宏雄の胸を打った6本の映画


(映画ジャーナリスト・大高宏雄)…

「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」大高宏雄著


(鹿砦社 1700円+税)…

世界のワタナベ/(C)日刊ゲンダイ

出足好調だが…ハリウッド版「GODZILLA」5つの疑問


日本発のゴジラ映画を世界に発信するのが本来の姿で、より大きく稼ぐべく、もっと貪欲でいい」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏) (5)続編はあるのか ハリウッド版ゴジラの続編のニュースが早くも流れている。同じ監督でしかも、モスラやラドンの登場もあるというから驚きである。「ゴジラ対モスラ」がハリウッドの優れたCG技術で描かれるのは、ちょっとワクワクする。 「日本も続編で製作に参加するくらいの姿勢がある…

4年ぶりの主演映画が大コケの様相

主演映画大コケ 悩める織田裕二に付きまとう“踊る”の残像


映画ジャーナリストの大高宏雄氏はこう分析する。 「同作品の評価は真っ二つに分かれている。感動するという声もあれば、私のように少々無理を感じる設定は我慢できても、一本の映画として見てどうかという声です。またここ数年、不治の病に侵された主人公によるヒューマンドラマの多いこと。この手のジャンルに食傷気味という観客は少なくなく、だからこそ、興収につながらないのだと考えられます」 ■「IQ246」では偏屈…

映画「インフェルノ」、主演のトム・

最新作で全力疾走 還暦トム・ハンクスは低迷洋画を救うか


低迷する洋画全体の起爆剤として健闘してほしいですね」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏) ■冒頭から始まる謎解き 前評判では謎解きが強引だったり、ストーリーにむちゃがあるという声もあるが、映画ライターの平田裕介氏は、「2作目の出来とは雲泥の差。冒頭からいい意味でやられました」と見どころをこう話す。 「主人公であるラングドン教授の視点で謎解きを楽しむ作品ですが、今作は冒頭で主人公が記憶喪失に陥ってい…

(写真左から)塩田明彦氏、白石和彌氏、園子温氏、中田秀夫氏、行定勲氏

伝統継承も狙うは女性客 日活ロマンポルノ“再起動の狼煙”


学生時代、ロマンポルノを浴びるように見ていたという映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「こんな殺伐とした時代だからこそ、リブートする意義がある」とこう続ける。 「性や官能描写をメーンに人間ドラマや社会派ドラマを描くロマンポルノ。官能とは、性にまつわる陰惨極まりない現実の写し絵ではありません。人が生きていく上でのかけがえのない彩りです。世界中を見渡しても唯一無二の存在であるロマンポルノの新作が、そ…

映画「ブルックリン」

映画「ブルックリン」はアイルランド版“三丁目の夕日”か


小規模マーケットの作品でスマッシュヒットといえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏) 今年2月の第88回アカデミー賞で、作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた作品。 「この手の作品はいわば芸術色が強い面もあり、都市部で客足が伸びる傾向がある。そこで口コミが牽引し、徐々に上映館数を増やし、長いスパンで公開していくタイプの一本。老若男女、単身、友達、カップルなど幅広い客層に支持されてい…

ジョニー・デップ人気にも陰り?

「アリス」続編は前作興収30%発進 3D時代は終わるのか?


(映画ジャーナリスト・大高宏雄)…

「キングコング対ゴジラ」

「キングコング対ゴジラ」デジタルリマスター版の感激度


(映画ジャーナリスト・大高宏雄)…

「ファインディング・ドリー」(上)と「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」の記者会見

「ドリー」など大作続編ズラリ 2016年夏映画は大混戦に


今夏の興行について、映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「例年以上に大作、話題作が集まった。大混戦が予想されます!」と、こう続ける。 「一足早く今週1日に公開する『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』に加え、『インデペンデンス・デイ』と『ドリー』の洋画3本は、前半戦で甲乙つけがたい大注目の作品。いずれも続編で、前作の興収は100億円超のメガヒットとなっている点で共通しています。邦画もEXILE…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事