日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

吉瀬美智子特集

美貌の裏に意外な苦労

吉瀬美智子 “良妻賢母”の原点は複雑な家庭とヤンキーの過去


女優の吉瀬美智子(40)が19日、都内のホテルで行われたUCCコーヒーの新商品と新CM発表会に出席した。 透明感あふれる白い光沢のドレスで登場した吉瀬は、膝上15センチのミニ丈から伸びる美脚を披露し、人妻女優ならではのオトナの色香たっぷり。 撮影用コーヒーをドリップするスタッフに淹れ方のコツを尋ねるなど、プライベートでも大のコーヒー党で、「まだ子供が寝ている間に、一粒のチョコレートとコーヒーを飲…

朝ドラ女優が上位独占/(C)日刊ゲンダイ

吉瀬美智子が「昼顔」で躍進…潜在視聴率&ギャラ最新ランク


もうひとつ注目なのは、上戸彩(29)と吉瀬美智子(39)の「昼顔」(フジテレビ系)コンビの台頭だ。上戸はこの手の調査の常連だが、吉瀬がトップ10入りしたのは初めて。社会的話題となった不倫ドラマはやはり強かった。 ちなみに同時に調査された推定ギャラを加味すると、“費用対効果率”も見えてくる。それによると、吉高、杏(28)のほか、北川景子(28)、吉瀬、新垣結衣(26)あたりが費用対効果のいい女優…

ドラマは不倫がバレて修羅場へ/(C)日刊ゲンダイ

あなたの妻は上戸彩か吉瀬美智子か…「昼顔妻」の見分け方


私の周辺では、第1子の育児の際、夫に協力してもらえなかった女性はなぜか不倫しています」(夏目かをる氏) 身に覚えはない?…

幅広い世代の女性が支持

SHIHO明かす ギャラ桁違いでも“女優転身”しなかった理由


■女優の方がゼロがひとつ多い時代 小雪、米倉涼子、吉瀬美智子など同世代はモデルから女優への転身組が活躍している。SHIHOも、ドラマ「MR.BRAIN」(09年)やNHK「トップランナー」の5代目司会者などを務め、モデルからテレビにシフトするのかと思われた。 「『自分は何の人?』という気持ちが常にあります。ひとつの軸が大事。女優業の厳しさや競争率の高さも知っているつもりです。私がモデルになりた…

「産後は企画に関わりたい」とも

第2子妊娠7カ月の優木まおみ 「3人くらい」と早くも意欲


女優の吉瀬美智子(41)も先月(26日)に第2子を出産と、35歳オーバーの出産が続いている。 「40歳を機に(お笑いコンビ、ピースの)綾部さんがニューヨークに行かれると聞いて、私もアラフォーからもうひと頑張りしたい」と語った優木。 ママタレ市場は激戦区だけに今後は、同ブランドの「イメージモデルだけでなく、企画に参画したい」とこちらも意欲マンマンだった。…

松尾幸実は学生時代からプロの漫画家だった

職業は漫画家 ミス・ユニバース日本代表が女優デビュー


女優になる人は、子供の頃から積み重ねてやっているというイメージがありますが、事務所の大先輩の米倉涼子さんも吉瀬美智子さん、井川遥さんも30歳を過ぎてから女優として大活躍されているので、私もそれに続けたらと思います」 主演は剛力彩芽、共演は滝藤賢一、小日向文世、三宅弘城ら。松尾は滝藤演じる官邸調理場を仕切る政務担当総理大臣秘書官の部下の役だ。 「台本の読み合わせでは、滝藤さんが私のすぐ横でせりふを…

ニューフェースが躍進(右上から松岡茉優、平祐奈、渡辺直美)

マツコ“上半期CM女王”の裏で…ランキングから消えた面々


前回の15年のランキングではマツコと並んで4位(10社)だった大島優子と指原莉乃、続く佐々木希(9社)、米倉涼子(8社)、吉瀬美智子(同)といった有名どころがこぞって姿を消しているのだ。ニホンモニターに詳細を聞いてみると、佐々木は3減の現在は6社、指原5社、大島、米倉、吉瀬はともに4社との結果が……。 生き馬の目を抜くCM業界である。短時間でおいしくガッポリ稼ぐためには、アクセル全開で露出し続け…

写真はイメージ

お金かけず後腐れなし “不倫願望”隠し持つ「VERY妻」の生態


昨年、連ドラで“昼顔妻”を演じた吉瀬美智子は白パンツを基本にこぎれいにまとめていたが、実はユニクロのようなファストファッションを利用しているケースが少なくないという。来月号の「VERY」も「いますぐ買うべきユニクロ名品はこれだ!」という特集を目玉のひとつに据えている。 「VERY妻は表と裏の行動範囲をキチッと分けたがります。普段は二子玉川や横浜のようなセレブタウンで日常生活を過ごしていますが、浮…

51歳で独身

イヤミ課長でブレーク中 木下ほうかは「吉本新喜劇」出身


知名度を上げたのは昨年のフジテレビ系ドラマ「昼顔」で、不倫妻役の吉瀬美智子を粘着質にいじめまくる夫を演じ、「気持ち悪い!」とお茶の間に嫌われまくり、演技力の高さを知らしめた。 64年、大阪府生まれ。高校生の時に役者を志し、新聞広告で見た井筒和幸監督の「ガキ帝国」のオーディションを受け合格。大阪芸術大学で舞台芸術を学び、卒業後は吉本興業の新人タレントオーディションに受かって吉本新喜劇入りする。「…

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か


夏には上戸彩、吉瀬美智子が不倫妻を演じた「昼顔」が放送された枠。同作では吉瀬のベッドシーンが生唾もので、平均でも14%近い視聴率を叩き出した。 この枠にピッタリの女優として安達に白羽の矢が立ったわけだ。 「安達の代表作は『家なき子』。その他の主演ドラマは97年の『ガラスの仮面』があるくらい。天才子役といわれながら、単発ドラマや脇役が多く、作品には恵まれなかった。それだけにドラマ主演は大きな目標で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事