日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

篠山紀特集

展覧会の惹句も篠山が書いている

辞書に引退の二文字はなし「僕は基本、やんちゃ」


写真界の巨人・篠山紀信。彼は今、猛烈にアグレッシブだ。東京・品川の原美術館をジャックして全裸美女らの乱舞する「快楽の館」の宴を開く。極上のヌード写真の数々を「この春、10日間で撮影した」という。驚いた。この老マエストロの異様な元気さ! 何か独自の健康法でもあるのだろうか? 「いやあ、僕は基本、やんちゃなんだよね。枯れるとか、老獪になるっていうのがよく分からない。なんとかの境地みたいなものも全くな…

篠山紀信

美術館は偉そうで…「私は現役バリバリなんだよ」


篠山紀信が都心の美術館を「快楽の館」に変える。そんな大胆不敵な宴=展覧会は一体、どうやって企画されたのだろう? 「原美術館で作品を撮るのは面白いだろうなという感覚はあったんです。そこで、原館長の案内のもと、隅々まで見てみた。そうしたら建物自体、庭も含めて、原美術館全体がとても色っぽい。空間が。そこに引かれましてね。実際、美術館一館を新作で埋めるのは大変。だけど、ただもう面白がって、よし、すべて撮…

篠山紀信氏(左)と中森明夫氏

極上の女が乱舞 「原美術館、私を撮らせた」


写真家・篠山紀信氏(75)が、原美術館(東京・品川)で写真展「快楽の館」(今年9月3日~2017年1月9日)を開催する。「空前にして絶後」と語る写真展について、旧知の間柄である作家・中森明夫氏(56)が斬り込む! ■極上の女たちが素っ裸で戯れ狂喜乱舞している! 篠山紀信が東京・品川の原美術館で写真展を開く。その名も「快楽の館」! 乃木坂の事務所を訪れると、篠山氏自ら出迎えてくれた。写真展の写真集…

最後まで女優だった

中森明夫氏 川島なお美さんを追悼「僕たちの世代の女神です」


篠山紀信が「GORO」の激写で撮ったはちきれそうな肢体は、当時の野郎どもの股間を直撃だった。川島なお美の水着グラビアに「お世話になった」80年代ボーイズはそれこそ無数にいるだろう。 81年、青山学院大学在学中に文化放送のミスDJリクエストパレードでデビュー。「聴くっきゃな~い!」という甘ったるい口調で人気に。女子大生ブームの火付け役となった。……が、その後、カンニングが発覚して大学を停学に。パッ…

撮影では裸に布だけ/(C)日刊ゲンダイ

「脱ぐ覚悟あった」澤山璃奈 篠山紀信とコラボで狙う再浮上


プロフィギュアスケーターでタレントの澤山璃奈(26)が25日、写真集「澤山璃奈×篠山紀信」の発売記念イベントを開催。「心も体も、見えない部分を出せたと思います。一生の宝物。いろいろあったけど芸能界を続けてきてよかった」と語った。 カメラマンが篠山紀信センセイ(74)ということで、「脱ぐだろうという覚悟はありました」。篠山からは「見えていない部分を撮らせてほしい」「僕の前で心を開ける」と囁かれ、…

宮沢りえ

「心のマーキングする癖は、いまだに変わってない」(宮沢りえ/TBS「A-Studio」9月11日放送)


彼女のこうした「心のマーキング」作業が、タモリや蜷川幸雄、篠山紀信ら各界の“巨匠”たちに愛される秘訣なのだろう。宮沢はこう言う。 「才能あるクリエイターと出逢って、見たことのない自分になることは喜びであると同時に、恥ずかしさも伴うもの。その羞恥心を毎回、太くて大きなハンマーでたたき壊しているんです」(講談社「FRaU」15年7月号) 小学生の頃は「ハーフ」であることで、肌や髪の毛の色の違いから…

新たな快感/(C)日刊ゲンダイ

橋本マナミがノーパンで登場「見えていないので気にしない」


篠山紀信が撮影を担当した写真集「MANAMI BY KISHIN」(小学館)の発売を記念した6日のイベントでのこと。 撮影前には「心のパンツを脱いで来るように」と篠山センセイに言われたそうだが、今作では最終的には心のパンツどころか本当のパンツまで脱がされてしまったというのである。 実はこの日のイベントにもノーパンで登場した橋本。 「この撮影をキッカケにパンツをはかなくなりました。パンツをはかない…

美貌は健在/(C)日刊ゲンダイ

人気グラドルだった井上晴美 今は熊本でプロパンガス生活


95年12月公開の映画「82(ワニ)分署」で初主演し、99年には篠山紀信撮影のスキンヘッド・ヘアヌード写真集が評判を呼んだ。 「丸刈りしてから3カ月ほどロンドンで生活したんです。現地ではパンクロック好きの女の子にモッテモテ。外出するたび追っかけられ、おちおちショッピングもできませんでした」 その後はミステリードラマを中心に女優活動。07年からは子育てを優先していた。 「本格的に芸能界のお仕事を始…

左:“りえママ”こと光子さん(日本雑誌協会代表撮影)

宮沢りえの母・光子さん死去…“一卵性母娘”の呪縛と壮絶秘話


写真家の篠山紀信に相談してヘアヌード写真集『サンタフェ』を仕掛けたのも、りえママの手腕です」(芸能ライター) 日本中を驚かせたのが貴花田(現貴乃花親方)との婚約発表(92年)と婚約解消だった。もちろん、そこにもりえママの姿があった。 「結婚して、おかみさんになったら芸能界を引退することが条件だったので、りえママが反対して破局してしまった。傷心のりえは中村勘九郎(当時)と不倫関係になり、ホテルで自…

「アングラと宝塚は似ている」と月船/(C)日刊ゲンダイ

元宝塚スター月船さらら アングラ劇で汗だく「四の字固め」


だって、プロレスの4の字固めをかけられた後で何事もなかったかのように歌ったり踊ったりしなくちゃいけないんですよ」 過激な性描写で話題になった天願大介監督の「世界で一番美しい夜」に主演したり、篠山紀信の写真集でヌードを披露した元宝塚のスター女優・月船さらら(39)。今度はアングラ不条理劇に挑戦する。26日から下北沢ザ・スズナリで上演される流山児★事務所公演「どんぶりの底」(演出=流山児祥)がそれ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事