日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森繁久弥特集

森繁久弥がマッチ棒でメッセージをしたためた

デビューほやほやの榊原郁恵に森繁久弥が授けた“金言”

榊原郁恵さん(55)が、あの俳優・森繁久弥さん(享年96)からもらったサイン色紙には、先達の教えが添えられていた。それは時が経てば経つほど重みを増す、人生訓ならぬ“芸能訓”だった。デビュー39年目を迎えた今でも、その金言がマルチタレントとして活躍中の榊原さんを支えている。 1976年の「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝いた榊原さんがデビュー…

(C)日刊ゲンダイ

森繁久弥がこぼした愚痴

【海峡(1982年・東宝)】 青函トンネルの掘削をテーマにした大作で、共演は森繁久弥、吉永小百合。監督は黒沢明の弟子だった森谷司郎。森谷は高倉健と「八甲田山」「動乱」で一緒に仕事をしている。 主人公はトンネル掘削にかかわる国鉄の技術調査員。森繁久弥はトンネル掘りの老職人だ。スペクタクルなシーンが満載の映画だが、これについて、高倉健本人がしゃべったのは次のひとことだけ…

昭和の大スターだった故・森繁久彌氏

ビジネスに使えるスターたちの処世術

ヨボヨボの老人を装っていた森繁久弥さんの深謀遠慮

森繁久弥さん(2009年に96歳で永眠)といえば、言わずと知れた昭和の大物スターだ。 今から30年ほど前に僕が駆け出しの記者として取材の仕事を始めたころでも、すでに“雲の上”というくらいの存在だったが、リポーターに転身してからは頻繁に顔を合わせるようになった。 ほとんどの場合は、森繁さんの後輩にあたる俳優や女優の通夜・告別式といった場で、コメントをしてもらうというケ…

左は当時のポスター(本人提供)/(C)日刊ゲンダイ

岡崎友紀さんがまざまざ見せられた故森繁久弥氏の“プロ魂”

いつも最前列でリポートしていた

71歳で急死…芸能リポーター武藤まき子さんの素顔と功績

天国では芸能リポーターの草分けだった故梨元勝さんとともに森繁久弥や森光子にマイクを向けているに違いない。…

和泉ちぬさん

有名人の財布の中身

和泉ちぬさん 日本アカデミー賞協会の会員証で身分証明

師匠は7年前に亡くなった森繁久弥。芸名の名付け親でもあり(本名は酒井靖乃)、今でも胸に刻んでいる教えがある。 「貧乏とお金がないのは違う。役者は貧乏でもいい服を着ろ、おいしいものを食え、いいものを見ろと教わりました。いいものを知らないと、貧乏な役はできても金持ちの役ができない、と」 主役を張るような俳優を除けば、俳優の生活は楽ではない。 「この世界は稼働率5%とい…

「グラッチェ」

ビジネスに使えるスターたちの処世術

自分の死亡情報を笑いネタに ケーシー高峰は“天性の芸人”

まだお元気だったころの故・森繁久弥さんにも同じような話が流れてきたことがある。あれだけの大物だから直接確かめるのも嫌な気分だったが、たまたま森繁さんのマネジャーの携帯電話番号を知っていた。ケーシーとの経験で“学習”したばかりだったので、尋ね方を少し変えてみた。 「あのう、森繁先生が体調を崩されて容体がよろしくないと聞きまして」 「そうなんですよ。体調が悪くてねぇ。…

「崑ちゃん ボクの昭和青春譜」大村崑著

佐々十郎、芦屋雁之助、小雁、森繁久弥、伴淳三郎、藤山寛美、由利徹、渥美清、トニー谷、江利チエミと高倉健、美空ひばり母娘……。みな、ひとクセあるつわものばかり。確執もあれば和解もあった。笑いも涙もあった。多くは故人となってしまったが、崑ちゃんの語り口が、その素顔を生き生きと蘇らせた。(文藝春秋 1400円+税)…

「お茶をどうぞ」向田邦子著

ほかに、育ての親のひとりという森繁久弥氏や、最初は配役に大反対したという「寺内貫太郎一家」の主演・小林亜星氏ら、豪華ゲスト16人と語り合う。(河出書房新社 1600円+税)…

写真はイメージ

最高の口説き文句は「この次、口説くぞ」

女へのアピール、口説きでまず思い出すのは、故・森繁久弥さんだ。 「1回だけ。誰にも言わない」と片っ端から声を掛けていたのは有名な話。老境に入ってからは、「妊娠しない。いじるだけ」に変わったそうだ。 かの口説き大国イタリアを旅行中、日本人女性が向こうから歩いてくる男に挨拶でピースサインを送ったところ、それを見た男は人さし指を1本立てた。値段の交渉だと思ったのである。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事