日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三浦雄一郎特集

(右)資金募集サイト「きびだんご」(HPより)

ネットで資金調達 夢を叶える「クラウドファンディング」


日本でもiPS細胞の山中伸弥教授や、去年、80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が利用するなど、ジワジワと浸透中だが、ビジネスマンが利用する条件は? ■米国では10億円規模のプロジェクトが 一昨年10月にノーベル生理学・医学賞を受賞した京大の山中伸弥教授。受賞の約8カ月前に、マラソン完走を公約にネットで研究費の寄付を募っていたのを覚えているだろうか。結果は見事完走し、1000万円以…

白澤抗加齢医学研究所の白澤卓二所長

長寿研究の第一人者が見た 「百寿者」7つの生活スタイル


⑤筋力をつけ足腰を鍛える スキーヤー・三浦雄一郎さん(83)の父、敬三さんは06年に101歳で亡くなる直前まで一人暮らしだった。一人でスーパーに買い物に行き、自分で料理を作る。そんな自立した生活ができるのは、全体の18%。 「百寿者の男性は、8167人と少ないのですが、自立できるのはほとんどが男性です。女性は少ない。その生活を支えるのが筋力や足腰の強さ。認知症を発症しやすい80代を乗り越えた男…

CHACOあめみやの炭焼きハンバーグ

【CHACOあめみや】レアでも食べられる炭焼きハンバーグ


登山家の三浦雄一郎氏が分厚いブロック肉目当てに通ったり、有名人の常連はたくさんいる。 ブロック肉もいいが、この日は「レアでも食べられる」と銘打たれた1日40食限定、ランチの人気メニュー「ハンバーグステーキ(170グラム)」950円を注文する。と、次男が厨房から出てきて、目の前で炭焼きに。ジュージューとおいしい音とモクモクの煙が食欲をそそるのだ。 そして銀の鋳物の皿にのせられ、運ばれてきたハンバー…

(提供写真)

ソルティー・シュガー“走れコウタロウー”発売直前にリーダー急死


◇1970年5月 6日、三浦雄一郎がエベレストの8000メートル地点からスキーで滑降。11日、植村直己・松浦輝夫がエベレスト登頂に成功。25日、プロ野球「黒い霧事件」で西鉄の池永・益田ら3選手が球界永久追放。…

アルピニストではありません/(C)日刊ゲンダイ

エベレスト挑戦に暗雲? イモトアヤコに渦巻く批判


「登山家の三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト登頂に成功した時、かかった費用は1億5000万円などと報じられました。今回のイモトさんの登頂も、それに近い数千万円単位のお金がかかっていることは間違いありません。三浦さんのシェルパは18人で、イモトさんは13人。さらに業界では知られた国際山岳ガイドや国際山岳医をそろえるなど、サポートの充実ぶりは三浦さんにヒケを取りません」(山岳関係者) だからテレビ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事