日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

水川あさみ特集

仕事は減っているが

水川あさみ 事務所独立のウラに元モデルの美人すぎる母親


水川あさみ(33)だ。同じ事務所に所属する大東駿介(30)との交際が報じられ、2人一緒に独立するといわれてきたが、水川のみが移籍して個人事務所を設立。分裂のワケはこちらも母親にあるようで……。 「水川の母親は元モデルで、水川がバラエティー番組に出演した際、写真が公開されて『美人すぎる』と話題になったほどの美貌の持ち主。この母親やその身内が娘のマネジメントにしゃしゃり出てきているというウワサが業界…

妻夫木のび太とは好対照/(C)日刊ゲンダイ

新婚キャイ~ン天野 水川あさみを“上から目線”で質問攻め


14日、トヨタ新型車「パッソ」の記者発表会に、CMで「しずかちゃん」を演じる水川あさみ(30)が出席した。 「のび太くん」に扮した「キャイ~ン」天野ひろゆき(44)が登場すると、水川は「のび太くん、太りました?」と爆笑。天野が「しずかちゃんと車に乗るのが夢だったので一緒に乗って」とお願いすると「本当は(実写版でのび太役を務める)妻夫木くんがいい」と切り捨てた。 その仕返しとばかりに、天野は水川に…

これからが正念場

ドラマ大惨敗…“写真”引きずる香里奈に「ドンマイ」の声


そもそも固定客がついておらず、水川あさみ、深キョン、堀北真希、木村文乃、西内まりやに続き、香里奈もビンボーくじを引かされた感じだが、よもや、隠遁生活に逆戻りするわけにもいくまい。 生き馬の目を抜く芸能界で主演女優の座を死守するのなら、写真の一枚や二枚はなんのその。他の役者以上にドンマイ精神で突き進むしかないのである。…

「市川森一脚本賞」奨励賞受賞のバカリズム

ドラマ「かもしれない女優たち」が醸す後味のいい“並行世界”


ヒロインは竹内結子、真木よう子、水川あさみの3人。女優として成功している彼女たちが、「あり得たかもしれない、もう一つの人生」を競演で見せるところがミソだ。たとえば竹内本人は15歳で事務所にスカウトされたが、もしもそれを断っていたらという設定。大学を出て編集者になった竹内は、恋人との結婚を望みながら、なかなか実現できないでいる。 また女優志望の真木と水川は、バイトを続けながらオーディションを受け…

入籍は…?/(C)日刊ゲンダイ

13年ぶり連ドラ主演 脂乗った中谷美紀と渡部篤郎の近況


今作の役柄は、才能に限界を感じ、アシスタントのライター(水川あさみ)に“ゴースト”をさせている小説家。佐村河内守氏のゴーストライター騒動を彷彿させる内容で、中谷は役づくりに際し佐村河内氏の2時間35分もの謝罪会見を動画で全て見直したそう。「一度過ちを犯すと後戻りできない苦悩、そして最後まで本当の心情は分からないというところが参考になりました」と話している。役のイメージを膨らませ、髪もショートに切…

いまだスキャンダル処女/(C)日刊ゲンダイ

井川遥が茶の間を席巻? あのCMで菅野美穂の“後釜”情報


「もう一度、外で働きたい」と資格取得に挑む主婦の役どころで、トヨエツや水川あさみと一緒に元日から新CMに登場するという。 井川といえば、今秋、連続ドラマ初主演を果たした「ガラスの家」(NHK)が記憶に新しい。鈴木京香が長谷川博己相手に濃厚なディープキスやベッドシーンを披露した「セカンドバージン」の第2弾。期待値は高かったものの、平均視聴率8%台とパッとしなかったが……。 「井川の脱ぎ惜しみが敗因…

注目度急上昇/(C)日刊ゲンダイ

「今世紀最低視聴率」川口春奈を救った堂本剛の“一言”


綾瀬はるか、新垣結衣、水川あさみなど若手女優の登竜門として有名なドラマシリーズだ。同年「日経トレンディ」が選ぶ“今年の顔”に選出された。まさに順風満帆だった。 だが、演技に関しては常に試行錯誤。「どうしたら私の演技を見てもらえるのか」と日々是模索だった。そんなある日、今年の7月期のTBS系「天魔さんがゆく」で共演したKinKi Kidsの堂本剛の一言に救われた。 「おまえは人徳があるから、困った…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事