日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上原謙特集

故・上原謙氏

ワイドショーを賑わせた上原謙の“38歳差婚”


芸能人の年の差婚の先駆といえば、上原謙と大林雅美の38歳年の差婚だろう。しかも大林雅美という“悪女”と上原の息子の加山雄三一家との確執を巡って70年代後半のワイドショーは大いに賑わった。 1909(明治42)年生まれの上原謙は日本を代表する銀幕のスター。38年、田中絹代と共演した野村浩将監督の「愛染かつら」が空前の大ヒット。だが二枚目俳優に反発した上原は40年、吉村公三郎監督「西住戦車長伝」で中…

希代のバカ夫婦(仁美凌のブログから)

若山&仁美夫妻 クスリに走って“金欠生活”エスカレート


故若山富三郎の息子と、故上原謙の娘という芸能界の大物2世カップルだが、夫婦の絆が覚醒剤吸引だったとは、驚きを通り越して哀れというしかない。 事情に詳しい関係者がこう話す。 「若山が監督を務めたDVD映画に出演した女優へのギャラ未払いも明らかになりましたが、とにかく収入もないのに浪費家だからぜんぜん金がない。若山は父親の若山富三郎と叔父の勝新太郎の思い出をつづった自伝本の出版を複数の出版社に持ち…

湘南エリアの代表格

【茅ケ崎】新築マンション続々 生まれ変わった工場エリア


加山雄三とその父である上原謙が所有したパシフィックホテル茅ケ崎は、現在、マンションに変わってしまったが、いくつか歌詞の中に生きている。ほかにも、間近に見える「烏帽子岩」や「ラチエン通り」など歌詞に登場する地名が多く、湘南気分を盛り上げてくれる。 都心への通勤もなんとか可能であるため、住宅地としての人気は高い。特に「茅ケ崎」駅の南側、つまり海岸線に向かう一帯は土地の値段が高く、高級マンションがい…

ツアーは昨年いっぱいで卒業した加山雄三

船を自作し「世界一周」の旅へ 気になる加山雄三の“台所事情”


はっきりしたことは分かりませんが、父親・上原謙が亡くなった際の香典返しがテレホンカード一枚だったことは今でも“ケチ伝説”として語り継がれている。3年前、長女・梓真悠子の離婚を“セレブ離婚”と書かれた時は、加山自身が“うちにはカネがない。セレブじゃない”と反論してましたが」(芸能事情通) もっとも明るい兆候も見えている。これまで稼ぎの中心だった全国ツアーを昨年いっぱいで“卒業”していることだ。一頃…

仲睦まじく…(仁美凌のブログから)

夫婦で覚醒剤逮捕…若山騎一郎・仁美凌の“放蕩三昧”


「都内在住なのに松戸署が動いたのは、松戸署に情報提供があったからです」(事情通) 若山は故若山富三郎の長男で、昨年5月に故上原謙の次女の仁美凌と結婚。しかし、わずか5カ月足らずでスピード離婚。ところが、今年10月に復縁していた。 ■最近はいつも酔っぱらっていた 若山はこれまでも家賃未払いや自身が監督した作品に出演した女優への出演料未払いもあったトラブルメーカー。そして今回の覚醒剤である。苦労知…

None

「頑張る」と語っていた 山本文郎さん“31歳差”再婚秘話


96年に33歳下の元女優と再婚した中村富十郎、75年に37歳下の元クラブ歌手と再婚した上原謙の2人だ。山本氏は一気に7歳も記録を更新したわけだ。 本人は元気いっぱいにこう言う。 「70過ぎていきなり、小学生、中学生の父親ですからね。この子たちをちゃんと育てるために、これまで以上に仕事を頑張ります(笑い)」 山本氏は毎年「橋田寿賀子賞」「サントリー音楽賞」の司会を務めているほか、現在もラジオ番組に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事