日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東野幸治特集

東野幸治

「総理見てると、イラチだと思うんですよ」by東野幸治


出演者がどこか気を使いながら、首相に当たり障りのない質問を投げかける中、MCの東野幸治(48)だけは違っていた。彼が安倍首相に切り込んだ発言を今週は取り上げたい。 「イラチ」とは関西弁で「気が短い」人のことだ。東野は続けて「なかなか、総理自らヤジるってないと思うんですよ」と率直な意見をぶつけ、その場の空気をピリッとさせた。 東野は無類のゴシップ好きで知られている。たとえば、先日話題となったビート…

妻は自称・社長令嬢

東野幸治も詐称被害か 妻の“自称社長令嬢”はウソだった?


21日、スカパー!「NO.1歌姫決定戦~第1回夢のステージで歌えるコンテスト~」の生放送後、MCの東野幸治(48)、山里亮太(38)らが囲み取材に登場。約1年かけて視聴者からのWEB投票やプロの審査員など厳しいジャッジを経て歌姫の頂点を決める番組で、この日は3次審査の結果が発表された。 スタジオで結果を見届けた東野は「最初この仕事の話を聞いたとき、『ついに秋元(康)さん的な仕事をやる立場になった…

夫婦に歴史あり

妻に頭上がらず 東野幸治がホスト遊び黙認する“深イイ”理由


女性週刊誌で妻との別居が報じられたタレントの東野幸治(48)。10月上旬に妻が新宿・歌舞伎町のホストクラブで2人のイケメンホストに挟まれ、シャンパンを空けてから東野の自宅とは別のマンションに帰る姿が掲載された。実業家の妻のホスト遊びを認めるも、「別居じゃない」と繰り返し、報道を否定した。 東野と妻は1991年に結婚。2人の娘がいるが、01年9月にいったん離婚した。しかし、04年から籍を抜いたまま…

大阪パフォーマンスドールのリーダーだった(左写真・右下が本人)

元WEST END×YUKIの武内由紀子はTVレギュラー3本の売れっ子


その大阪弁バージョンとして今田耕司、東野幸治と組んだユニット、WEST END×YUKIのYUKIだ。当時、大阪パフォーマンスドールのリーダーだった武内さん、今どうしているのか。 会ったのは渋谷のカフェ。同伴した女性マネジャーの名刺には「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」とあった。 「大阪パフォーマンスドールは、篠原涼子さんたちがいらっしゃった東京パフォーマンスドールの姉妹ユニットとして、…

左から時計回りに土屋太鳳、高畑裕太、岡田結実

「まれ」DVD“お蔵”か 高畑裕太逮捕で2次使用収入暗礁に


司会を務める東野幸治、川田裕美と絡みがあり、春風亭昇太や宮根誠司と絶妙なトークを展開しているけど、これらをカットしなければならない。バラエティーの場合、撮り直しも代役も難しく、あり素材だけでやり繰りするしかなく、どうにもできずモザイクで処理しているようです」(芸能プロ関係者) ところが、この間に合わせ作業に対してスポンサーは怒り心頭とか。場合によってはモザイクを見ただけで、逆にレイプ犯の高畑容疑…

板尾創路

「シンプルなんが好きやねんな。引き算や、俺はなんでも」by 板尾創路


ダウンタウンを筆頭に今田耕司、東野幸治、相方のほんこんらと「はっきり差が出て」くる。「出来るもんと出来ないもんがはっきりしてくる」。 だから、これは今田や東野には勝てない部分というのを痛感させられた。当然、それは悔しかった。だが、自分の強みと弱みが分かったことで、すごくやりやすくなったという。自分が勝てないと思った部分は「どんどん捨てていって諦め」ることができたのだ(以上、キノブックス「酒井若菜…

アンガールズ田中

「女なんて俺の敵なんだから! ねじ曲げたのは貴女たちですよ!」by 田中卓志


ともに東野幸治のファンだったことから意気投合し、急速に仲良くなっていった。 田中と山根はそれぞれ別の友人とコンビを結成し、お笑い芸人を目指し4人で上京。お互いのコンビは、ノッポとデブというようなこれまでのセオリー通り凹凸コンビだった。 だが、全くの鳴かず飛ばず。そこで田中は山根とコンビ結成。当初は2人とも細身の長身という似た体形だったためコンビを組むという発想はなかった。しかし、このセオリーでは…

ツッコミの深さはドSであるがゆえ?

浜田雅功に新たなドS伝説 妹を濡れタオルでしばいていた


浜田といえば、これまでも「初対面の後輩芸人に顔面キックを食らわせた」「収録の休憩中の東野幸治(48)を背後からエアガンで撃った」など、ドSエピソードは事欠かない。少年時代に濡れタオルで痛めつけるという発想からして、生まれながらのドSぶりがよく分かるエピソードだ。…

ハリウッドザコシショウ

「黒パンを2兆枚買いましょうか」byハリウッドザコシショウ


司会の東野幸治は「キング・オブ・あらびき」と称された彼を、「これぞ芸人」と絶賛。「こうやって自分の信じた道を突き進むのが芸人、憧れるなあ。それができなかったのが我々なんだ」(太田出版「CONTINUE」Vol40=08年6月17日発売)とまで言わしめた。 ■破天荒に見せて実は計算ずくの栄冠 そんなザコシショウも、一度は芸人の道を諦めようと思ったことがある。もともとコンビとして活動していたが、突…

人気者投入でさらなる視聴率アップ?

吉本座長の辻本茂雄を抜擢 「あさが来た」NHKの思惑は?


新喜劇入団後もしばらくは今田耕司、東野幸治らの陰で端役に甘んじていたが、次第に頭角を現し、99年からは座長を務める。持ちネタの「茂造じいさん」は鉄板の人気キャラで、イベントや営業先にも引っ張りだこだ。 「競輪選手を諦めお笑い入り。漫才で挫折して新喜劇。東京進出を狙っても大阪臭が強すぎるからと大阪に戻されるが、奮起して上方お笑い大賞受賞と、挫折をバネに成長してきた、まさに大阪人が好きなタイプ。今で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事