日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

武田久美子特集

離婚調停中/(C)日刊ゲンダイ

笹ふんどし、貝殻…バツイチ武田久美子「母娘ヌード」解禁?


6日、自身がプロデュースした「魅せる矯正キャミ」発売記念サイン会に登場した武田久美子(45)。今回は約2週間滞在し、今後は3カ月に1度のペースで帰国するという。3日に発表した4歳年上のアメリカ人男性との離婚について「今は(離婚)調停中。国際離婚は面倒。今は6、7合目くらいです」と語った。 武田といえば、これまで「笹ふんどし」「貝殻ビキニ」「妊婦ヌード」といった衝撃的なグラビアを披露。今回、離婚を…

「還暦には赤い貝殻ビキニ」を宣言/(C)日刊ゲンダイ

離婚ネタで売り込み中…武田久美子が生出演で“赤裸々暴露”


24日、武田久美子(46)が著書「KUMIKO BIBLE」の発売記念サイン会を実施した。 離婚調停中の米国人の夫について「決着まで8.5合目か9合目。来年頭には離婚が成立しそうです。弁護士同士でもろもろ、財産の割り当てとかやっています」と報告し、夫とは「ほとんど連絡取っていません。娘の引き渡しの時に会うくらい」と、淡々と手続きが進んでいることを明かした。 とはいえ、新しい出会いはないそうで、「…

「グッバイ」/(C)日刊ゲンダイ

武田久美子も調停中…「国際離婚」は結婚の100万倍大変だ


タレントの武田久美子(45)が、00年に結婚した4歳年上の米国人男性と離婚調停中であることを明かした。 夫から離婚を切り出されたのは昨年末で、この2、3年、夫婦生活はうまくいっていなかったという。 武田は「11歳の娘が大学に行くまでこのままでいいかと思っていたが、彼の方から電話で言われてしまった」「考え方の違いやすれ違いがどんどん大きくなり、お互い、全く愛情がなくなってしまった」「グッバイ」など…

浜田翔子

浜田翔子がライバル宣言 「熊田さん復活で私が2位に…」


5月に沖縄で撮影された今作は、これまで封印していたお尻の披露や武田久美子バリの貝殻ビキニを着用して、限界ギリギリのエロスに挑戦。これまではロリ系のキャピキャピした作品が多かったが、大人の領域にまで踏み込んだのには深い訳があるという。 「これまで現役のグラドルでDVDの発売枚数は私がトップだったんですけど、熊田曜子さんが復活しちゃったことで、私が2位になっちゃったんです。熊田さんはこの前発売され…

円陣を組む巨人ナイン

プロ野球の「隠語・業界用語」を作家・山田隆道が解説


同義語「武田久美子が脱いだ」。 【スランプ】 実力不足の美称。または本来の状態のこと。 【ブルペンエース】 楽屋の人気者。 【球界の事情通】 ホステス。 【投げ込み】 投手が膨大な数のボールを投げる一方で、捕手も同等数のボールを投げているという目立たない事実。しかも、捕手は投球のたびにスクワットまでしている。 【打撃投手】 登板過多の安月給。 【審判】 正しい判定をすることが当たり前だと認識され…

今年4月にも…

ランディ・バース 史上最強の来日助っ人


なんだか「武田久美子が脱いだ!」と大見出しにする雑誌みたいだ。彼女は昔から何度も脱いでいる。失礼だが、おっぱいも見飽きた。 しかし、これこそがバース人気の長期維持に絶大な効果を発揮しているとも思う。なにしろ、マスコミは彼が来日するたびに「史上最強の助っ人」という冠を付して報じ、その偉業をおさらいするわけだから、バースにとってはありがたい話だ。 これによって、オールドファンの脳裏にはいつまでも彼の…

幸せな瞬間は長く続かず…

スザンヌ離婚に「やっぱり」の声…妊婦フォトの不吉ジンクス


同じく妊婦フォトを公開した武田久美子(46)は、米男性と離婚に向けた話し合いの真っ最中だ。 スザンヌがネットに妊婦フォトを公開した当時、ある芸能ライターは「マタニティーフォトを公開した芸能人って、不思議と夫婦仲が悪くなるんですよね」とコメントしていたが、今回、そんな不安が現実になってしまった格好だ。 芸能界にはほかにも、神田うの(39)、小雪(38)、熊田曜子(32)ら妊婦フォト経験者が多い。余…

売れっ子ニューハーフだった一ノ瀬さん/(C)日刊ゲンダイ

「いいとも」でMrレディー 一ノ瀬やす子さんは有名店ママ


奥田瑛二主演の「極道記者2 馬券転生篇」、武田久美子主演の「目を閉じて抱いて」などの映画に出演。ナント、NHKの大原麗子主演のドラマ「レイコの歯医者さん」にも出ちゃった。 「ホント、いい経験をさせていただいたわ。プロ中のプロの方々とご一緒できたことが、今とっても役立ってるの」 かつては165センチ、45キロ。現在は…。 「そんなヤボなことを聞いちゃダメよお、フフフ」 去年6月、「杏門」近くに「リ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事