日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松下由樹特集

(C)日刊ゲンダイ

松下由樹 結婚秒読みと思われた小林武史と突然破局


3年間の米ダンス留学の後にトレンディードラマで引っ張りだこの人気だった松下由樹だが、92年11月にミスチルなどをプロデュースした作曲家、小林武史との熱愛がキャッチされた。 バリ島から、ジャカルタ経由で成田に戻る機内で、松下(当時24)は小林(当時33)のヒザに頭を乗せ、毛布にくるまり横になっていた。女性誌は「“一つ毛布”のバリ島婚前旅行」と書きたてた。さらに2人を知るスタジオミュージシャンは「あ…

舞台で共演した大地真央

宝塚スターの楽屋にはフランスから届いたお菓子が


来月の公演「ヒミツの仲居と曲者たち」には、演技に定評のある松下由樹と、「ピーターパン」で主演を務めたミュージカル俳優の笹本玲奈が出演する。昇太とご両人の共演が楽しみだ。 「僕の役は旅館の女将。女形なので、残念ながら女優さんとのラブシーンはありません」 (聞き手・吉川潮)…

内野聖陽

「臨場」内野聖陽さんこそ「実際とは、違うなぁ」


何がすごいって、主人公の倉石(内野)でもヒロインの小坂(松下由樹)でもありません。主人公たちの背後で鑑識活動をしている「その他大勢」の鑑識係役の無名の俳優さんたちでした。 指紋採取をする時に粉を振るしぐさ、ゲソ痕(足跡)を採取する時の手つきなど、実際の捜査現場にいる新人の鑑識係員よりも本物っぽいほどでした。「まさか本物の鑑識を動員したのでは?」と思ったほどでした。ドラマの監修者が徹底的に演技指導…

2016年1月で40歳になる中谷美紀

大手退社し独立の女優・中谷美紀 アラフォーで決断の裏事情


「女優だけでも竹内結子、北川景子に柴咲コウと売れっ子がずらりといて、人気アイドルグループ『ももクロ』も抱える事務所だからできるんだってもっぱらですよ」(前出の関係者) 大手プロを退社し個人事務所を設立した女優には、松下由樹(47)がいる。97年にアミューズから独立後も活躍しており、中谷は第2の松下になれるかどうかと、芸能界関係者は注目しているらしい。 来年1月の誕生日で四十路になる中谷。同居し…

これで五十路の高橋克典

映画「大脱走」オマージュ 高橋克典“革ジャン”で掴むシニア心


14日、高橋克典(50)主演の連続ドラマ「木曜ミステリー 京都人情捜査ファイル」(テレビ朝日系)の制作発表会が開かれ、松下由樹(46)、松平健(61)、高部あい(26)ら出演陣が顔をそろえた。 革ジャンを身にまとい、犯罪被害者支援室の班長役を演じる高橋は、作中で映画「大脱走」(1963年)で主演のスティーブ・マックイーンが着用した衣装の復刻版を着るシーンを取り入れたそうで、「衣装があったので使わ…

左から原作者・柚月裕子氏、上川隆也、松下由樹/(C)日刊ゲンダイ

「若作りしないと…」 上川隆也がファンの要望に“自虐”で笑い


イベントには共演者の松下由樹(46)と原作者の柚月氏も出席した。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事