日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

矢幡洋特集

事件のあったマンション

存在否定は絶対アウト 娘の「暴走」父親はこう止めるべき


臨床心理士の矢幡洋氏が言う。 「“あなたなんかいらない”というのは子供の存在そのものを否定する言葉。親子喧嘩でエスカレートし、つい言ってしまったのならまだしも、母親が一方的に攻撃する言葉としては強すぎます。“おまえはバカ”“産まなきゃよかった”“おまえなんかいなきゃいいのに”なども存在否定の言葉。絶対に言ってはいけません。娘は母親に存在を否定されると、父親に言われたときより大きく傷つきます」 ■…

経歴詐称で活動自粛したショーンK

嘘まみれショーンKに専門家「反社会性人格障害」疑い指摘


犯罪心理に詳しい臨床心理士の矢幡洋氏は「一般論ですが」と前置きしてこう続ける。 「ひとつ考えられるのは反社会性人格障害です。これは凶悪犯罪者に多いイメージがありますが、それだけではない。嘘をつくことに罪悪感を持たず、嘘で嘘を塗り固め、自分をよく見せようとするタイプ。表面的にはマルチな才能があるように見え、話し上手で魅力的に映ります。印象操作、自己演出に長けており、相手をダマし、奪えるものは全て奪…

写真はイメージ

祖父母殺害 終業式で限界に達した高2男子の学校ストレス


祖父母は自分に反撃してこないため、安心して攻撃できる対象なのです」(臨床心理士の矢幡洋氏) こうした少年は子供のころから「よそさまには礼儀正しくあれ」「他人とぶつかるな」と育てられていることが多いという。怒りを自己の内部で抑制するようしつけられているのだ。 「特徴は一見礼儀正しいものの、貧乏ゆすりをしたり、顔がこわばっていること。怒りを隠し持っている証拠です。人に悪口を言われたときに反論せず、急…

矢幡洋氏

矢幡洋氏(臨床心理士)


あまり知られていないのが残念です」…

矢幡洋氏はテレビコメンテーターとしてもお馴染み

臨床心理士・矢幡洋氏が分析する「異常犯罪」続発の裏側


9月は要注意

急な寒暖差と5連休で増加 ビジネスマンは「9月うつ」が危ない


特に今年のように10度以上の温度差があればなおさらです」(臨床心理士の矢幡洋氏) しかも、今月は6年ぶりの5連休となるシルバーウイークを控える。例年GWの長期連休明けは、五月病などうつ状態になるサラリーマンは多い。 「うつ病は睡眠の乱れが原因だったりします。たとえ、1週間弱でも日頃、休めない人が休みを取ると数日の夜更かしが生活リズムを変えてしまい、心身を壊すことがある。また、9~10月は社内の異…

(C)日刊ゲンダイ

「病み上がりの夜空に」矢幡洋氏


親子の前途は多難

母も道連れ破産危機…高畑裕太容疑者“心の闇”の核心部分


■自分を過大評価する性質 「一般論ですが、反社会性パーソナリティー障害の傾向が見てとれます」と、臨床心理士の矢幡洋氏がこう続ける。 「同障害者は他人に対する共感性に乏しく、罪の意識や道徳心が薄い。ウソも平気でつきます。スリルを追い求める癖があり、あえて犯罪などハイリスクなことに手を出したがる。自分を過大評価しているからで、犯罪に手を染めても、自分なら切り抜けられる、何とかなると高をくくっていま…

None

東京サマーランド女性9人被害 波タイム狙った周到な犯行


犯人像について臨床心理士の矢幡洋氏はこう言う。 「サマーランドへの嫌がらせなら別の方法もあるでしょう。若い女性ばかりを狙っていることから、女性に憎悪があるか、女性が困る姿を見て喜ぶサディスティックな人物でしょう。犯行は極めて計画的。13時の波タイムで2~3人を狙い、警備側の反応を見ている。14時の波タイムでは一気に6人負傷させ、今度は逃げている。状況に合わせて冷静に出方を考えていて、用心深く、知…

スタミナ抜群!

食事取らず11時間…高橋尚子は「パチンコ依存症」なのか


臨床心理士の矢幡洋氏は「あくまで一般論ですが」とこう言う。 「一流のアスリートのように、勝つか負けるかという刺激の強い非日常的な世界で生きていると、ありきたりな日常に耐えられなくなる。ハラハラドキドキするような刺激を求め、ギャンブルにのめり込んでしまうことは十分考えられます。サラリーマンにも当てはまる話で、仕事の中身より、仕事が取れるか取れないかといったスリルを楽しむタイプは、ハマりやすいといえ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事