日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新垣仁絵特集

「政治を希望」とヤル気満々

周囲もびっくり…参院選出馬決めた今井絵理子の“身辺事情”


本当なら『SPEED』を再始動させたいところだが、メンバーの新垣仁絵は事務所を辞めてしまったし、上原多香子は夫を亡くした傷心から休業していたしで、実現は遠い。島袋とライバル関係にあることは有名な話でしたから、ユニット結成時は『寛子と手を組まなければならないほど仕事がないのか』という声も上がっていました。そうしてみると、政治を『希望』というのは、今井の食いぶちとしての希望にも聞こえてきます」と、冒…

内山理名(左)は“本業”ご無沙汰…

女優業そっちのけで資格取得 芸能界に“ヨガタレ”急増中


「もともと、SPEEDのメンバー・新垣仁絵が渡米してヨガインストラクターを取得。ヨガDVDを出すほどのエキスパートだった。ママタレの田中律子、渡辺満里奈も資格を取得。最近は、藤本美貴やバツイチのスザンヌも資格取得を果たし、ヨガ関連の雑誌は女性芸能人の激戦区になっています」(ファッション誌編集者) 来年は芸能人のヨガ本やDVDがちまたにあふれそうである。…

大人の色気も加わり、今後が楽しみ

10カ月ぶり活動再開 上原多香子が描く“本格女優”への道


「再結成し、活動再開ということになっていますが、メンバーの新垣仁絵が一般男性との結婚を機に所属事務所を辞め、沖縄に帰ってしまい、事実上の解散状態なんです。4人揃っても、かつての勢いは取り戻せず、売り上げもパッとしませんでしたし、今は今井絵理子と島袋寛子がユニットを組み、大人向けの楽曲をリリースする予定。上原はSPEEDで、不仲だった今井と島袋の橋渡し役をしていましたけど、ユニットに加わるという…

拠点を東京へ/(C)日刊ゲンダイ

「安室独立騒動」の余波でまたも遠のくSPEEDの「再始動」


上原同様、メンバーの今井絵理子、島袋寛子、新垣仁絵は高級取りなのに“遊んでいる”状態。事務所は今年の夏に発覚した安室奈美恵の独立騒動で、売り上げの大幅減が見込まれるため、売り出し中の西内まりやとSPEEDで埋め合わせをしようとしていたが、来年以降にならないとSPEEDが稼働するメドが立たなくなってしまった」(音楽関係者) 気になる安室問題だが、「いまだに事務所と平行線で、和解はしていない」(前出…

公私ともに仲良しの4人/(C)日刊ゲンダイ

夫の死で上原多香子は憔悴…SPEED他の3人の近況は?


ヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさん(35、本名=森脇隆宏さん)の訃報を聞き、他のメンバー島袋寛子(30)、今井絵理子(31)、HITOEこと新垣仁絵(33)の3人も、憔悴する上原を慰め支えているという。3人は今どうしているのか。 SPEEDをよく知る関係者が、「多香子は女優として売れ始めていて舞台などからしょっちゅうお呼びがかかっている。“他の3人よりはよかったね”っていう人生…

None

写真誌のスクープが引き金で解散を発表をしたSPEED


<2000年3月> 島袋寛子、上原多香子、今井絵理子、新垣仁絵の沖縄アクターズスクール出身の4人組「SPEED」。97年10月発売「White Love」の200万枚を筆頭に、CD・DVDの総売り上げが3000万枚を記録する人気だったが、99年に突如解散を発表した。 当時、メンバーはグループと並行してソロ活動も行っていた。このため解散説がマスコミを賑わしたこともあったが、いずれも噂の域を出ないた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事