日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石原裕次郎特集

3年ぶりのメディア出演

静養中の渡哲也語る 石原裕次郎と「大都会シリーズ」秘話

収録は都内の自宅で行われ、石原裕次郎をはじめ、同作で共演した松田優作との秘話、犯人役だった八名信夫や田中浩ら作品のスパイスとなった名バイプレーヤーの演技など多岐にわたる。 石原プロが1976年から制作し、最高視聴率25%をマークしたテレビ映画「大都会」。だが、渡は今回、裕次郎が当初はテレビ番組の制作に乗り気ではなかったことをこう明かしている。 「裕次郎さんには映画…

石原裕次郎記念館は来年8月末に閉館

裕次郎記念館の閉館で再燃 「石原プロ危機説」は本当か?

北海道小樽市の石原裕次郎記念館が来年8月末に閉館することをきっかけに、ここ数年、ささやかれ続けている石原プロモーションの“危機説”が再燃している。 記念館が閉館されるのは来館者が減ったことと、老朽化した建物の維持が難しくなったことなどが主な理由。記念館は一応「株式会社石原裕次郎記念館」として独立した企業の形態をとっているが、石原プロの関連会社であることに変わりがない…

ジャニーズ事務所に思惑あり?

キムタクの被災地炊き出し ジャニーズにもう一つの狙い?

「炊き出し参加を申し入れたのは長瀬智也で、故石原裕次郎さんの生涯を描いたドラマ『弟』に出演したことがあり、そのつながりから渡哲也社長のマネジャーに電話したと報じられています。木村もジョージアのCMで渡と共演しており、その関係から長瀬の申し出に賛同したということです。ただ、少なくともジャニーズの女帝、メリー喜多川副社長にとって、今回の“主役”は長瀬ではなく木村だった…

現在はリハビリに専念中

渡哲也は病を乗り越え11月復帰 「新人発掘」で次世代託す

石原プロモーションが新人オーディション「石原裕次郎 生誕80周年記念 次世代発掘オーディション I WANT YOU JIRO」を行うと発表した。裕次郎の映画づくりへの思いを継ぐ「4K未来映像プロジェクト」の目玉企画で、石原プロの新人オーディションは15年ぶり。00年に行われたオーディション「21世紀の石原裕次郎を探せ!」では、グランプリの徳重聡に、賞金総額1億円が…

97年日本シリーズでの姿/(C)日刊ゲンダイ

五木ひろしの“生みの親” 直木賞作家・山口洋子さん死去

常連客にはプロレスラーの力道山や勝新太郎、石原裕次郎、水原弘、小林旭といった芸能人はもちろん、球界では金田正一、長嶋茂雄の姿も。また、文壇からは梶山季之、五味康祐、柴田錬三郎、川上宗薫、吉行淳之介、野坂昭如など著名作家も多く来店した。 「とにかく高い店でしたが、美人も多かった。カルーセル麻紀も在籍していましたけど。梅宮辰夫の最初の奥さんも姫のホステス。姫で出会って…

“ヘアヌード”の仕掛け人の異名

私が書いた離婚届

高須基仁さん 1人目にバイ菌のように嫌われ、2人目は…

かつて石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演映画「憎いあンちくしょう」(蔵原惟繕監督)で、長門裕之と芦川いづみの演じる“絶対愛”が石原と浅丘によってぶち壊された時、高校生だった私は、同じころに見た吉永小百合と浜田光夫の主演映画「泥だらけの純情」(中平康監督)の“純粋愛”とか“絶対愛”って、この世にないんだとしみじみ思った。 だが、心の中には“純粋愛”を演じた芦川と吉永の“顔…

「のんです」と自己紹介

活動再開も強い風当たり 能年玲奈改め“のん”不穏な再出発

表舞台に姿を見せたのは、昨年12月の石原裕次郎賞授賞式以来、実に9カ月ぶり。会場には大勢の報道陣が集まったが、本人は独立や改名に関する質問にはダンマリを決め込んだ。もっとも、発表できるような進展はないようで、「両者の弁護士による話し合いは現在も継続中。歩み寄りは見られず平行線をたどっており、長引きそうです」(芸能関係者)という。 朝ドラ「あまちゃん」で主役の座をゲ…

肝臓がんで入院中

ムッシュかまやつ公表 肝臓がんの最新治療事情を医師語る

以前ほど怖い病気ではないのです」(米山公啓氏) たしかに、肝臓がんで亡くなった有名人を調べると市川雷蔵、石原裕次郎、松本清張など“昔の名前”が多い。ある調査によると、20年前の肝臓がんの5年生存率はわずか20%だったのに、近年は54%にまで高まっているという。 「ただし、肝臓がんの原因と考えられるC型肝炎そのものもがん手術の後に治さないと再発の危険があります。しかし…

人間が面白い

「私は女優」浅丘ルリ子著

長門裕之との初めてのキスシーン、小林旭との結ばれぬ恋、石原裕次郎への思慕……。多感な年頃にスターを相手に日活ヒロインを演じ、やがてテレビへ、舞台へ、女優としての幅を広げていく。 蜷川幸雄は舞台女優・浅丘ルリ子を生み出した。寅さんシリーズのマドンナ、リリーは4作に登場する当たり役。天願大介監督の映画「デンデラ」では、山に捨てられる老婆役を演じた。今、76歳。80歳にな…

None

孤独の映画

「戦争と人間」第一部(1970年 山本薩夫監督)

満州事変(31年)の際、現地の外交官(石原裕次郎)は「今が日本の運命の決定的瞬間だ」と暴発を止めようとするが、軍人は日本刀を抜いて威嚇する。政治が軍部をコントロールできなくなった現実を表す場面だ。結果、日本軍は自分たちで満鉄を爆破し、中国人の仕業と言い張って満州全土を占領する。 日本軍の傲慢ぶりを体現するのが伍代一族の英介(高橋悦史)。奉天が陥落するや有利な立場を悪…

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授

薬に頼らないこころの健康法Q&A

少年による殺人事件 実は年間100件未満で推移している

高齢者世代にとって懐かしい映画を例にとれば、J・ディーン「理由なき反抗」(1955年)、石原裕次郎「太陽の季節」(1956年)、F・トリュフォー監督「大人は判ってくれない」(1959年)、A・ペン監督「俺たちに明日はない」(1967年)、P・フォンダ「イージー・ライダー」(1969年)など、どれも乱暴な若者が主人公です。 団塊の世代の場合、現在は60代後半にさしかか…

吉田鋼太郎の年下妻は元銀座ママ

吉田鋼太郎、渡部篤郎…バツアリ俳優と“銀座の女”の恋模様

石原裕次郎、勝新太郎らの豪快な飲み方は今や語り草になっている。政財界からスポーツ界の名だたる人たちも堂々と飲んでいた。ヤクザの幹部もここでは紳士の振る舞いだった。迎える銀座にも作詞家でも知られた山口洋子さんの店もあったし、タレントママもいた。 芸能記者も定点観測する街として、芸能人とホステスが熱愛に発展すれば追いかけたものだった。昔、結婚発表時の彼女の肩書に「家事…

渡哲也

ビジネスに使えるスターたちの処世術

石原プロに残る伝説 スタッフ労い“石焼き芋”を車ごと購入

故・石原裕次郎さんが大動脈瘤の大手術で入院していた時、IPと書かれた石原プロの真っ白なキャンピングカーが3台、常に慶応病院の駐車場に止められていた。そして、しばらくする間に、その車すべてに「裕次郎さん、早くよくなってください」といった応援の落書きが始まり、書くスペースがなくなるまでになってしまった。 ところが、この落書き、最初に書いたのは、渡哲也だった。普通、病院…

石原裕次郎二十三回忌イベント

ビジネスに使えるスターたちの処世術

裕次郎の入院中 関係者に菓子折り配った石原プロの危機管理

故・石原裕次郎さんが心臓の大動脈瘤の大手術を受けた慶応病院でも、やはりマスコミが押し寄せ、大騒動になっていた。石原プロはマスコミ対応に明け暮れたが、実は真っ先に行ったのは、慶応病院のすべての入院患者、医師たち、ナースステーション、事務関係者に、菓子折りを持って頭を下げて回ることだった。 「裕次郎が入院して生死をさまよっています。外が大騒ぎになって申し訳ありません」…

神田正輝

ビジネスに使えるスターたちの処世術

【神田正輝編】「とにかく食わせろ」のスタンスで悪口を封印

石原プロといえば、故・石原裕次郎さんのいた老舗の制作プロ。渡哲也、舘ひろしと並ぶ看板俳優が、わざわざ自分で運んでくれた。それだけで無条件に、神田のファンになってしまう。 ■気さくにサービス 彼の気さくな性格をもう少し披露しよう。取材現場で時間が余ると、「これだけプロのカメラマンがいるんだから、一緒に記念撮影してもらおうよ」と肩を組んで写真に納まったり、正月ハワイ取…

ヒットチャートめった聴き

「デュエットの帝王」稲垣潤一 2年ぶりのシリーズ新作を語る

もちろんデュエット曲数は日本記録(ちなみに2位は石原裕次郎の28曲)で、これが稲垣が〈デュエットの帝王〉と呼ばれるゆえんである。 女性シンガーと稲垣がコラボレーションすると良い化学反応が起きて新しい魅力が生まれるという〈稲垣マジック〉にかかると、聞き慣れたヒット曲が洗練された都会的なサウンドとなって新鮮な大人の音楽に進化するようだ。これは稲垣にしかできない“匠の技”…

生粋のエンターテイナー

時代劇スター ここだけの話

勝新太郎さんに「主役以外やるな」と言われた松平健

「10代のころ、俳優を目指して憧れの石原裕次郎さんの自宅を直接訪問しましたが、裕次郎さんは不在。もしお会いできていたら、運命は違っていたのかもしれません」 その後、上京して劇団に所属してレッスンに励む。 「劇団で、タイツ姿でバレエレッスンをしたのはかなり恥ずかしかった」という。そんな彼を見いだしたのは、裕次郎の親友・勝新太郎だった。 「おまえの目がいい。京都に来い…

今年でデビュー39年の川中美幸さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

裕次郎とのデュエット実現 川中美幸が語るお酒の“効能”

この曲は87年7月に亡くなられた、石原裕次郎さんとのデュエット曲です。もちろん音源に私の歌を重ねての新たなレコーディング(オーバーダビング)です。 原曲は66年8月に発売されたのですが、本来デュエット曲なのに発売当時、「ふさわしい相方さんがいない」とのことでソロレコーディングされました。それが、そのままになっていて、28年後、晴れてデュエット曲として蘇ったわけです…

野生のタンチョウ

ストレス解消 新旅のカタチ

体験移住 4年連続北海道ナンバーワン「釧路」

■たどりついたら 岬のはずれ 石原裕次郎の名曲「北の旅人」の舞台のひとつ、釧路市が避暑地として人気上昇中だ。 「7月末時点(4月から)で271人、8月はざっと300人の方が釧路にいらっしゃいました。滞在期間は最低4日以上、平均31日。大半が避暑目的です」 こう言うのは、釧路市市民協働推進課の担当者。同市では“天然のクーラー”並みの冷涼な気候を前面に出し、長期滞在(通…

総合司会の北島三郎と司会の松坂慶子 出演した田原俊彦

昭和が満載 お得感があったNHK歌番組「思い出のメロディー」

春日八郎や三橋美智也、美空ひばり、石原裕次郎、藤圭子、テレサ・テンら故人は映像で参加。豊富なアーカイブが生きている。 もっとも、松坂慶子が「愛の水中花」を歌う際、当時のドラマの映像からバニーガールで網タイツの松坂慶子を映し、ビフォーアフターのような失礼な演出もあったが、当時の松坂がどれほど美しかったか、今となっては貴重な資料だ。ちゃっかり、現在出演中の「花燃ゆ」の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事