日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

奥菜恵特集

三度目の正直なるか

“再々婚”前から雑音…奥菜恵に「結婚に向いているのか」の声


別居中だった一般男性との離婚成立と、年下恋人との“再々婚”が報じられた奥菜恵(36)。バツ2となった恋多き女に、早くも「バツ3は時間の問題」と厳しい声が上がっている。 20日発売の「女性セブン」は、2人の娘を連れた奥菜と昨年12月に交際が報じられた10歳年下の俳優・木村了(26)の、まるで家族のような場面をキャッチ。同誌には、2人が子どもたちの前で堂々と“路チュー”している写真も掲載され、一部メ…

“三度目の正直”か…?

俳優・木村了と再々婚…奥菜恵「三度目」はいつまで持つ?


13日、年下俳優・木村了(27)との三度目婚を発表した奥菜恵(36)。昨年、前夫との離婚がようやく成立し、晴れて入籍となったというのに、周囲からは早くも「いつまで持つやら」という余計な声が聞こえてくる。 「だってついこないだまで“引退状態”だったんですよ。実際、07年には育ててくれた事務所と契約解除になり、スポーツ紙に『引退』と報じられたこともありました(直後に本人は否定)。その後、拾ってくれた…

奥菜恵(右)と木村了

今度は年下俳優に照準…“魔性のオンナ”奥菜恵の男を見る目


つい先日、2番目の夫との離婚を発表したのと同時に、9歳下の俳優・木村了(26)との再々婚をにおわせた奥菜恵(36)のことだ。 最初の夫で億万長者の藤田晋(サイバーエージェント社長)とは1年半で離婚、「ウン億円もの財産分与を勝ち取った」(藤田の友人・ホリエモンの証言)ことで知られる“魔性のオンナ”。こうなると奥菜よりも、間もなく結婚するとみられる木村の方に興味が湧いてくる。イケメン評論家・沖直実…

バツ2になった奥菜恵

バツ2報告ブログで「3度目結婚」の含み綴る奥菜恵の“魔性”


奥菜恵(36)が2日、自身のブログを更新。「少々時間を要しましたが、無事に離婚が成立致しましたので遅ればせながらご報告申し上げます」とコメントを発表した。 「この数年間、子供達にとっての幸せをじっくり考えてまいりました。結果、このような選択にはなりましたが、最善の形に落ち着くことが出来て今はホッとしています」ともつづった奥菜は、交際中の若手俳優木村了(26)についても「私や子供達を精神的に助けて…

奥菜恵(左)と暴露した堀江貴文氏(右上)、奥菜の元夫・藤田晋氏

ホリエモンにバラされトバッチリ 奥菜恵「不徳の下半身」


ここで“当確”が出た「女優O」とは奥菜恵(35)であるのは明らかだが、終わった話を蒸し返され、とんでもないトバッチリだろう。04年に堀江の友人である「サイバーエージェント」藤田晋社長(42)と結婚するも、05年にスピード離婚。その後、09年に一般男性と再婚し、長女を出産。10年に次女を出産するも、昨年末には「夫と1年以上前から離婚協議中」と報じられた奥菜。かつては押尾学(37)とのツーショット…

もう新恋人発覚/(C)日刊ゲンダイ

押尾学に斎藤工も…離婚協議中の奥菜恵“魔性”のオトコ遍歴


女優の奥菜恵(35)が、バツ2確定で新恋人発覚と“お盛ん”な近況が報じられた。 15日の一部スポーツ紙によると、09年に再婚した一般男性(35)とは別居中で、1年以上前に奥菜が3歳と5歳の娘2人を連れて自宅を飛び出したとか。現在は互いに弁護士を立て離婚協議を進めているという。記事は奥菜の新しい恋人の存在にも触れ、舞台の共演者ではないかと言及。最近の彼女はテレビより舞台での活動に精力的で、今回の報…

「かなり気合い」と奥菜/(C)日刊ゲンダイ

8年ぶり連ドラ主演 奥菜恵に期待高まる“きわどいシーン”


女優の奥菜恵(34)が、フジテレビ系で6月30日からスタートする「碧(あお)の海~LONG SUMMER~」(東海テレビ制作)に主演する。奥菜は東海テレビの昼ドラは初主演。 このドラマは、沖縄で出会った少女と少年の15年に及ぶ初恋を2部構成で描く。奥菜は2部で32歳に成長したヒロインを演じる。 原案は「嬢王」「女帝」「夜王」など“水商売”モノを題材にした作品で知られる倉科遼氏。 約8年ぶりに連ド…

サイバーエージェントの藤田晋社長

社風オープンだから? IT企業で「社内恋愛」が盛んなワケ


サイバー社の藤田晋社長(42)は女優の奥菜恵(36)と結婚したことで知られる(のち離婚)。同社は美男美女の比率を聞いた調査で1位になったこともあるほど、社員のレベルが高い。そのため「容姿で採用しているのでは?」とのウワサも流れているが……。 「弊社は実力主義。容姿で決めることは絶対にありません。社員の9割が20~30代で、会社がフットサルやヨガなどのサークル活動を支援している。そのため交流が活…

芝居のキャリアはなかなかのモノ

演技で格差解消か 昼ドラ初主演射止めたピース綾部の期待度


奥菜恵(36)主演の「碧の海~LONG SUMMER~」(14年)を機に吉本は昼ドラの制作にも参入。ズブの芝居素人だった「パンサー」尾形貴弘をはじめ、所属芸人をわんさか登用し、露払いは済んだようで、このたび、満を持して“役者・綾部”の起用に踏み切った。 放送ライターの堀江南氏が言う。 「吉本男前ランキングで3年連続1位になるなど、芸人として全盛期だった当時、綾部は複数の映画やドラマに出演していま…

大物の予感がする藤野涼子/(C)日刊ゲンダイ

役名でデビュー 「ソロモンの偽証」主演・藤野涼子の将来性


これまで出演したドラマや映画の役名を芸名にした芸能人といえば、奥菜恵、河合美智子、早乙女愛、松田聖子、そして三国連太郎がいる。「痛々しいぐらい純粋」(成島出監督)というが、今後、どう化けるか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事