日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

勝野洋特集

5歳で日本酒を飲まされた/(C)日刊ゲンダイ

勝野洋が語る「昔の撮影現場は朝からビール珍しくなかった」


いつもパワフルで熱い男のイメージがある俳優・勝野洋(65)は、青山学院大柔道部で酒を覚え、さらにテキサス刑事で一躍人気者になった「太陽にほえろ!」では先輩刑事・ゴリさん役の竜雷太さんに鍛えられた――。 ■「先輩から渡された調味料入りビールを一気飲みして……」 実家は熊本県の阿蘇山のそばにある小国町杖立温泉で温泉旅館をしていました。今はもう閉めちゃったんですが、4階建ての大きな旅館で、5歳ぐらいだ…

None

勝野洋・キャシー中島 出会ってわずか1カ月でスピード婚約


相手の男性はドラマ「姿三四郎」(日本テレビ)に出演中の勝野洋(当時29)だった。記者に見られているのに気づくと2人は逃げるようにエレベーターの中に姿を消した。 連絡を受けた同誌の別の記者が1月5日、帰国した勝野を成田空港で直撃。キャシーとの仲について問われると「一緒に歩いていたからと、すぐに結婚するものではないでしょ」と否定した。その翌日、帰国したキャシーも「知り合ったのは12月に入ってから。『…

勝野洋さんが言う「貴重な一枚」

残る写真は1枚のみ…勝野洋さんが故・沖雅也さんを語る


「すぐには納得できなかった」と語る

末期がん告白 マッハバロン下塚誠さん「毎日を有意義に」


「私のほかは勝野洋さんと中村雅俊さん。選ばれたのは勝野さんでしたが、関係者から後日、『すでにマッハバロンの制作は決まっていたから、プロデューサー同士の調整で君が選ばれたんだろう。ただ、身長があと10センチ高かったらテキサス役は君だった』と聞きました。身長は勝野さんが181センチ、中村さんは182センチで、僕は171センチ。ジーパン刑事の松田優作さんが185センチでしたから、後任も高身長でいこう…

大正製薬の増田啓太さん

王選手CM起用で相乗効果 「リポビタンD」の人気爆発秘話


なお、“ファイト一発!”というフレーズは、王選手のCMのナレーションで使われた“そうだ、ここだ、一発だ!”という言葉がルーツです」 その後は俳優の宝田明、高橋英樹と続き、1977年からは勝野洋と宮内淳が共演。この“ダブルタレント”は同CMの代名詞となる。 2015年の4月からは新シリーズとして「スポーツ編」がスタート。そこに登場したのが、今を時めくラグビー日本代表の五郎丸歩選手だ。 「撮影は昨年…

長谷直美さん

タレント・女優 長谷直美さん(58) 大腸がん


76年に「俺たちの朝」で勝野洋の相手役で注目を浴びる。その後、「太陽にほえろ!」では女性警官役、マミー刑事として出演。95年に渡仏、出産。2011年に渡英、英国演劇学校に入学し、英国の俳優国家認定試験に合格。12年に帰国。15日に初のディナーショーを開催(チケットは完売)。…

ワイン以外はなんでもこいの長谷直美さん/(C)日刊ゲンダイ

長谷直美さんは「酒の失敗」数知れず 昨年は芸能生活の危機に


共演の勝野洋さんがものすごく飲む方で、撮影が終わると一升瓶をドンと置いて、それがなくなるまで飲むぞって勢いで夜通し飲みました。もう完全に体育会系の飲み方で、「残すな!」っていう勢い。吐きながら飲んだといってもいいくらいな時もあった(笑い)。 もちろん二日酔いです。それでも翌朝から撮影。今はもう、そんなことできませんが、若かったからでしょうかね、普通に起きて撮影していました。おかげで、1年たったら…

大メディアは総スカンの理不尽

東電批判で打ち切り寸前…映画「あいときぼうのまち」の受難


表現者として、それはしてはいけないと思っています」 夏樹陽子や勝野洋といったベテラン俳優が重要な役どころを演じる。反原発を声高に掲げるわけではなく、各時代の家族の苦闘やラブロマンスも丁寧につむいだヒューマンムービーだ。一見の価値はあるだけに、打ち切り前にぜひ劇場へ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事