日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大沢樹生特集

ファンは気が気ではない

仕事激減中に…ブログで怒りぶちまける大沢樹生の危うさ


DNA鑑定にまで発展した“実子騒動”で世間を驚かせた俳優の大沢樹生(46)が1日、1カ月半前から更新が止まっていたブログを再開し、注目が集まっている。 ブログの再開を待ち望んでいたファンからは、<樹生さんおかえりなさい><ブログ再開、待ってました>などのコメントが寄せられる“歓迎ムード”だったが、再開2日目にして早くも不穏な空気が……。 大沢は2日の夕方、「娘天使に癒され」というタイトルでブログ…

新たに連帯保証人問題も浮上

喜多嶋舞が芸能界引退も…大沢樹生とは“ドロ仕合”再突入


喜多嶋は元夫で俳優の大沢樹生(46)との間にもうけた長男(18)の「本当の父親」を巡る“実子裁判”の判決については「残念に感じてます」と心境を吐露。裁判ではDNA鑑定の結果、「(長男と大沢は)法律上の親子関係は存在しない」と言い渡されたが、判決内容には不満があり、「父親は大沢さんに間違いありません」「こうなった以上、私は再鑑定を行い身の潔白を証明したい」と宣言している。 すでに所属事務所とは1…

周囲の目は冷ややか

大沢樹生にも批判の声 “実子裁判”が役者人生にもたらす影響


元光GENJIの大沢樹生と長男の間で争っていた実子裁判は、「親子関係が存在しないことを確認する」として、あっさり大沢の勝訴に終わった。前代未聞の裁判だったが、周囲の目は冷ややか――。 「では、誰の子」と元妻の喜多嶋舞には疑惑の目が向けられ、大沢に対しても、「今さら親子でないことを証明してなんの意味がある。長男が傷つくだけ」と批判の声が飛ぶ。両者とも黙して語らず。複雑な気持ちが垣間見えるようだ。 …

大沢樹生が父親でないなら…

大沢樹生は親子関係なし…喜多嶋舞の長男は誰の子なのか?


元光GENJIのメンバーで俳優の大沢樹生(46)が、前妻で女優の喜多嶋舞(43)との間に生まれた長男(18)とは血縁がなく、親子ではないとして親子関係不存在確認を求めて訴えた裁判で、東京家庭裁判所は19日、大沢の訴えを認め「法律上の親子関係は存在しない」との判決を言い渡した。 大沢の“父子問題”は13年12月に発覚。その際、同年2月に大沢が長男と行ったDNA鑑定で「親子関係が0%だった」という結…

入籍会見での大沢樹生/(C)日刊ゲンダイ

喜多嶋舞 大沢樹生 18年前の“デキ婚”騒動


■1996年6月 この年末年始、最大のスキャンダルは大沢樹生のDNA鑑定騒動。喜多嶋舞との間に生まれた息子との親子関係を巡って騒ぎが続いているが、発端が96年の電撃入籍だった。大沢が27歳、喜多嶋が23歳の時である。 交際は89年10月、連続ドラマ「ワイルドで行こう!」(フジテレビ系)の共演がキッカケ。19歳の大沢が16歳の喜多嶋に一目惚れ、ドラマ終了後「僕が紫のバラなら君はかすみ草。好きだ、付…

犬猿の仲だった/(C)日刊ゲンダイ

豹変に周囲ア然…実子ネタで映画PRする大沢樹生の“商魂”


「好きか嫌いかで言えば嫌いなコイツが世間を騒がせているということで、古き友人として申し訳ありません」 諸星和己(43)は大沢樹生(44)の隣でこう言い放った。9日に開かれた映画「鷲と鷹」(今夏公開予定)の完成披露記者会見の冒頭でのひとコマ。元「光GENJI」の2人のダブル主演、大沢は初監督に挑戦した作品だ。 昨年7月末ごろに映画製作の話が持ち上がり、大沢が諸星へのオファーを決意。しかし、かつて不…

どっちもどっち/(C)日刊ゲンダイ

大沢樹生“実子騒動” 喜多嶋の父親も出てきて泥仕合加速


アメリカで頑張ろうとしている彼を心から応援したい」 渦中の“息子”について聞かれた大沢樹生(44)は、涙を浮かべてこう答えた。7日、大沢の前妻・喜多嶋舞(41)との間に生まれた長男(16)が実子ではないと報じられたことについて、緊急会見を開いた。 冒頭で「昨年5月、初めて一部週刊誌の方から、DNA鑑定について取材依頼が来ました。その時は否定しましたが、昨年12月に突撃取材をされて、話を聞くと詳細…

日刊ゲンダイの取材に答えた安倍里葎子(C)日刊ゲンダイ

大沢樹生の“芸能界の母” 「いたたまれない。心配です…」


喜多嶋舞(41)とデキ婚してケジメをつけたつもりが、大沢樹生(44)は父親ではなかった。喜多嶋と大沢、それにもうひとりの当事者以外にも、「父性確率0%」騒動に頭を悩ます人物がいる。大沢が「芸能界の母」と慕ってやまない歌手の安倍里葎子(65)だ。 橋幸夫とのデュエット曲「今夜は離さない」(83年)以来、ヒットを連発した「デュエットの女王」。昨年リリースした15枚目の最新曲「今夜もしものストーリー」…

父性確率0%だった/(C)日刊ゲンダイ

喜多嶋舞・大沢樹生の“実子騒動” …なぜ今弾けたのか


16歳の長男が、前夫である大沢樹生(44)の「実子じゃなかった」と報じられた件は、今のところ、喜多嶋舞(41)の方が分が悪そうだ。 喜多嶋は24日、「なぜ今このようなことが突然書かれるのか非常に憤りを感じております」なんてコメントを発表したものの、ネット世論はすっかり大沢の味方。「憤りを感じているのは大沢だろう」「逆ギレか」なんて“喜多嶋バッシング”が起き始めている。 大沢に同情が集まる一方だが…

「父親は大沢さん」と喜多嶋舞は言うが…

大沢vs喜多嶋で注目…日本の“ニセ親子”どれだけいる?


大沢樹生(46)と元息子(18)の親子関係が司法の場で否定されたことで、世の多くの子を持つ男性も他人事ではないと考えたに違いない。日本には現在、どれくらいの「ニセ親子」が存在するのか。 ■“親子確認”は年間約2000件 実際に出産する女性と違って、男性は子が自分の遺伝子を引き継いでいるのか100%の確証を持てない。大沢樹生さんのケースでは、元妻の喜多嶋舞さん(43)は「父親は大沢さんです」と言い…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事