日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内山麿特集

元カノを最大限利用(本人のブログから)

韓国イケメンとの濡れ場をPRした内山麿我の“計算”


浜崎が婚約を発表した翌々日、元交際相手だったマロこと内山麿我(29)は自身のブログで今年1年を振り返るとともに、冒頭の文章をアップ。破局後に、ホームレス状態になっていたことにも触れ、「今年の始め、家がなくて寒くて辛かったのも良い思い出です。www」と回顧した。 「浜崎あゆみ」の名前こそ出していないものの、婚約のニュース直後というタイミング。そして次の書き込みを見てみると、「2014年に公開する…

また話題作り?

今度はツイート撤退騒ぎ 浜崎あゆみ“年末のクセ”再発か?


12年11月にはコンサートのダンサーを務めていた内山麿我(31)と交際宣言、13年12月には現在の夫との婚約といった具合に、何かと年末に話題が多い浜崎。今年末、ツイッター撤退以外にも“隠し玉”はあるのか。…

製作発表では和気あいあいだったが…/(C)日刊ゲンダイ

過激濡れ場も不発…18禁「ハダカの美奈子」は2週間で終了


同作の打ち切りとすれ違うように、映画「東京~ここは、硝子の街~」への主演が決定、浜崎あゆみの元カレである内山麿我と共演すると発表された。 美奈子にいたっては、ブログが常にランキング上位に君臨しているにもかかわらず、「R-18」についてのエントリーはゼロ。3月にはテレビの通販番組に初出演することが決まり、テレビ初レギュラー獲得に向けやる気マンマンと報じられた。絶大な知名度を誇る2人がこれでは、2週…

かつて「歌姫」、いまや…/(C)日刊ゲンダイ

電撃婚約に冷めた声 浜崎あゆみに「空港芸人」のレッテル


中には<浜崎あゆみ空港芸>と題し、長瀬智也(35)、マニュエル、内山麿我(29)、現婚約者と成田空港を闊歩している画像を時系列でアップする親切なユーザーも。不思議なことにどの写真の浜崎も、顔に特大サングラス。季節によって薄着だったり厚着だったりの差はあれど、必ずお相手と手をつなぐか肩を組むかしていて、似たり寄ったりのショットばかり。ネット上で<恒例行事なのか><このパターン毎年続けてほしい>と…

私生活を切り売り/(C)日刊ゲンダイ

NHKを小躍りさせた 浜崎あゆみ「電撃婚約」のタイミング


飽きたら前恋人の内山麿我(29)みたいにポイ捨ての可能性だってある。とはいえ、どんなニュースでも紅白に結びつくなら「ウエルカム」なのが今のNHKだ。 ■「半沢直樹」と年間視聴率1位争い 今年はサプライズのない「目玉なし紅白」といわれている。見どころといえば、今回を最後に紅白引退を発表した北島三郎(77)くらい。初出場枠もイマイチで、小泉今日子をはじめとする「あまちゃん」勢の招集には苦戦している。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事