日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡田将特集

藤原竜也(左)と岡田将生/(C)日刊ゲンダイ

藤原竜也&岡田将生 ドラマ「ST」が模倣した「相棒」の秘密


「ST――」は警視庁科学捜査研究所に新設された特殊機関・警視庁科学特捜班(ST)を舞台にキャリアの百合根警部(岡田将生)とSTのリーダー赤城(藤原竜也)らが難事件を解決していく物語。 「実は岡田と藤原の関係は、『相棒』でいう杉下(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)。2人組が活躍する“バディームービー”は昔からある定番ですが、『相棒』を分析した結果、女性視聴者がかなり存在し、しかも、大半がBL(ボーイズ…

左から伊勢谷友介、真剣佑、小松菜奈、山崎賢人、神木隆之介、岡田将生、山田孝之、三池崇史監督

実写版“ジョジョ”成功の鍵握る 敏腕プロデューサーの評判


NHK朝ドラ「まれ」でブレークした俳優・山崎賢人(22)の主演をはじめ、小松菜奈(20)や岡田将生(27)、2世タレントの中でも人気急上昇中の千葉真一の息子・真剣佑(19)といった若い客層を意識した旬の役者を起用。 東宝とワーナーとともに共同製作に名を連ねるTBSの平野隆プロデューサーは、「『ジョジョ』のテーマは人間賛歌。いま考えられる最高のキャスティングでその世界観を描く」と語った。そして第…

深田恭子はニセ結婚報告被害

ニセ深田恭子だけじゃない 芸能人“なりすましSNS”の実態


2年ぐらい前にはメールのなりすましというのも頻発していて、AKBの有名メンバーから『友だちになろうよ』『相談に乗ってください』などの連絡があり、実際に金銭をとられた例もありました」 今では事務所の方も敏感になっていて、大手事務所「スターダスト」では竹内結子、北川景子、ミムラ、岡田将生らのSNSが“なりすまし”であることを一覧にして注意喚起している。とはいえ、そこにたどりつかないまま、本人と誤解し…

柳楽優弥の熱演も話題

クドカンが「ゆとりですがなにか」に込めた“応援のヤジ”


食品会社勤務の正和(岡田将生)、小学校教師の山路(松坂桃李)、客引きのまりぶ(柳楽優弥)、そして正和と同期で恋人の茜(安藤サクラ)。いずれも29歳の「ゆとり第1世代」だ。 宮藤官九郎は、仕事や恋愛や自分自身との“折り合い”で悪戦苦闘する彼らの姿を、笑える応援のヤジを飛ばしながら描いていく。劇中の山路が言うように、この世代には「他人の足を引っ張らない」「周囲に惑わされずベストを尽くす」「個性を尊重…

松坂が30歳になるまで待つ?

松坂桃李との結婚お預け…綾瀬はるかに“三十路”の正念場


「綾瀬は、大沢たかおといい、岡田将生といい、これまで関係を噂された相手との交際をことごとく所属事務所に反対され、つぶされたと思っているんです。事務所の稼ぎ頭である売れっ子だからこその悩みなのですが、今回は『また結婚に反対するならば、事務所を辞める』とまで言い切った。それで所属事務所も『そこまで言うなら』と態度を変え、年齢もあって、容認に転じていたのです。綾瀬本人も、ようやく認められ、大喜びして…

None

鈴井貴之ドラマ「不便な便利屋」は東京の作り手への挑戦状か


主人公は脚本家の竹山純(岡田将生)。演出家とぶつかり、東京を離れて北海道に来た。バスで富良野へ向かうが、猛吹雪で立ち往生。名も知らぬ町で途中下車する。ちなみに、純がバスの車中で読んでいたのは倉本聰のエッセー集「さらば、テレビジョン」だ。 純は飛び込んだ居酒屋で、梅本聡一(遠藤憲一)の生き別れた息子だと勘違いされ大歓迎を受ける。酔って携帯と財布をなくし、便利屋である聡一の世話になるが、なかなか町…

ヌードに挑んだ安達と市川/(C)日刊ゲンダイ

女優で見る秋映画…エロスなら安達祐実と市川由衣で決まり


広末が岡田将生、榮倉が相葉雅紀の相手役を演じる。2人とも演技力が存分について、期待が持てる。 映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「若手が裸も辞さないほどやる気になっているのは頼もしい。ベテランは社会情勢をうかがいながら一歩踏み出そうとしている。女優が光ると邦画も勢いづく」と話す。…

モテモテCMで話題/(C)日刊ゲンダイ

仕事激増 「ゼクシィガール」女子高生モデル松井愛莉って?


今年の秋には岡田将生(24)主演の映画「彼女との上手な別れ方」に出演する予定で、広末涼子(33)らとポールダンサーを演じている。 女優業やタレント活動に本格参戦してきた松井。「脱・あのプロポーズされている女の子」となる日は近いかもしれない。…

「嵐」の松本潤とW主演/(C)日刊ゲンダイ

主演映画対決は上野樹里に軍配…長澤まさみは“美脚戦略”がアダ


岡田将生、高良健吾、中村蒼とイケメン揃いだが、「長澤は同性受けが悪い。『モテキ』(11年)での体当たり演技が話題を呼び、再ブレークして以降、一貫して脚線美をアピールする戦略できた。男性受けはいいが、女性からはアレルギー反応が出る。それに経験値と演技力が伴わず、いつまで経っても大根役者なのが厳しい」(芸能プロ関係者)。 年もデビューもほぼ一緒の2人。いつの間にか差がついてしまった……。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事