日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

関修特集

追い込まれるほどしがみつく/(C)日刊ゲンダイ

また暴言発覚 NHK籾井会長を操る「自己愛型コンプレックス」


明大講師の関修氏(心理学)によれば、籾井会長は「自己愛型コンプレックス人間」に該当するという。籾井氏は九大を卒業して三井物産に入社。東大出身者らの中で学歴コンプレックスを感じたといわれる。社長レースに敗れたことでも劣等感を味わったようだ。 「一連の籾井氏の発言を見て、この人は権力に固執しているだけなのだと思いました。NHKに対する愛情はほとんどありません。自己愛とコンプレックスが強いから自分を…

電通に立ち入り検査に入る東京労働局の職員

電通新入社員自殺 “会社を辞められない心理”専門家に聞く


明大講師の関修氏(心理学)が言う。 「退職という考えに至らない人がいるのです。高橋さんは電通に憧れ、同社に入るために努力して東大を受けたのかもしれません。こういう人は念願の会社にやっと入れたという喜びが強いあまり、つらいことがあっても退職しようという考えが持てない。だから何とかしようと頑張る。だけど、忙しい上に上司は厳しい。こうなると仕事と上司のことで頭がいっぱいになり、冷静な判断ができなくなり…

付けるクスリがない大西英男議員

「巫女のくせに」は作り話 自民・大西議員なぜ暴走続く?


明大講師の関修氏(心理学)に解説してもらった。 「政治家を大別すると地道に政策を行って支持を集めるタイプと、大衆受けする発言で人気を高めるタイプに分かれます。大西さんは明らかに後者。自分の底の浅さを意識して“注目されたい”“目立ちたい”という願望が強く、ついウソをついてしまうのです。こういうタイプは“ボク、ここにいますよ”と自己アピールする次男坊に多い。一種の自意識過剰です。不適切発言で謝罪を…

38万回以上再生されている

パロディー許せず? 日清CM放送中止に日本人の生真面目さ


「日本人らしい反感です」とは明大講師の関修氏(心理学)だ。 「欧米人は問題を起こした人が“すみません”と謝罪しても、それが本音ではないと知っています。人間が本音と建前を使い分ける生き物だと認識しているのです。しかし日本人は謝罪した人間が開き直ったり、自分の過ちを利用することが許せない。矢口さんと新垣さんが教育者になり、上から目線でしゃべる姿を“偉そうに説教するな”と不快に思うのです」 おまけに…

写真はイメージ

曖昧な返答はNG 娘さんに教えたい正しい「男のフリ方」


「ポイントは北川さんと少年が単なる友人関係だったことです」とは明大講師の関修氏(心理学)だ。 「少年は同じ勉強グループに所属するうちに北川さんみたいに優秀になりたいと憧れを抱いたのでしょう。北川さんに優しく接してもらい、憧れが恋愛感情に置き換わったと考えられます。ところが告白したら、曖昧な返答。ここで憧れが一気に同じ受験生としてのライバル心に変化し、自分の中にあるコンプレックスも手伝って憎悪を…

現場となった自宅マンション

中野劇団員殺害 捜査線上に浮上した“リモコンフェチ”の謎


明大講師の関修氏(心理学)は、「文字通り、リモコン=遠隔操作を象徴しているのでしょう」と、こう続ける。 「自分は離れたところから女性を操作できる、という優越感の表れのように思います。『おまえは俺のコントロール下にある』というメッセージとも受け取れる。女性と直接交渉はできない。それなのに相手を支配したがり、自分の計画通りに物事を運びたがる几帳面なタイプ。『部屋を片付けろ』という言葉がそれを示して…

安倍首相の施政方針演説

施政方針演説で21回…安倍首相「挑戦」連呼は不安の裏返し


明大講師の関修氏(心理学)に解説してもらった。 「挑戦という勇ましい言葉を連呼したのは“私は国民のために果敢に戦っているのだ”とアピールすることで自分の弱気を隠そうとしているのです。安倍首相人気が株価に支えられていることは首相も認識しているはず。年頭からの株安によって人気に陰りが出ることに不安を覚え、自分の弱気を隠すために挑戦を連呼している。分かりやすく言うとカラ元気。国民に語りかけているという…

礒崎氏の失言癖は有名

アナタの会社にもいる 「礒崎補佐官型エリート」の“トリセツ”


■オダてりゃ使える 「勉強ができる人特有の欠点です」とは明大講師の関修氏(心理学)だ。 「一般論として、若いころ勉強に没頭した人は悩まない性格なのです。“自分はなぜ受験するのか?”と自問することもなく、機械的に数式や英単語を覚えられる。彼らに共通するのは自己を振り返る“自己省察”が欠けている点。自分の発言を他人がどう受け取るのかを考えられないのです。批判されて謝罪しても“怒られたから謝っただけ…

写真はイメージ

白書では突出…若い男性はなぜ「午前0時」に命を絶つのか


明大講師の関修氏(心理学)はこう解説する。 「日本人にせよ西洋人にせよ、太陽の光を浴びているときは精神的に元気です。とくに40歳未満の若年層は昼間は活動的に動き回っているので、悩みがあっても気がまぎれる。ところが深夜になって日付が変わり、“つらい仕事が待っている”などと考えているうちに不安感や絶望感に襲われてうつ症状が深刻化。そのため0時台に自殺が集中するのでしょう」 雨が降ると、気圧の影響な…

老人の痴漢度チェックリスト(写真はイメージ)/

中学生の胸をなでた80歳逮捕 老人の“痴漢度”をチェックする


明大講師の関修氏(心理学)が言う。 「フロイト理論によると、人間は年を取って性機能が落ちても性欲は一生続きます。これを『老人性欲』と呼びます。本件の容疑者は若いころから汚れていないものを汚したいというロリコン趣味があったのでしょう。熟女好きの人は年を取っても熟女を求めます。われわれは性欲から逃れられないのです」 昔は老父が息子の妻の尻を触っても、「いけませんよ」と笑ってすましてもらえたので、性欲…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事