日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松崎しげる特集

松崎しげると「ねば~る君」

ねば~る君と“茶色い競演” 松崎しげるが燃やした対抗意識


21日、映画「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」の記念イベントに松崎しげる(65)と茨城県非公認キャラ「ねば~る君」が登場。 「青春時代が蘇ってきた」と35年前の衣装という真っ赤なスーツで現れた松崎は「(ジェームス・ブラウンは)まさに波瀾万丈で、生きていくルールを無視してはみ出しながらも計算しつくしている。日本の芸能界じゃ生きていけない。オレなんか品行方正な方だよ」と“キング・…

下町生まれの下町育ちで野球好き/(C)日刊ゲンダイ

松崎しげる 柴俊夫に支えられた西田敏行との下積み時代


還暦を過ぎた今も歌唱力は衰えず、精力的にステージに立っている松崎しげるさん(65)が、下積み時代にお世話になったのはこの人、俳優の柴俊夫さん(67)だ――。 ■西やん、太郎ちゃん、健ちゃんも紹介してくれた。 「実力はあるんだから今にきっと認められる。チャンスを待て」 プロ歌手になったものの、まったく売れなくてくすぶっていた時代。柴さんに何十回、こう言われて励まされたことか……。 大阪万博の70年…

None

国際免許無効を知らずに事故を起こした松崎しげる


<2006年11月> 独特の浅黒い肌がトレードマークで、ヒット曲「愛のメモリー」やTBSドラマ「噂の刑事トミーとマツ」で知られる松崎しげる。06年11月に起こした事故が思わぬ波紋を呼んだ。 11月2日、午前10時過ぎのこと。都内で車を止めた松崎(当時56)が降りようと運転席のドアを開けた時、後方から走ってきたバイクがドアにぶつかった。バイクは転倒し、運転していた24歳の美容師男性は肘や手に1週間…

「ナハの日」で再ブレーク狙う?

せんだみつおが勝手に宣言 7月8日は「ナハの日」!?


今年から新たな国民の祝日「山の日」(8月11日)が始まるが、7月7日はドリカムの日、9月6日は松崎しげるの日、11月11日はポッキーの日など、有名人や商品にちなんださまざまな記念日が存在する。 そんな中、7月8日を「ナハの日」にしたいと言い出したのは、「ナハ!ナハ!」のギャグでおなじみのタレント、せんだみつお(68)だ。芸歴45年のベテランがどうして今ごろ? 聞くと、「以前から勝手に言っておりま…

このイラストが大金を生んでいる

俳優業そっちのけ “画伯”田辺誠一「LINEスタンプ」でボロ儲け


田辺の成功に触発されて益若つばさ、松崎しげる、aikoなど多くの芸能人が参入していますが、ヘタウマな脱力系路線は田辺の独壇場です」(芸能プロ関係者) 自身のブログでは「個展をやりたい」と語るなど、画業に本腰を入れている様子の田辺。妻の大塚寧々は夫の意外な才能に大喜びだろう。コツコツと俳優やるのがバカらしくなりそうだが。…

コロッケと2人でカラオケに行き…/(C)日刊ゲンダイ

俳優・新田純一が感謝するコロッケの「4時間モノマネ特訓」


「次は松崎しげるさんの『愛のメモリー』を選んだのですが、歌い終わってもなぜかまだ曲は続いている。そして、松崎さん本人が登場して納得でした。ああいうのは絶対ヤラセだと思っていたんです。松崎さんとは古くからの知り合いですが、出演の話はまったく聞かされていなかった」 一番のヒットは尾崎豊。ピアノの弾き語りで「卒業」を歌うと、各方面から絶賛された。 「勧めてくれたのはやはりコロッケさん。尾崎さんには熱…

室伏が登場するも…/(C)日刊ゲンダイ

注目の小泉元首相欠席でドッチラケの自民党大会


ハンマー投げの室伏広治が壇上に登り、歌手の松崎しげるも歌を披露したが、歓声や笑いが大きく響くこともなく終了した。 それもそのはずで、出席かどうかが注目された小泉元首相が欠席では盛り上がらない。 この日、NHKに出演した日本維新の会の橋下徹共同代表は「都知事選は明らかに自民党と小泉元首相の対決」と指摘した。 小泉が顔を出せば、敵の本丸に乗り込むようなものだし、安倍と小泉のツーショットは絵になる。そ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事