日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

河合奈保子特集

None

河合奈保子の娘「kaho」 母親譲りの“要素”で高まる期待


80年代に一世を風靡(ふうび)したアイドル・河合奈保子(50)といえば、オトーサン世代には懐かしい。その河合の愛娘が歌手デビューし、話題になっている。 kaho(14)という名で活動を開始。6歳からピアノに慣れ親しみ、自身で作詞作曲を手がけるシンガー・ソングライターというから本格派だ。デビュー曲「every hero」はいきなり、堀北真希主演のドラマ「ミス・パイロット」(フジテレビ)の主題歌とい…

8月には35周年記念アルバムが発売された

活動休止から18年…“不動の人気”河合奈保子はいつ復活?


「復帰はいつ?」などと盛り上がっているのが、河合奈保子(52)。1996年の結婚を機に活動休止して、はや18年。週刊誌などに懐かしのグラビアが掲載され、ファンのリクエストで選曲したというアルバム「私が好きな河合奈保子」がリリースされたりして、変わらぬ人気ぶりを見せているからだ。 「河合さんは現在、オーストラリア暮らし。夫でヘアメークの金原宜保氏との間に1男1女がいます。長男が97年に生まれる際、…

セーラー服姿が大反響

早見優が仕掛けた「セーラー服戦略」にブーム到来の予感


大場久美子(56)、河合奈保子(53)、相本久美子(58)……。最近の週刊誌のグラビアは80年代アイドルの昔のグラビアばかりだが、同世代の早見優(50)が新たな試みに挑戦した。自身のインスタグラムで友人の松本明子(50)、森口博子(48)らとともに、セーラー服姿を公開している。 周囲の評判は上々で、「めちゃめちゃかわいいんですけど」「早見さんと松本さんは50歳……見えねええええええええ」といった…

中森明菜は7都市でディナーショーが正式決定

中森明菜は復活、ベッキーは…芸こそが醜聞を吹き飛ばす


「ゴジラ」までスクリーンで復活すれば、往年のアイドル・河合奈保子(53)も昔のグラビアで蘇る。復活は求める人が多くいることが前提。中には「誰が求めているの」と首をかしげる人もいるが、中森明菜(51)の復活は多くのファンが待ち焦がれていた。 免疫力低下など体調面を理由に一線から姿を消して7年。毎年のように「復活」話が独り歩きしていたが、“狼少年”に過ぎなかった。今年はどうやらホンモノ。年末に全国7…

八重歯がチャームポイントだった河合奈保子

ブーム再燃 岡田有希子ら80年代アイドルとタイムスリップ


河合奈保子の写真集「再会の夏」とライブを収録したベストDVD「けんかをやめて」が今月31日発売になる。96年に休業して20年、ほとんど表舞台に姿を見せていないにもかかわらず、その人気は衰えないばかりか、再過熱の様相なのである。 豊満なバストに八重歯を光らせ、はじけるように笑うアイドルに胸を焦がした中高年が、改めて見直すことで、青春時代の胸キュンを思い出しているのだろう。 80年代アイドルとの密か…

(左から時計回りに)西城秀樹、浅田美代子、岩崎宏美、角川博

89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績


「相本久美子、河合奈保子、石川秀美、芳本美代子、西村知美など時代を象徴するアイドルは全員、芸映所属でした。当時は年末の“賞レース”全盛の時代でもありましたが、われわれの間では“今年芸映から入るのは誰か”などと噂しあったものです」 一方では角川博、神野美伽など演歌系の育成にも余念がなかった。 タレントと所属事務所というと、「独立はご法度」がこの世界の常識だが、青木氏はこの点でも懐の深さを見せてい…

既婚者の福山に“イイ男キャラ”はもう辛い

素人登場番組に大差で 福山雅治「ラヴソング」惨敗の理由


河合奈保子や松田聖子がそうだったように、オーディションうんぬんより“福山が才能のある妹分と共演”とうたえばよかったのにって思います」(前出の桧山氏)。ちなみに、ヒロインの職場の後輩(阪本奨悟)もアミューズ所属のシンガー・ソングライターというからいやはやである。 しかし、最大の違和感は主人公の福山だろう。最後の大物独身芸能人と呼ばれた男も女優の吹石一恵(33)と電撃結婚し、立派なアラフィフだ。20…

今年はジャニーズから7組出場する

7組出場、司会者10年連続 ジャニーズ独占「紅白」に異論


ちなみに、今年マッチと同じ35周年の歌手はと調べてみたら、河合奈保子、鈴木雅之、佐野元春、山下久美子などなど。どうせなら山下久美子を出せば、今井美樹との因縁対決なんて盛り上がるのに。 そんなふうに思っていたら出演者が発表されて3日後の先月29日、後輩の番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系)に出演し、東京タワーめぐりをしながら、ことさらデビュー35周年をアピール。 そして、2…

ピンチの森進一と復帰の小林幸子

ジャニーズ内闘争、森進一の落選危機…ドタバタ紅白の舞台裏


アニメファンに大ヒットした『進撃の巨人』や『妖怪ウォッチ』関連、今井美樹、斉藤由貴、TUBEらデビュー30年組、35年組の近藤真彦、松田聖子、河合奈保子らを集めるくらいしかない。メモリアル組の最右翼が20年ぶりに再結成したロックバンドREBECCA(レベッカ)というのだから、先が思いやられる」(放送関係者) 新味も、ベテランの味わいもないのでは、タモリが司会をやりたくないというのも分かるか……。…

大場久美子と石野真子、右は元祖・由美かおる

「水戸黄門」の大場久美子に賛否 “入浴シーン”誰なら見たい?


また、入浴シーンが似合うふくよかな体形という意味では河合奈保子さん(51)、宮崎美子さん(56)あたりも狙い目ですね」(前出の中森氏) と侃々諤々。いっそのことTBSは「今夏だけのスペシャル版」なんて言わず、毎週レギュラーに戻して、かつてのアイドルを代わる代わる出してみたらどうか。視聴率が倍増すること請け合いだが。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事