日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

羽田孜特集

保阪正康氏

「田中角栄と安倍晋三」保阪正康氏


羽田孜元首相はとくに痛烈です」 昨年、ジャーナリストOBの会が首相経験者にアンケートを実施した。羽田は集団的自衛権は絶対に認められないとし、「安倍総理から日本を守ろう」と檄を飛ばしている。鳩山由紀夫と細川護熙も国家権力を強めようとする安倍にノーを突きつけた。 「田中の亡霊が現代に蘇り、安倍首相と対峙しているのです。言うなれば、田中角栄による安倍批判。岸=安倍晋三に比べて、田中のほうが歴史的正統性…

新党名は「民進党」

本物のリベラル新党でなければ政権交代はできない


実際その通りになって、石破茂はじめ保守派の多くは自民党に戻り、羽田孜は太陽党、細川護煕はフロムファイブ、旧民社党は新党友愛を経て98年に民主党に合流し、そのため新進党は97年、わずか3年の命で解散に追い込まれた。残された小沢は「自由党」をつくったが行き詰まり、結局は03年に民主党に流れ込んだ。 こうして野党第1党になった民主党は、09年に政権交代に成功。「保守対リベラル」構図で政権を取りにいくと…

「流した汗は決して嘘をつかない」の哲学


のちに竹下派の七奉行(橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、羽田孜、渡部恒三、奥田敬和、小沢一郎)といわれる有力政治家を育てましたが、「後継者」としてバトンを渡す人物を明確にするチャンスがないままに病に倒れ、引退を余儀なくされたことは、父にとってもっとも不本意なことでした。 野中広務氏は竹下登氏と行動をともにして創政会を旗揚げしました。父に挨拶に行った時、「時は移り変わって、人も次々と変わっていくもの…

マスコミOBも結集(「歴代首相の提言」発表会見)

細川氏、羽田氏…元首相5人も決起で広がる「安保法案NO!」


11日、回答があった細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の5氏の提言書を公表した。 連日、高校生から高齢者まで幅広い国民が安保法案に「NO!」を突き付けている。「マスコミ九条の会」は「危機を一番鋭く感じているのは、戦後一貫して平和主義の維持に最高責任を負ってきた歴代首相であろうと気づき、現役首相に暴走を止めるよう率直な提言を求めた」とした。 細川氏は文書で「憲法前文に『政府の行為によつ…

(C)日刊ゲンダイ/1980年11月19日の結婚式での三浦友和 山口百恵夫妻

三浦友和・百恵宅に暴漢侵入事件


23日、自民党を離党した羽田孜と小沢一郎が新生党結成。…

(C)日刊ゲンダイ

芸能人も集結した筒井康隆「断筆宣言」


25日、新生党、公明党、社会党など連立与党が羽田孜を首班指名。26日に社会党が連立離脱して、羽田内閣が発足する。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事