日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

若槻千夏特集

初代殿堂ブロガーの若槻千夏

1年半ぶり「再開します」 若槻千夏“ブログの女王”復活なるか


タレントの若槻千夏(31)が8日、約1年半ぶりにブログを再開。生放送のインターネット番組で「私、若槻千夏、アメブロを再開します」と宣言し、番組終了後には会見も開いた。 たかがブログの復活で大げさなと思う向きもいるだろうが、当の本人も「本当にこんなつもりじゃなかった」と驚いた様子。アメーバブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」で最多アクセスをマークし、同ブログの殿堂入りを果たしたのは8年も前の話。今…

“ブログの女王”も今は昔

読者減も平気? 若槻千夏の再開ブログは「リア充」の暇つぶし


デザイナー兼タレントの若槻千夏(31)が約1年半ぶりに再開したブログが不調にあえいでいる。11月8日、ネット番組の生放送に出演し、昨年5月に閉鎖したブログの再開を宣言。「期間限定でブログをやりたいって言ったら、大ごとになってしまった」と反響の大きさに戸惑いながらも「アクセス数とか気にせず、純粋に起きたこと、感じたことを日記として残せればいいかな」と意気込みを語った。 最初の投稿は「いいね!」が2…

写真集「ちっぱい女子」

貧乳ブームは不景気の証し? “ちっぱい女子”人気のワケ


2000年代以降も、小倉優子や若槻千夏など非巨乳アイドルがグラビア界を席巻。現在もくびれやお尻などチャームポイントが多様化しており、巨乳が一番というわけではありません」 なぜ今、“ちっぱい女子”なのか。 「グラビア界では、“弱点を武器にする”戦略が受けており、胸が小さいグラドルは“貧乳でも頑張っている”というストーリーがつくりやすい。社会的には、不況が長引き、豊かさや成熟の象徴である巨乳に夢を抱…

欲しいのは女子ウケ?

男ウケ捨てた? 芹那が“奇抜イメチェン”で図る生き残り策


グラドルとしてデビューしたタレントの若槻千夏(30)も、09年に立ち上げた自身のブランド『WC』を大成功させたし、モデルの紗栄子(29)は男ウケこそ良くないが、若い女性から圧倒的な支持を得てファッションアイコンとしての地位を確立しています」(芸能ライター) 芹那は成功した先輩たちに習って、芸能界で生き残る道を見つけることができるか?…

ドラマで見るのとは大違い…

まるで黒いスナフキン…綾野剛の奇抜すぎる私服に賛否両論


セレブお嬢様としてメディアに取り上げられたこともある福王寺氏の交友関係は華やかで、会場にはAKB48の小嶋陽菜(27)のほか、若槻千夏(30)や東原亜希(32)、田中みな実(28)らも駆けつけた。 そんな中、ひとり“異彩”を放っていたのが綾野剛だ。 ブログには、夫妻の間に立ち、子どもを抱いて微笑む綾野の写真がアップされているが、そのいでたちがスゴい。全身を黒一色で固め、背の高いハットに色のつい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事