日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

橋本愛特集

「あまちゃん」では地味な存在だった松岡茉優 (C)日刊ゲンダイ

トークも絶妙… 「あま女優」松岡茉優はタレントでも有望株


能年玲奈(21)&橋本愛(19)の主役のふたりに比べれば、かなり地味な存在だったが、現在放送中の「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)、「限界集落株式会社」(NHK)での達者な演技が好評だ。脇役で出ることが多いけど、演技力は能年や橋本より上みたい。 それに、トークと素の魅力もハイレベル。 橋本愛が「リトル・フォレスト」という映画の宣伝をかねて、先日、「さんまのまんま」(フジ系)に出演した際、同…

ヘアスタイルも変わった/(C)日刊ゲンダイ

橋本愛は大人びて見えても…天真爛漫


女優の橋本愛(18)が8日、主演映画「リトル・フォレスト」(30日公開)のイベントに登場、いつになく冗舌だった。 出世作となった「あまちゃん」について「17歳から18歳という激変の時期での撮影。映像に変化が出てしまっていました」とプロ意識の高さをうかがわせたかと思えば、「このトマト死んでる」と叫んで周囲をドキッとさせる天真爛漫な一面も。 大人びて見えてもまだ10代――笑顔が一番。…

能年玲奈、橋本愛を超える逸材/(C)日刊ゲンダイ

中森明夫氏が太鼓判 2015年ブレーク大本命は広瀬すず


というのも、いま第一線で主役級の活躍をする橋本愛にしろ能年玲奈にしろ、『あまちゃん』の前に『告白』(10年)と『桐島、部活やめるってよ』(12年)の2大学園ムービーに出演しています。『学校のカイダン』はドラマですが、近年は学園ものの出演者がブレークする傾向があり、その系譜に連なる。広瀬は能年玲奈&橋本愛という人気女優2人分を一人で担う逸材といっても過言ではありません」(前出の中森明夫氏) 今年6…

(オフィシャルブログから)

有村架純を退け映画主演 女優・小松菜奈に「大化け」の予感


“あまちゃん女優3人衆”――能年玲奈(20)、橋本愛(18)、有村架純(21)のポジションを揺るがす存在ともいわれている。 「渇き。」は、映画「告白」(10年)のメガホンを取った中島哲也監督の作品だ。次世代スターの目利きとして知られ、厳しいオーディションを実施してふるいにかける。勝ち抜いてきた女優は強い。能年や橋本は中島監督に才能を見いだされた。小松は“告白出演組”として活躍する若手女優――能年…

有村架純は主演作続々

脇役から一気に飛躍 何が有村架純を「主演女優」に変えたのか


「あまちゃん」の時は10番手くらいだったが、主役だった同年代の能年玲奈、橋本愛がパッとしない今、有村がスターに躍り出た。NHKは「あまちゃん」のスピンオフで80年代を舞台に、有村主役の「はるちゃん」を作ってくれないか? (作家・松野大介)…

黒髪・色白の石橋杏奈(左)と高梨臨

石橋杏奈&高梨臨に注目 16年は「黒髪色白」正統派美女がくる


「あまちゃん」の橋本愛あたりからか、最近は黒髪、色白の正統派美人が注目される。結局、主役として大ブレークするのはオカッパ、丸顔の広瀬すず(17)だったりするのだが……。 (作家・松野大介)…

「今年は私の番!?」

“邦画押し”が追い風に 竹内結子は「最優秀女優賞」取れるか


それも、ひとつの大きな決め手になると思います」 共演した橋本愛(19)は「怖さだけでなく、ミステリーの要素も深くて見どころのひとつ」とPRしていた。各賞受賞の発表は最終日の31日。日本が誇る“ホラー女優”は、ナンバーワンの称号をゲットできるか。…

左上から時計回りで中谷美紀、北川景子、竹内結子、橋本愛

中谷美紀、北川景子…映画祭で垣間見せた女優たちの“火花”


35歳のシングルマザーとして生きていく覚悟を決めたのか、再婚など浮いた噂もなく、映画『残穢』で共演した橋本愛さんを従えたその笑顔からは、余裕が感じられました。彼女もスターダスト所属ですが、中谷さんや北川さんと比べると、公私ともに落ち着いていましたね」 レッドカーペットには、映画「劇場霊」に主演のAKB48島崎遥香(21)らも登場。 島崎はあまりファンサービスやマスコミ対応に積極的じゃないことで知…

「年間1位」も射程圏に

女優・山本美月は“主役じゃない路線”で新CM女王狙い


『あまちゃん』でも有村架純や橋本愛がブレークしたように、脇役の方が“主役じゃないアノ子は誰?”と注目されやすい場合もある。2番手や脇役はドラマで視聴率が悪くても“責任”を取らされないので悪いイメージもつかない。のびのびと自由に演技ができるので、実力もついて、ドラマやCMのオファーも増えるのではないでしょうか」 ■オタク人気も後押し さらに、ただのモデル出身女優でないポイントが。「アニメオタク」を…

昨年の東京国際映画祭の様子

コンペ部門に初の「邦画3本」 東京国際映画祭に2つの変化


「残穢」は竹内結子、橋本愛が出演するホラー。小説家に届いた女子大生の手紙から、ある家の過去の住人たちのおぞましい出来事が明らかになる。「白ゆき姫殺人事件」を手掛けた中村監督の手腕に期待したい。 「さようなら」は平田オリザの同名の演劇を映画化したもの。人間とアンドロイドが“共演する”まったくユニークな作品だという。 旧作では高倉健や寺山修司の作品、「平成ガメラ」など。気楽にブラッと出かけられる映…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事