日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石川敏男特集

石川敏男さん

現金主義の石川敏男さん 新幹線でバッグごと置き引き被害


芸能リポーターとして活躍する石川敏男さん(70)は11年前、大阪から東京に戻る新幹線の中で、置引の被害に遭った。当時の様子をこう振り返る。 ■45万円の入ったセカンドバッグを…… 「当時、僕が出演していたのは読売テレビの早朝の番組『あさイチ!』。前乗り(前泊)してその日は打ち合わせで遅くまで飲んで、放送終了後、8時すぎの新幹線に直行。あまり人が乗っていないグリーン車で、大いびきをかいて東京まで寝…

NHK紅白歌合戦の軍配はどちらに?

2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」


それだけに本人も必死だったし、ホリプロも“功労者”の和田を全面的にバックアップしました」(芸能リポーターの石川敏男氏) 紅組司会はホリプロの後輩の綾瀬はるか。これも大きなアドバンテージになった。 ②ジャニーズに屈した? 「昨年はジャニーズが6組。それでもひとつの事務所としては異常という批判があったが、そんな声もなんのその。7組に勢力を拡大させた」(石川敏男氏) ジャニー喜多川社長とメリー喜多川副…

石川敏男さん

芸能リポーター石川敏男 一家6人の腹を満たしたすいとん


ベテランの芸能リポーターとして今も活躍する石川敏男さんは46年生まれ、東京・向島の出身だ。父・惣助さんはオモチャの町工場を経営。従業員も80人ほど抱え、人気ドラマ「下町ロケット」のような会社だった。 生活が一変したのは小学4年の時。工場が倒産してしまったのだ。 「一時は母親の実家のある埼玉にきょうだいと預けられ、それから金町の6畳一間に両親ときょうだい4人の一家6人で住んだりした。でも、親父が再…

離婚会見でも飛んだ“男性問題”

イケメンと堂々手つなぎデート 故平幹二朗さん“超人伝説”


当時会見にも出席した芸能リポーターの石川敏男氏はこう言う。 「以前から平さんは街中で堂々と男の人と手をつないで歩くなど、“男のウワサ”が絶えなかった。佐久間さんも番組プロデューサーの男性との“親密交際”が報じられていた。双方の“男性問題”を追及しようと、リポーター陣が会見に挑んだんです。しかし、2人に完全にはぐらかされてしまった」 平さんが本当に今でいうLGBTだったのかは分からない。だが、佐久…

3人は“同学年”/(C)日刊ゲンダイ

日本人は68歳から「老人」 若く見える人は何が違う?


やはり昭和21年生まれの石川敏男氏(芸能リポーター)がこう言う。 「自分が子どもの頃は60歳といったら、どこをどう見ても老人にしか見えませんでしたが、いま自分がその年を過ぎても老人という自覚はまったくない。日々の生活でも老人扱いされたこともないし、まだシルバーパスをもらえる年齢でもない。少なくとも、マチャアキやたけしさんは老人ではないと思いますね」 この67.7歳という年齢は、完全にヨボヨボと…

いまだスキャンダル処女/(C)日刊ゲンダイ

井川遥が茶の間を席巻? あのCMで菅野美穂の“後釜”情報


来年1年間、ドラマの仕事を入れていないこともあり、いよいよ出産準備に入ったのかもしれません」(芸能リポーターの石川敏男氏) 菅野の“後釜”とは大したものである。 芸能評論家の金沢誠氏はそんな井川の魅力について、こう分析する。 「20代の頃は持ち前の甘いマスクとスタイルの良さを武器にしてきたが、パイオニア創業家に嫁いだことで“ブランド”も得た格好。同世代の女性が憧れる対象でいながら、スキャンダルが…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事