日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松本伊代

松本 伊代(まつもと いよ)1965年6月21日東京都生まれ。タレント。所属事務所は「ビィーカンパニー」。夫はタレントのヒロミ。1981年、バラエティー番組「たのきん全力投球!」の中で行われたオーディションに合格し、芸能界デビュー。同年10月、シングルレコード「センチメンタル・ジャーニー」を発売。82年12月には日本レコード大賞で新人賞を受賞。93年に、タレントのヒロミと結婚し、その後も芸能活動を継続中。2017年2月、京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、京都府警右京署に鉄道営業法違反の疑いで書類送検された。
夫のヒロミ(左)と問題の記念撮影

“非常識ママ”松本伊代の尻拭いに奔走 夫ヒロミの正念場

51歳元アイドルの無邪気過ぎる投稿は、松本伊代本人のみならず、夫で事務所社長のヒロミ(52)のタレント生命を揺るがす事態にまで発展している。 コトの発端は先月13日、読売テレビ制作の旅番組「クチコミ新発見!旅ぷら」(日曜午前10時55分)のロケの合間に、松本と早見優(50)がJR山陰線の線路内に無断で侵入した様子を記念撮影。おまけにその写真を松本が公式ブログ「天使の…

書類送検された松本伊代

線路立ち入り書類送検 松本伊代“天然・非常識”エピソード

線路内に無断で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたタレントの松本伊代(51)と早見優(50)。ともに「花の82年組」といわれ一世を風靡した2人だが、今回はあまりにも浮世離れした行動だった。 伊代が自身のブログに線路内に立ち入った写真を掲載し、事態が発覚。直後にネット上で批判が殺到し、すぐさま写真を削除。ブログで謝罪に追い込まれた。市民からの“通報…

松本伊代と早見優

線路に無断立ち入り 松本伊代&早見優が揃って書類送検

タレントの松本伊代(51)と早見優(50)がきょう(10日)、鉄道営業法違反の疑いで京都府警右京署に書類送検された。 松本らは1月13日、テレビ番組のロケで京都を訪れた際、世界遺産・嵐山付近のJR山陰線の線路内に無断で立ち入った。松本は早見と一緒に線路上を歩いている様子などを写真に撮り、14日に自身のブログに投稿した。鉄道ファンなどから批判が集中して炎上。翌日に「お…

松本伊代と堀ちえみ

ヒロミ再ブレークも影響…「花の82年組」勝ち組は松本伊代?

「82年組といえば、堀、松本伊代(50)の他、小泉今日子、中森明菜、石川秀美、早見優などがいて、まさに“花の”アイドルばかりでした。このうち、爆発力でいえば明菜、小泉が圧倒的でしたが、いつしか1人去り2人去り、数年前は堀、伊代、早見の3人が“82年組”の代表的存在としてバラエティーで活躍していました」(芸能リポーター) 05年にはこの3人、「キューティー★マミー」…

40歳当時(右)と変わらない美貌

周囲は仰天…アラフィフ松本伊代が見せた驚異の“ツヤ美肌”

「ありゃあ、今年で50歳の肌ツヤじゃないよ~」(小紙カメラマン) 15日の「誕生60周年記念 ミッフィー展」に登場した松本伊代(49)。その実年齢からは想像できないピッチピチの若さを振りまき、周囲を驚かせたのであった。 たしかに10年前の2005年、40歳当時の写真(右)と比べても遜色ない“デキ栄え”。あれこれと手を加え、マネキンやサイボーグを彷彿とさせる痛々しい美…

セーラー服姿が大反響

早見優が仕掛けた「セーラー服戦略」にブーム到来の予感

実は早見は昨年11月にもこの手を使っていて、この時はブログで松本伊代(51)と森口博子とスリーショットのセーラー服姿を公開していた。あらたなブームでもつくるつもりか。 「80年代アイドルのグラビア企画は週刊誌の“鉄板”ネタです。早見優にしろ、松本伊代にしろ、あの年代はとにかくキレイだし、当時からファンだった世代はネットよりも紙に愛着があるのでグラビア企画がバカ受け…

デビュー35周年の遠藤響子さん

あの人は今こうしている

“花の82年組”遠藤響子さん 歌手人生「ひとつの悔い」とは

堀ちえみ、小泉今日子、中森明菜、早見優、松本伊代……。81年11月から82年10月にかけてデビューしたアイドルが“花の82年組”。そのひとりが歌手の遠藤響子さん(当時は京子)だ。TVドラマ「輝きたいの」の主題歌がヒット、「3年B組貫八先生」のマドンナ音楽教師役などでも活躍した。今どうしているのか。 ■ラジオ番組やライブで多忙 「今年がデビュー35年目にあたり、記念の…

左から石田えり、榊原郁恵、松本伊代

あれもこれも言わせて

元アイドルがあちこちで オバちゃん活躍社会の幕開けか

線路内に無許可で侵入して撮ったツーショットの写真をブログに載せて問題になり、鉄道営業法違反の疑いで、京都府警に書類送検された松本伊代(51)と早見優(50)。 伊代に関してはアイドル時代に自伝本の内容を聞かれて「まだ読んでません」と言ったなど数々のおバカ伝説もある。今と違って、昔のアイドルはどこか浮世ばなれしたところがあり、そのズレが面白かったのだが、今回ばかりは…

書類送検された松本伊代(左)と早見優

伊代の書類送検で非難の矛先が 受難“撮り鉄”たちのボヤき

タレントの松本伊代(51)と早見優(50)が京都府警に鉄道営業法違反容疑で書類送検された問題。 2人は先月13日、旅番組のロケで京都を訪れた際、JR山陰線の線路内に無許可で立ち入り、ツーショット写真を撮影。松本が自分のブログにアップしたが、写真には「立ち入り禁止」の看板がバッチリ。 「ネット住民が、『違法だろ』と大騒ぎを始めて即、“炎上”。ブログ読者が通報し、府警が…

ヒロミと松本伊代の息子は昨年芸能界入り

ヒロミは家族会議 高畑事件で強まる2世タレントへ色眼鏡

ヒロミといえば、妻の松本伊代(51)との間に生まれた長男・小園凌央(20)が昨年、俳優として芸能界デビュー。最近になって「ヒロミと伊代の息子」としてバラエティーに進出して活躍中だ。先月15日放送の「7時にあいましょう」(TBS系)では、強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)とも共演。境遇の似た同じ2世タレントだけに、ヒロミは他人事ではなかったのだろう。 高…

(左上から時計回りに)ヒロミ&松本伊代夫妻、竹下景子、志垣太郎

あれもこれも言わせて

ダメ息子は高畑淳子だけじゃない 2世タレントぶった斬り

ヒロミ&松本伊代の息子・小園凌央。彼の持ちネタは両親のラブラブっぷりを暴露すること。 竹下景子の息子・関口アナム。27歳で親に小遣いをもらい、100万円の腕時計を買ってもらったと自慢。なかなかのバカ息子っぷりだ。竹下といえば、才女で売っていたのに、息子がこれかとがっかりだ。 志垣太郎の息子・和音匠。親譲りの太い眉毛がウリのイケメン俳優。テレビで主演する時は父がオー…

おしどり夫婦枠で需要アップ

仕事増に拍車? ヒロミ&伊代「理想の夫婦」に初ランクイン

93年に結婚したヒロミ(50)・松本伊代(50)夫妻だ。ヒロミの再ブレークと共に伊代の需要も増え、バラエティー番組での共演も増加。 夫婦円満の秘訣については、「ママ、今日も好きだよ~」と言葉にしていることをテレビで明かしていた。…

今週グサッときた名言珍言

「裏でガンガン酒飲んで酔っぱらって出たら、みんなに嫌われたの! 私は出禁になったの、この番組!」by 美保純

松本伊代や秋本奈緒美ら「オールナイトフジ」の出演者が30年ぶりに勢ぞろい。その「同窓会VTR」をスタジオで見て、美保純(55)が漏らした出演時の秘話を今週は取り上げたい。当時は、共演した女子大生に週刊誌で「女優M・Jはどうしようもないやつだ」と告白までされたそうだ。 美保は子どもの頃から女子たちに嫌われやすい女の子だった。中学時代は周りから「付き合ってはいけない子」…

関西風。ふわっふわの生地が絶品!(右下)

タレントが通う店 やってる店

ヒロミ&伊代 仲良くお好み焼きを頬張る「鉄板焼き 愛ちゃん」

出演オファーが急増して再ブレーク中のヒロミ(50)と80年代アイドルの松本伊代(50)。おしどり夫婦で知られる2人が仲良く足を運んでいるのが五反田にある家庭的な店「鉄板焼き 愛ちゃん」だ。 場所は目黒線不動前駅から5分ほど歩いた山手通り沿い。関西風のお好み焼き、鉄板焼きが評判で、女将のオリジナリティーあふれる手料理に魅せられ、芸人など多くの有名人が足しげく通っている…

もう飽きられた!?

TV番組で得意げに「消えた理由」語るヒロミの“ネタ切れ感”

「要するに“テレビから消えた理由”と“愛妻・松本伊代との夫婦仲”ぐらいしかウリがないということです。テレビ復帰を果たしたこの1年ぐらいは、伊代ちゃんとの仲でなんとかしのいできたが、そろそろ飽きられてきた。そこで、いよいよ禁断のネタに踏み込んできたということでしょう」(芸能リポーター) ヒロミにとっては「とっておきの話」を披露しているつもりだろうが、もちろんそれが長…

伊代がうつみ宮土理に見えてきた!?

「ママ」連呼のヒロミが狙う“ポスト愛川欽也”おしどり夫婦枠

そんなヒロミが唯一イキイキするのは妻の松本伊代とからんでいる時ぐらいのもの。 伊代といえばアイドル時代、自分が書いた本の告知で、「私もきょうこれ、初めて見たんで、まだ読んでないんだけど」と言ったりするオトボケぶりで有名。今でいう天然である。 そんな伊代と93年に結婚。ヒロミの苦労もしのばれる。17日放送の「ウチくる!?」(フジ系)に伊代が出た際も、彼女をよく知る人物…

デビュー当時の一枚(左)/

私の秘蔵写真

フュージョンが珍しい時代…カシオペア・野呂一生の“1枚”

デビューしてからもアイドルの歌番組「レッツゴーヤング」にも出演し、小泉今日子さんや松本伊代さん、シブがき隊さんたちとも共演させていただきました。ある番組では、楽屋がマッチ(近藤真彦)さんと一緒の時もありました。そのころは生意気だという噂がありましたが、実際お会いすると礼儀正しくて、たわいもない話で盛り上がったのを覚えています。バラエティー番組でSMAPさんと三角キッ…

容赦ないツッコミが売りだったが…/(C)日刊ゲンダイ

「頭を叩きすぎ」と物議…ツッコミで時代築いたヒロミの誤算

“いい夫婦の日”の11月22日に放送された「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、「芸能界NO.1夫婦」としてタレントのヒロミ(49)と妻の松本伊代(49)が登場したコーナーが、ネット上で物議を醸している。 同番組に8年ぶりに出演したヒロミは、06年の収録で元Kー1選手チェ・ホンマンに投げられ、セットで体を強打したアクシデント以来、「(めちゃイケが)大嫌い」と…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

三田寛子 歌舞伎界のホープ橋之助と結婚

名だたる歌舞伎役者が勢ぞろいする中、中森や松本伊代、和田アキ子ら芸能界からもスターが参加する超豪華披露宴。高さ80センチの3段重ねのウエディングケーキは三田の手作り。司会のNHKの山川静夫アナにマイクを向けられた松本幸四郎が「ああしろう、こうしろうといわず2人で仲良く」と言えば、尾上菊五郎が「2人とも互いのいうことをよくきくごろう」と返すなど大盛り上がりだった。 当…

「代筆者」の存在を暴露された堀江氏/(C)日刊ゲンダイ

ビジネス書だから? ホリエモン「疑惑」も擁護派が多いナゾ

「かつて松本伊代が自身のエッセー本について質問され、『まだ読んでいないから分からない』と答えたのは有名な話。タレント本なら笑って済ませられますが、万が一、何かの文学賞を受賞し、ゴーストライターがいるとバレたら、どうなるでしょう?」 浄土真宗本願寺派僧侶で作家の向谷匡史氏も、こう口をそろえる。 「たとえ自叙伝的な小説であっても、『小説』と銘打つ限りは線引きが必要。そ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事